新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ニュース映像で見たかもしれない倒壊した家があった場所は…

 今日は一昨日に行く予定だった町をチェックすることに。

まずは今回の大地震で最大の被害があった益城町の西南に位置する嘉島町の「とれたて市場」という道の駅みたいな店が再開したという話を知ったので、江津湖沿いの道路を抜けて行ってみることに。

その途中の2度目の大地震で崩れ落ちたと思える民家がありましたが、屋根に救出用の穴が開けられていましたので4月17日にニュースで見た家かもしれません。今回の大地震では49人の方がお亡くなりになりましたが、その多くは益城や南阿蘇だったのでしょう。この街の中心部に近い災害現場では無事に救出されたのでは。





 残念ながらとれたて市場は閉まっていました。

5月の大型連休中ですし、最近はずいぶんと日没時間も遅くなっていますので18時までは営業してるんじゃないかと予想していたのですけどね。ここは熊本の中心部から10kmも離れていないのですが、周辺は水田や畑ばかりですので朝が早いようです。





 嘉島にもけっこう崩壊してる家がありました。

Googleマップで広域を見てみると落ちた阿蘇大橋から益城町の延長線上にありましたので納得できたのですが、活断層から少し北にズレていた熊本市でさえ激しい揺れでしたので、その数倍の威力があったと想像すると改めて大自然の驚異を思い知らされました。どこでも被災地になり得る地震国に原発を作るなんてアホですよね。





 ニュースで見た倒壊した神社に行ってみました。

嘉島東小学校の近くの甲斐神社は手や足の病気に悩んでいる人たちには「足手荒神」という俗称の方が有名みたいですが、私が中東を旅行して確信したように世の中に神なんていないので神社でさえ被災していました。人間にはプラシーボ効果があるということですので、神が存在しなくてもこの神社の存在意義はあるのでしょうが。





 嘉島のイオンモールは閑散としていました。

もう4,14から3週間になるのに、また稼ぎ時の大型連休中なのにイオンのシネコンが閉まったままなのを不思議に思っていたのですが、活断層に近い場所のこのモールはかなりの被害だったようです。イオンのスーパーの1階だけ営業していましたが、かつて駐車場に停めるのに苦労したことを考えるとサミシイ気持ちになりました。





 活断層の近くの墓は荒れていました。

たまに酔っ払いが墓石を倒したりして騒ぎになったりすることがありますが、人間が1人で押せば倒れるくらいのものですから「秒殺」だったことでしょう。もう3週間になりますので倒れた墓石は元の位置に戻してありましたが、割れたものは放置されていました。墓石よりも自宅の補修の方が優先なはずですから当然でしょう。





 被災した酒造メーカーもチェックしてみました。

今年の3月6日に酒蔵まつりに行ったばかりでしたが、その歴史ある建物は崩壊を免れていましたが大きな余震があればヤバそうな感じでした。この瑞鷹酒造は正月のお屠蘇や和食の隠し味として使われる「東肥の赤酒」を作っていることで有名なのですが、かなりダメージを受けたものの早期の再建を目指して汗を流しているという話でした。復活できたら来春の酒蔵まつりは大賑わいになりそうです。





 川尻地区では液状化による被害が話題でした。

白川と緑川の間に位置している川尻は江戸時代には職人町だったようですが、阿蘇方面などから流れてきた土砂が堆積してできた地盤が軟弱な地域なのでしょう。その上に大昔はJR九州の鹿児島本線と平行するように小さな川が流れていたようで、そこの液状化による被害が特に目立っていました。電柱が1mほど沈下していましたが、倒れなかったのはラッキーだったのでしょう。





 新しい西熊本駅の周辺は閑散としていました。

北海道新幹線の新函館駅や山陽本線の東姫路駅と同じ3月26日に開業したのですが、大型連休で多くの観光客で賑わっている函館とは大違いでした。この新駅の周辺は普通の民家が建ち並ぶ住宅街ですし、熊本駅や川尻駅に近い無人駅ですから大地震が無かったとしてもサミシイ感じだったのでしょう。





 西熊本駅の対面のスーパーに行ってみました。

九州新幹線の高架ができる少し前にイオンタウン西熊本ができたと記憶していますが、その敷地内の道路に近い部分に野菜類を安く売ってる「肥後の国物産館」という産直販売店みたいなものができたと何かの番組で見かけましたので。しかし残念ながら、ここも閉店時間が早かったようで間に合いませんでした。





 夕方のニュースでこんな配慮を見かけました。

司会の女性のイスの下にヘルメットが置いてあるのを見かけたのですが、もし生放送中に大きな余震が発生したりしたらサッと装着して「現在スタジオも激しく揺れていますが…」と視聴者に落ち着いて行動することを促すのでしょう。このヘルメットの出番が無ければ良いのですが、二度あることは三度ある…?





 熊本県は日本で5位の農業県らしいですね。

今回の大地震では水田や畑に地割れが発生したりしていますし、用水路やビニールハウスなどもダメージを受けていて被害総額は767億という発表がありました。まあ2度の大地震の発生時期が4月だったのでリカバリーできる農産物は多いでしょうし、熊本県産の野菜や果物を「買って支援」してくれる人たちも多そうですから落ち込みを最少にできるかもしれません。

アメリカやオーストラリアなどの国益にしかならないと思えるTPPの締結も先送りされそうですし、激甚災害に指定されましたので本格的な梅雨シーズンの前に更なる土砂崩れを防止する工事や農産品の出荷ルートの整備などが期待できるのでは。

昨年はくまモンのデザインのトラックにトマトを積んで東京まで熊本県産品をPRするキャラバンをやっていましたが、今年の収穫期には10台くらいのコンボイにいろんな農産物や特産品を積んで全国各地からの支援に感謝するイベントを行うべきでしょう。





未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/05/04(水) 23:59)

<<予想していたように子供の日に姿を現したゆるキャラの功罪は… | ホーム | 憲法記念日に被災地である熊本の新聞で報じていたものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3706-b95c1707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア