新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 週明けに多くの学校が再開されそうな被災地で考えたことは…

 熊本市では避難所の集約が進んでいるようです。

赤紙を貼られた自宅から離れたくないコミュニティ意識が強い方を無理に馴染みが無い郊外の体育館などに移動させることもできないので、学校の一部分が高齢の被災者のために使われることもあるみたいですが、仮設住宅の建設が進めば解消する問題でしょう。






 大型連休の最終日はサミシイことになりました。

連休の最初にせっかく来熊してくれたボランティア活動に参加希望の意思を持った志が高い皆さんに案件を振り分けることができなかったことが大きく報道されましたので登録に並ぶ人数が激減してしまったようですが、またしても全国から届いた善意の支援物資の分配が上手くいかなかったミスマッチが繰り返されたようです。

どこでも被災地になりえる地震国なのに、アメリカのFEMAのような常に危機管理を考えるプロ意識が高い部署が無いのが原因でしょうが情けない話です。ますます日本で税金を払いたくなくなります。





 ローカル番組が阿蘇市をプッシュしていました。

先日から運行再開したJR九州の高級列車のななつ星が大地震の影響で豊肥本線がダメージを受けたために鹿児島本線を大牟田や柳川方面を通ることになって阿蘇エリアに富裕層の乗客が来熊することが激減することになりました。

阿蘇神社も倒壊したり、温泉が枯れた旅館もあったりと逆風が吹いているのですが、大型連休はあきらめざるを得ないとしても余震が治まってくれそうな夏休みに挽回したいというのが地元の皆さんの気持ちでしょう。通常モードに戻りつつある人口が多い熊本市の視聴者にも迂回路のミルクロードやグリーンロードを走れば簡単にアクセスできることをアピールしていましたが、熊本空港から自衛隊のヘリで楽に南阿蘇入りした熊本県知事には阿蘇の皆さんの切実な気持ちが伝わらないかも…





 3人の有名人が南阿蘇に来てくれたそうです。

私はあまり評価しませんが、現金の寄付やふるさと納税、「買って支援」なども住みなれた家に赤い紙を貼られて途方に暮れている人たちには明るい希望でしょう。参加者が減ったとはいえ、ボランティアに来てくれる人たちには心からの感謝しかないのではと思います。

避難所ではテレビを大勢で見なければならないので、自分が見たいものを遠慮しなければならなかったりしてストレスが溜まりそうです。娯楽が少ない阿蘇で単調で先行きが不安な生活をしていてテレビで見ていた芸能人が来てくれることはくまモン以上の喜びでしょう。

被災した住宅で盗みをはたらく悪いヤツがいる世知辛い世の中では良い話ですし、他のスケジュールと心に余裕がある芸能人の皆さんも良い意味での「売名行為」に励んでいただきたいものです。しかし少し気になったのは前回ひとりだけで避難所に炊き出しに来てくれた仲居くんはネット以外では無視されていたのに、今回は3人だったのでマスコミでも取り上げられたことでした。






 被災地で暮らしていてイラつくことがあります。

3週間も経つというのに「AC JAPAN」のCMがアホみたいに繰り返されたり、地震情報のバナー表示が続いていたりすることもありますが、全国ネットのニュースで熊本市の中心部がかなり元に戻っていることを報じないので、まだ炊き出しや給水の行列が絶えないと誤解してる人もいるみたいですからあきれてしまいます。

余震が1300回を超えても続いていますし、3回目のM7クラスの大地震が発生することや阿蘇山が大噴火する可能性だってありますが、熊本や大分の観光業に携わっている皆さんは「買って支援」よりも「来熊して!」と強く望んでいらっしゃるでしょう。

私が昨年のネパールで地震が起きた後に「旅行してみようかな…」と話した時に「被災地はたいへんなんだから観光客は行くべきじゃない!」と真顔で忠告する人がいましたが、今回の地震で被災者になったので断言できますが、被災地には行って消費するのがベストです。もちろん死者が出た災害現場でピースして記念撮影したりしちゃマズいですが、自分たちの防災意識を高めるために壊れた建物を撮影したりするのを不快に感じる人は少ないと思いますが。





 ランチ後のデザートに芋のパンを試してみました。

先日の夕方に大津の100円パン屋で購入したものですが、カライモが大津の特産で割安なためか量が多めで重量感がありました。先月のドライブ旅行で関西方面の下調べをしている時に大阪の製パン会社がサツマイモを使った数種類のパンを開発して好評という話がありましたが、このパンはその影響なのかもしれません。






 熊本県人による熊本県民のための歌があるようです。

明日から配信予定の「明日へのエール」という楽曲は南阿蘇村で被災した元C-C-Bのりゅうこうじ氏が発起人となって熊本の復興を応援するための音楽プロジェクトらしいのですが、テレビ局の垣根を越えて40人を超える在熊のタレントやミュージシャンの声を集めて作られたみたいです。

東北の大災害に較べて死者数が少なかったこともあって「明日へのエール 」はポップな曲調になってるのかと予想していますが、「もう一度熊本を元気にしたい!」というメッセージは構わないのですが、歌詞に「がんばろう!」が無いことを心から願っています。





 大阪の番組で南阿蘇支援の方法でモメていました。

4月18日に沖縄の普天間基地に駐機していたオスプレイが米軍岩国基地を経由して被災地の南阿蘇に支援物資を運んだのを元国会議員のおばさまが「政府による露骨なイメージ操作では!?」と疑っていたのですが、阿蘇大橋と俵山トンネルは通行止めになってはいましたが、大津や西原、そして大分や日田方面への道路は生きていましたので、そもそもヘリでの輸送が必要だったのか疑問です。

急病人がいたり、地割れなどが発生して急いで避難せねばならないような緊急事態であればヘリの投入もアリでしょうが、いくらヘリが空には信号が無いので早いからといっても沖縄から山口と大回りしてくるよりも大分からトラックで物資を運んだ方が早いのでは?

先週のフジテレビの「報道2001」では都知事の発言を検証するために奥多摩と湯河原から都庁までの走行時間を較べていましたが、これもシュミレーションすれば良いでしょう。まあ業績が悪化している上に停波を恐れているフジテレビは世襲総理に気がねして知らん顔するのでしょうが。番組名を「幇間2001」に変えるべきでしょう。(笑)





 これはBSの番組で見かけた欠航率のグラフです。

ここ数年はLCCにしか乗ったことが無い私は信じられないのですが、LCCに乗ったことが無い日本人の多くが「なんとなく不安」とか「遅延や欠航が不安」とアホなことを答えていたみたいです。

今回の大地震では熊本空港がダメージを受けてすべての便の運行が3日ほど止まってしまいましたが、LCCだからといって運行再開に差は無かったはずです。ちなみにLCCのピーチは被災地支援ということで関空から福岡への200席の無償提供を申し出てくれました。しかも荷物は100kgまでと大判振る舞いで。






 やはりRGからのメッセージが放送されました。

さすがに「あるあるネタ」は封印した真面目なものでしたが、こんな時ですから常識を逸脱しない範囲でのユーモアがあっても良いと思いますけどね。次はホラッチョ川上氏にぜひ低音の良い声で「皆さん、頑張らなくてもいいんじゃないですか。人生は長いですし、時間をかけてゆっくりやり直しましょうよ…」と呼びかけてほしいものです。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/05/08(日) 23:59)

<<夜明け前から被災地の南阿蘇の駅前で起きていた変化は… | ホーム | 被災地である熊本だけで一面で報じられているであろうことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3710-8e58ac46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア