新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 人類の英知を結集させても敵わないと思わせられたことは…


 熊本市に新たな脅威が迫っているかもしれません。

それは広島大学の調査により、熊本市の中心部に新たな活断層が見つかったかもしれないという話でした。余震が1500回近くも続いているのも、未知の活断層が地表に自分の存在を刻もうとしているためかもしれません。地質学に詳しくないので単なる妄想なのですが、「2度あることは3度ある」が熊本市で起きてしまうと最新の免震マンションでさえダメージを受けてしまうかもしれません。

パニック映画の導入部では唐突に現れた小さなアスファルトの亀裂が床下に伸びていき、それが大災害のはじまりとなったりしますが、地震が熊本や大分で終わってくれるなら心配する必要はないでしょう。しかし人口密度が高くて三次産業の比率が高い関東や東海で似たようなM7クラスの大地震が起きてしまうと日本経済の崩壊に繋がりかねないので私は恐れています。

現在の熊本市長のように「熊本で大きな地震が起きるとは思わなかった…」と恥ずかしげもなく公言する人が少なくないのですが、首都圏や東海などでも人口の半分くらいはいるんじゃないかと思います。人口密度が少ない熊本で真夜中に起きた大地震でしたので被害は多くは無かったのですが、首都圏で昼間人口が多いランチタイム前あたりに大地震が襲ったらと想像すると背筋がゾッとします。






 これは桜の馬場からの生中継の様子です。

福岡の九州朝日放送が製作して九州内の5局で放送された 「熊本地震 被災地のきょうを生放送 あなたへ 九州がつながるテレビ」という番組でしたが、熊本城には入れないので二の丸広場からのスタートでした。益城などの被災地からの中継に加えて熊本以外では知名度が低そうな熊本城を本拠地としている「おもてなし武将隊」の紹介もありましたが、人数が増えていましたので驚かされました。

築城400周年の前後に入場者数が200万を記録して日本一になった頃に熊本観光を盛り上げようと結成されたのでしょうが、今回の地震の影響で落ち込んでいる観光客数を回復させたいとの思いで増えたのかも。その気持ちは理解できますが、熊本城は余震が治まらないと石垣復元工事をはじめることができないでしょうから、城内で活動できないのでお気の毒です。






 関西の番組で台湾による熊本地震の支援が話題でした。

つい最近も台湾で地震がありましたが、同じ自然災害が多い島国ですのでお互いに援助を繰り返してきた歴史があります。3、11の時には2300万の人口なのに援助額は世界一だったことが大きく報道されましたし、LCCがガンガン飛びはじめたこともあって反日のイメージが強い韓国よりメジャーな渡航先になっています。

強大な中国との付き合い方が微妙なのも似ていますし、経済成長したことで台湾が急速に日本化していることもあって親日の割合が増えているのですが、隣国の交流が深まることは悪いわけがありません。しかし右傾化したコメンテーターたちが中国を悪者に見せるために台湾を過剰に持ち上げることは看過できません。募金額は台湾より少ないものでしたが、中国や韓国からも支援があったわけですし。






 高価な熊本城の模型が売れ行き好調との話でした。

マニアの間では有名な静岡のウッディジョーという木製模型メーカーの製品でしたが、4万円もするのに4,11以降は5倍も売れているらしいのです。この報道番組では購入者のお宅にお邪魔してインタビューしていましたが、「自分も高齢なので熊本城が蘇る姿を見ることができないかもしれないので…」と購入動機を説明されていました。

自分の財布から購入されて模型を作って楽しみ、完成した姿を見て美味しい酒を飲まれるのを否定する気はまったくありません。しかしこれを遺されて亡くなられると家族にちょっと迷惑なのでは。4万円は熊本観光の家族旅行に使っていただくのがベストかと思いますが…






 この小さなシャチホコは500円だったそうです。

2度目の本震で瓦と共に崩落したシャチホコは熊本城再生のシンボルとなり得るものですから、静岡のプラモデル会社が売り上げの全額を復元費用に寄付するという前提で作ってくれたみたいです。400個ほどが3時間で完売したという話でしたが、せっかく型を作っていただけたので、将来の「熊本城復興一口城主」の寄付のおまけとして安価に量産してもらえば良いでしょう。






 箱にくまモンがデザインされた製品もありました。

くまモンが運転席に座っているRCバギーのプラモデルは以前からありましたが、このミニ四駆のタイプは初めて見ました。地震が起きてから1ヶ月なのでゼロから開発したものじゃないと思いますが、以前からあったミニ四駆にRCバギー用に作られたくまモンを乗せて「がんばろう熊本」の箱に入れたのでは。

熊本県庁も熊本県民もこのTAMIYAのクオリティが高そうな製品なら大歓迎だと思いますが、展示会が終わって全国で販売されるのなら、TAMIYAが熊本県庁のしあわせ部のくまモン部長宛の往復はがきでも同梱してあげれば良いのではと思います。その小さなやりとりで被災地と心が通じ合うこともあり得ますので…






 熊本県知事が出演する短い広報番組がありました。

4,14から1ヶ月の節目になるので県民に心を合わせて復興をと呼びかけることにしたのでしょうが、地震直後のは原稿棒読みだと批判されたためか演説が上手くなっていました。朴訥なイメージのおじいさんですし、知事公邸には住み続けているものの金銭スキャンダルが無い人物ですから何もない時期であれば問題ないのでしょう。

しかし未だに罹災証明書の発行は遅れているようですし、道路などのインフラの復旧の目処もハッキリしていません。これまで県知事は「県民幸福量の最大化」を図るとか数値化できないことを目標としてきました。4,14以降はそんなアホな寝言は通用しないわけですが、今日の演説では政府の支援をアテにして県民に「頑張りましょう」と呼びかけるだけでした。本人は「こんなことになるんだったら2期で止めておけば良かったかな…」と後悔してるのかもですが、そうだとすれば県民のためにも辞任すべきでは。






 これは東京都知事かと噂されているIDです。

日曜の朝にフジテレビ系列のTKUで放送された「新報道2001」で東京都知事がヤフオクで政治資金を使って絵画などの美術品を購入して私腹を肥やしていたのではという疑惑があると報じていたのですが、湯河原の別荘で温泉三昧の後にワインを飲りながらポチっと買い物してたと想像すると腹が立ちます。

ある調査によると13日の金曜日の都知事の会見は「信用できない」と否定的なのが96パーセントでしたが、そんな人間が「説明責任を果たした。反省すべきは反省して全力を挙げて都民のために働くので…」と言っても通用しないでしょう。週明けには辞任を表明して夏の参院選とのW選になるのでは。ついでに熊本県知事選もやれば経費の削減につながるでしょう。






 送金問題で五輪招致の闇が明らかになってきました。

2億3000万円もの大金をシンガポールのペーパーカンパニーに送金してロシア選手のドーピング違反のもみ消しに絡んだ汚職の疑いがある国際陸連前会長のラミン・ディアク氏の息子に渡ったらしいのですが、そんなことが「五輪招致を勝ち取るには必要だったし、妥当な額だ」と国民が納得するとでも思っているのか不思議です。

「熾烈な招致合戦に勝利するためには裏金も必要なのでやむを得ない…」と言うスポーツ馬鹿もいるようですが、それなら自分たちで金を集めて振り込んでやれば良いでしょう。広告代理店や工事関係者、そして賄賂を貰うJOCや政府関係者たちのために我々の税金が無駄遣いされることは許せません。もう腐りきった東京五輪なんて止めてしまうべきでしょう。






 そういえばこの人も熊本県の出身者でした。

茨城のイメージが強いですし、熊本のローカル番組にもゲスト出演したのを見たことがありませんでしたし。この被災地向けのメッセージは熊本弁で力強く語りかけていましたが、これを見て自民党が参院選の候補者として引っ張り出すのではと心配になりました。昔のベッキーみたいにスキャンダルが無い貴重な存在ですからね。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/05/15(日) 23:59)

<<本震から1ヶ月となった節目の朝のニュースで見かけたものは… | ホーム | 4,14から1ヶ月目の節目に熊本だけで放送されていたことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3718-01f3bdf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア