新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 4.14の大地震後に薄くなっていた新聞がやや厚くなっていた理由は…


 4.14の大地震の後は新聞が薄くなっていました。

しかし今朝の新聞はやや厚くなっていたのですが、それは水俣病の公式確認から60年ということで8ページの別刷り特集が追加されていたからでした。熊本県や鹿児島県以外では水俣病の報道は少ないと思いますが、行政による認定患者は2280人で、未認定だけど症状のある被害者は約7万人ということで係争中ですから、すっかり水俣の海はキレイになっていても過去の話では無いのです。

ちなみに朝刊の「一緒に歩いていきましょう」というタイトルの社説に熊本日日新聞社と民放5社の統一キャッチフレーズが「支えあおう熊本 いま心ひとつに」になったと書いてありました。私が大嫌いな「がんばろう」や「くまもと」などの平仮名が無かったのでマシでしたが、ありきたりで薄っぺらな言葉なので良くはないと思いますが。






 昨晩の池上彰氏の番組で募金を解説していました。

被災者に渡る義援金とNPOなど被災地を支援する団体に送る支援金の違いや、誰が集まった善意のお金の分配を決めるかなどが解説されていたのですが、最近の例として東日本大震災で全壊住宅や死亡者に50万円が支払われたということでした。上辺だけ被災地に想いを馳せているポーズのゲストたちは納得していたようでした。

しかし義援金詐欺が横行していることやテレビ局と強い関係にありそうな日赤に募金すると熊本地震とは無関係なものに分配されることがあることは解説されませんでした。政治家相手には「無双」と評判の池上氏であっても限界があるみたいですね。






 今月の「朝生」のお題は「大災害」だと予想していました。

熊本の地震が活断層に沿って大分方面にも被害が拡大していますので、その中央構造線の延長線に位置している川内と伊方原発の危険性を討論するのではと予想していたのですが、放送法などの脅しが効いてきたのか数ヶ月前にやった情勢だけを集めたものでしたので「再放送かよっ!」とツッコミたくなりました。

いちおう番組の序盤で熊本の地震について無難そうなゲストにコメントを求めていましたが、おそらく司会者もゲストも誰も自分が東京で被災者となることがあることを想像できていないみたいでした。九州の地方都市で100人程度が死亡する地震が発生しても日本経済に対する影響は少ないのですが、首都圏や東海で直下型地震が、そして中央構造線の延長線に位置している原発がメルトダウンしたら壊滅的な打撃となりそうなんですけどね。






 日曜日のランチはお好み焼きにしてみました。

冷蔵庫の残り物の整理のために作ることが多いのですが、天気が良いと太陽の下で食べたくなります。もう和食にはとっくに飽きていますのでフレンチやイタリアンを食べに行きたいのですが、もしかしたら6月に上海に飛んだ後に渡欧するかもですので先送りしています。テイクアウトが500円のピザでも買いに行こうかな…






 今朝の「ワイドナショー」に世襲総理が出ていました。

14日の夕方に収録されて北海道5区の補選の1週間前の17日の朝に放送される予定だったようですが、収録後の21時26分に最初の地震が起こって、放送直前の16日の深夜に本震が発生して被害がさらに拡大したことで放送が半月も先送りされたみたいです。時事ネタが少なかったので古い感じはしませんでしたし、世襲総理の奥さまと懇意だという古市氏の受け答えが楽しめたのですが、内閣府によるメディアコントロールの匂いが強過ぎましたので不快でした。フジテレビはもうダメかもしれません。






 夕方にヤボ用で上熊本駅まで出かけました。

この古い駅舎は路面電車の終着駅となっているのですが、余震で窓ガラスが割れたり部材が剥離する恐れがあるためかロープが張ってありました。まあ道路に面したこちら側には出入口が無いので問題はないのですが、もう少し景観に配慮したものに工夫されるべきでしょう。余震が続いていますので観光客は少ないでしょうが、その少ない観光客がSNSで発信したくなるような工夫がされるべきでしょう。






 上熊本駅は新しいので地震の被害は無さそうでした。

JRが大嫌いな私としては新幹線の復旧も含めて残念でしたが、九州の観光に携わる皆さんはホッとされていることでしょう。まだ余震が続いていますので上熊本に降り立ったという夏目漱石の来熊120年の記念事業は出鼻をくじかれてしまったようです。大型連休中にもいくつかイベントが予定されていたようですが。まあ自然には勝てないですから、余震が治まることを期待して夏休みの時期に頭を使って盛り上げることを努力すべきでしょう。






 これはTBS系列のRKKの新聞広告です。

「ニュースのTBS」と言われた時代がありましたので、「知りたい情報をいち早くお届け!」とアピールしたいのでしょうが、私は視聴者が知りたい情報を正しく報道してはいないと感じています。熊本の地震でも美談ばかりで、避難所でのトラブルや泥棒や詐欺のような犯罪行為の報道は少ないのです。

また内部が大きく破損してそうな俵山トンネルや老舗百貨店などについて情報が隠されていると思えますし、くまモン隊をはじめとして熊本県や市町村の公務員たちが効率的に仕事を行っていないことも指摘されていません。東京の記者クラブみたいな体質が熊本でもあるようで、熊本県知事のような権力者に都合が悪い情報は報じられないのですが、私はそんな連中をジャーナリストとは認めません。ここに写ってる人たちは「テレビ屋」だと自覚すべきでしょう。






 夕方のBSの番組に小山薫堂氏が出演されていました。

偶然に4月14日に最初の地震が発生する前に録画されたインタビューだったようですが、2度目の本震で被害が拡大したのでインタビューを追加して編集し直されたようでした。熊本の天草出身の小山氏は熊本県から依頼されてアドバイザー的な役目をされているみたいで、地元の家族や友人、仕事上の付き合いがある人たちが被災して心を痛めておられることでしょう。

「熊本県にとって史上最大のピンチで…」と力を合わせて乗り切るためにいろいろと対策を考えられていることを話をしておられましたが、熊本県の復興はビジネスチャンスでもあるはずですから複雑な心境なのでしょう。くまモンは「くまもとサプライズ」というコンセプトのおまけのようなものでしたが、4.14以降はまったく露出していません。それが小山氏の指示なのかは知りませんが…






 熊本では小さなサプライズがあったようです。

20時53分から熊本の民放はすべて通常のCMを中止してジャニーズの5人組グループのメッセージを一斉に放送したということでしたが、まったく熊本に関係ないと想いましたが小山氏が作詞したことがあるということで実現したようでした。日本の放送局は美談が大好きでしょうし、嵐はスキャンダルや金の匂いがそれほど無いので悪くない組み合わせだったのでしょう。まったく私の好みではありませんが、「がんばろう」のメッセージが無かったのでマシでした。

しかし同じジャニーズの仲居くんはプライベートで熊本に炊き出しに来てくれたらしいのですが、まったくマスコミで取り上げられないのはいかがなものでしょうか。ジャニーズ事務所との関係が悪化して辞めたアイドルたちが圧力で冷遇され、それを美談が大好きな民放が知らん顔するのって異常な構図だと思いますが。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/05/01(日) 23:59)

<<余震が続く中で考えてみた熊本が無理なく復興するための方策は… | ホーム | 今回の大地震でダメージを受けていないかと心配していた建物は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3703-e78c09c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア