新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 本震から1ヶ月となった節目の朝のニュースで見かけたものは…


 本震が発生してから1ヶ月の節目となりました。

朝のニュースで南阿蘇役場での黙とうのシーンの後に1階部分が崩れた阿蘇大橋の近くのアパートの前に花束が置いてある映像がインサートされました。ご両親か東海大学のクラスメイトが置いていったのかもですが、散乱したゴミや日用品の中にぽつんと場違いな美しいものが現れていて違和感がありました。

このカナシイ映像を見ていて生まれて初めて被災者になった日のことを思い出したのですが、電気は30分くらいで戻ったので余震が続く中で怯えてる老猫を膝に乗せて朝までニュースを見ていました。電気以外のライフラインは途絶えて断水していましたが屋上の太陽熱タンクに水はたっぷりありましたのでコーヒーを淹れ、猫が肉球を怪我しないように割れたグラスなどだけ片付けましたっけ。

夜が明けてから近所の様子をチェックしてみたのですが、いくつかブロック塀が崩れていたくらいで消防車などのサイレンも聞こえなくて自動車も少なくて静かなものでした。テレビのニュースではヘルメットを被った局アナが緊迫した雰囲気で被害状況をレポートしていたのですが、どこか遠い場所で起こってるような不思議な感じでした。






 今日から水前寺公園が再開したみたいです。

本震の直後には地下の水脈が途切れたためか、庭園の池の水が干上がってしまったそうです。しかし何度か100mmを超える雨が降ったこともあってかなり回復してきているようです。今月末まで復興祈願や観光振興で入園無料ということですので、シンガポールの友人が来熊したらチェックしてみたいと考えています。






 熊本地震をテーマにした巻き寿司がありました。

何度かバラエティ番組で見たことがあるものでしたが、カットすると断面が鏡を置いた時のように対称になる日本が世界に誇れる食文化のひとつだと思います。トランプを4枚並べた時のような雰囲気でしたが、切り分けたら中心部にハートマークが現れたので「芸が細かいな…」と感心させられました。しかし驚かされたのは右上をひっくり返したら熊本の被災地へのメッセージになったことでした。

これは著名な漫画家たちによる「くまモン頑張れ絵」に匹敵する効果があるかもです。もう熊本の中心部はかなり元に戻っているのですが、被害が大きかった益城などはまだまだ時間がかかりそうです。巻き寿司アーティストの方にお願いして熊本県産米と有明海の海苔を使って避難所で炊き出しをやっていただけば良いでしょう。






 やはり被災地では犯罪行為が増えているようです。

被災地には少しでも役に立てればと駆けつけてくれるボランティアや炊き出し、自分は現地に行けないからと募金や「買って支援」してくれる人など善意に満ちているのですが、復興特需の公共工事で大儲けと他人の不幸を喜んでいる人はいますし、半壊した家に忍び込んで盗みをはたらく悪党だって少なくないのです。

また屋根が破損して雨漏りしそうな老夫婦の家に甘い言葉で上がりこみ、「ブルーシートをかけたから大丈夫!」と100万円もぼったくった県外の業者もいたとか。ヒドい話ですが、津波や放射能から慌てて逃げる必要が無かったのでマシですが。






 被災地ではいろんな特例が適用されるみたいです。

おそらくこれまでの阪神や東北の大震災の時にもそうだったのでしょうが、大地震で人々の生活が後片付けに追われたりして切迫するので手続きが免除されり期限が延長されたりすることがあります。たとえば今回の本震で揺れる中を何も持たずに慌てて脱出したりして免許証を無くした場合は更新手数料が無料という話です。

また今回の地震の前後に更新時期が来るドライバーは特定非常災害指定により9月末まで猶予されるらしいのですが、そうなると9月後半に免許センターが混んでしまうことになるかもですね。





 今日は10時からVエアのセールがはじまりました。

日本に就航した頃は路線もわずかで、知名度が低いこともあって片道2000円というセールがありましたが、最近では台湾への旅行客数が増えたこともあって格安なセールは期待できません。今回は全路線が1188台湾ドルということでしたので4000円ほどですが、桃園空港の利用税などを加えると6000円以上になる感じでした。

日本を脱出するのに乗る予定の春秋航空は佐賀空港が空港税が必要ないので1000円ちょいと安かったでので、「まあ帰国便が少しくらい高くてもいいか…」とあきらめてポチっと購入しちゃいました。私と入れ替わりに渡欧予定の友人宅の猫たちの世話をしなければならないので、帰国日を早急に決める必要がありましたし。






 18時からはジェットスターのセールもはじまりました。

そのセールは1990円からということでしたので、「余震が続いているので熊本便も…?」とチェックしてみたらビンゴでした。残念ながら私の第1希望の日は安くなかったのですが、それは安いのでガマンできます。ちなみに成田の第3ターミナルの利用税やコンビニ支払い料金などを加えると合計では3000円を超えてしまいました。

ちなみに春秋航空の国内便737円セールで購入できれば佐賀空港まで1500円くらいで飛べるのですが、そこから1000円レンタカーに乗ってもガソリン代などかかりますのでジェットスターの方が早くて楽なのです。人数がいる場合はレンタカー代などを割り勘できるので佐賀に飛ぶのもアリでしょうが。






 熊本の弱いサッカーチームが話題でした。

2004年12月の設立ということですから、もう少し成績が上がっても良さそうなものですけど、私が早送りしてる時はたいてい赤いユニフォームのファンが頭をかかえて悲しんでいます。

私はサッカーにまったく興味がないので想像なのですが、人口が180万しかいないことや熊本のヌルい体質が選手を甘えさせているんじゃないかと。スポンサーも酒造メーカーなのでストイックじゃ無さそうですし。このバナーは「がんばろう」じゃなかったので良かったのですが、もう少し工夫の余地があったと思いますが。






 私は富川アナはメインは無理かと思っていました。

しかしプレッシャーに負けずに落ち着いて職責を果たしていますし、数多くの現場を取材してきた経験が生きているのでしょう。今日も約1ヶ月ぶりに益城の解体がはじまった役場の前から住む家を失った皆さんに温かい言葉をかけていましたが、何の危険性が無い場所でヘルメットは過剰演出でしょう。富川アナはディレクターの指示に従っただけかもですが、ニュース番組はやらせと思われちゃうとアウトでしょう。この無人っぽい雰囲気のロケ現場は多くの野次馬が見守っていたと思いますが、誰もヘルメットは被っていなかったことでしょう。






 大物歌手のメッセージも放送されていました。

ネットのニュースでは八代市出身の大御所は5月6日に「熊本地震被災地支援チャリティー歌謡ショー」に出演されたそうですが、衣装が同じでしたので、このメッセージの収録もその時だったのかもしれません。そのショーは入場料が無料の募金制だったみたいですが、全額が被災地に寄付されるそうです。「時期が来たら何度も支援に行きたい。じいちゃん、ばあちゃんを癒やしてあげたい」と語ったそうですが、里帰りされたらスゴい騒ぎになるのでしょうね。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/05/16(月) 23:59)

<<街に溢れている「がんばろう熊本!」という言葉が不快な理由は… | ホーム | 人類の英知を結集させても敵わないと思わせられたことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3719-1cff7646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア