新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 夜明け前から被災地の南阿蘇の駅前で起きていた変化は…


 被災地でちょっとした変化があったようです。

4,14から3週間が過ぎ、大型連休も終わったことから熊本でも今日から学校がはじまったのですが、阿蘇エリアの生活の足である豊肥本線や南阿蘇鉄道の復旧の目処が立たないので、しばらくの間は代替バスが運行されることになったようなのです。

自然災害ですから町民や村民の皆さんは納得されているみたいですが、夜明け前に起床せねば乗り遅れる恐れもあるみたいですからお気の毒です。しばらくの間は通学するのは週に1~2度にして、ネットでの遠隔授業を認めるようにすべきではと思いますが。






 今日は熊本県庁で閣僚との折衝が行われたようです。

水田や用水路などが地割れでダメージを受けたりして、農林水産関係だけでもくまモン関連商品の売り上げ額と同程度の被害と算出されているようですが、TPP交渉に対して不満が多い土地柄で選挙前であることから熊本地震を大規模災害復興法に基づいて初めて「非常災害」に指定することになったようです。

これが実現すると本来は地方自治体が負担する復旧工事を国の直轄事業に肩代わりしてもらえるようになるみたいですが、アベノミクスが失敗して財政状態が悪化しそうな状態をさらに悪化させる要因となるでしょう。リーダーの資質に問題があり、これまでも補助金に頼った熊本県の運営でしたが、今回の大地震でその構造がさらに悪化することになります。そんな歪な状態を続けることも問題だと思いますが、こういった現場に女性がひとりも見当たらないことに驚きます。もちろん以前の熊本県知事は女性でしたので、現在も県政に女性職員の声は反映されてはいるのでしょうがサミシイですよね。






 熊本地震では多くの道路がダメージを受けました。

熊本は地下水が豊富な土地柄で、政令指定都市で水道を地下水でまかなっていたことを誇りとしていたくらいです。しかし活断層でズレが発生して水脈が変わっている所もあるようです。水脈が切れてしまうと地面の下に空洞ができてしまうことも増えそうですが、大規模な陥没が起きてしまうと死亡事故につながってしまうでしょう。

時速60kmで計測できることで他の自動車の走行の邪魔せずに地下の空洞をスキャンできる専用車が開発されているらしいのですが、これから熊本でもGoogleカー以上に見かけるようになるのでしょう。






 海水淡水化装置もかなり小型化されていました。

九州だけで放送されている「世界一の九州が始まる」という番組で見かけた沖縄の小さなベンチャーが開発したものでしたが、スーツケースサイズで20kg以下になることを目指して工夫されたものだということでした。この大きさであれば大地震で道路がダメージを受けてもオフロードバイクに積んでどこにでも届けることができるでしょう。

海水でさえ真水に変えることができるわけですから、濁った井戸水を飲料水に変えることなんて簡単でしょう。量産して安くなればAED装置と共に公共施設に備えられるようになるのでは。






 録画した水俣病に関するドキュメンタリーを見ました。

東京などでは水俣病公式確認60周年の記念日である5月1日を過ぎた深夜に日本テレビ系列で放送されたらしい「生きる伝える“水俣の子”の60年」という番組でしたが、すっかりキレイになったのでセレモニーに天皇が呼ばれた水俣の海が今回の大地震の影響もあって危機的状況にあることを伝えていました。

番組では当時3歳だった少女が63歳のおばあちゃんになり、今でも24時間体制の介護で生活する様子を生々しく伝えていましたが、チッソ熊本工場から垂れ流された水銀で汚染された土壌をコンクリートで封印して護岸整備した海岸が老朽化に加えて今回の地震でひび割れも発生しているという話でした。現在でも水俣近海の海産物には汚染のイメージが残っているようですが、封じ込めたはずの水銀が流出したりすれば風評被害が拡大して大打撃となるでしょう。

ところで最近は韓国の加湿器殺菌剤事件が話題でワイドショーの女性コメンテーターが「信じられない、日本じゃありえない…」とか発言したりしてしていましたが、半世紀前まで日本も似たようなものだったことを想像できないのかと疑問です。その体質は今でも続いていて、目先の利益のために国民生活を根底からぶち壊しかねない危険な原発を安全だと言い張る専門家もいますし。






 買い物に出かけたら混雑していて驚かされました。

まだ17時前でしたので、帰宅前に惣菜などを買い物して帰ろうとする共働きの若夫婦は少ないのではと予想していたのですが。もう熊本中心部のライフラインはほとんど復旧していますのでレストランなどで食事してから帰宅するのも問題ないはずですが、地震の後片付けなどで疲れていたり、割れた食器や家電などを新たに購入するのに金もかかるのでご飯だけタイマーで炊いておいて惣菜を買って帰ろうという夫婦が多いのかもです。

今日はゆめタウンの近くのハローワークに大勢の相談者が列を成したらしいのですが、その相談の後に立ち寄った人も少なくなかったのかもしれません。熊本でも復興特需で儲かる会社もあるでしょうが、全体的には作業場や設備にダメージを受けて売り上げがジリ貧という会社が多いのでしょう。「買って支援」や「返納品不要のふるさと納税」の動きも短期間だけのものでしょうし。






  スーパーの前は諦めて隣の銀行の前に停めました。

少し歩かなきゃなりませんでしたが、重たいものを購入する予定はありませんでしたので許容範囲でした。銀行のウィンドーには繋いだ手に「頑張ろう!」がデザインされているポスターが貼ってあったのでうんざりでしたが、大地震で重たいATMの機械が動いて外壁にダメージを受けた跡がありましたので少しだけ気が晴れました。(笑)






 ゆめタウンを選んだのはアイスクリームが目的でした。

5月9日はアイスクリームの日ということで、サーティワンでは「お客様感謝DAY」ということで好きなアイスが100円で購入できるという話だったのです。やってることを確認して、買い物の帰りに試そうかと思ったのですが、この行列が100m以上も続いていましたのでガッカリでした。これがベン&ジェリーズの「フリーコーンデー」みたいに無料だったらガマンしたのですが、100円じゃねぇ…






 ゆめタウンの裏の病院の工事現場は静かでした。

もうMJRのマンションも完成しましたので、残るは「くまもと森都総合病院、高野病院、タケシタ調剤薬局の移転工事」だけになりましたが、大型連休も終わったので工事現場は活気が戻っているかと予想していたのですけどね。基礎工事の段階でしょうから大地震で足場が崩れたりしたわけじゃないでしょうが、熊本県庁の圧力で作業員に被災地復旧の赤紙が届いたのかも…?






 新聞に「お悔やみ広告のご案内」がありました。

今回の大地震では発生時間が真夜中で火事も少なかったので関連死も含めても100人以下でしたが、3週間の間のカウントされない死者数を加えると1000人くらいになるのかもしれません。ローカル番組では地震の直後に生まれた赤ちゃんは美談仕立てで放送されていましたが、大地震で寿命を縮めてしまったかもしれない高齢者は近親者だけの間でしか話題にならないのでしょう。





こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/05/09(月) 23:59)

<<無情に被災地に降る雨を恨めしく見つめながら考えたことは… | ホーム | 週明けに多くの学校が再開されそうな被災地で考えたことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3712-bec55cc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア