新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  しつこく余震が続く熊本で日本の将来を憂いてしまった理由は…


 今日はスッキリ晴れてくれて洗濯日和でした。

文字通りの五月晴れで暑くも寒くもなく、体温が高い猫を膝に乗せても不快じゃない良い季節です。熊本市役所の罹災証明書の発行も始まりましたし、仮設住宅の建設も本格化していますので余震さえ治まってくれれば被害が大きかった益城や南阿蘇なども落ち着くことでしょう。職人さんが不足しているためか、外装のタイルの補修工事が行われなかったりするのですが、M7クラスの大地震がまた襲ってくることもあり得ますので落ち着くまで様子見なのかもです。

熊本の中心部は元に戻りつつあるのですが、復興特需で潤うのは全産業の中のほんの一部です。大多数は大地震によりダメージを受けてしまって、生活は苦しくなるでしょう。洗濯物を干し終わって録画しておいた朝のワイドショーをチェックしていたら、都知事には新たな疑惑が出てきましたし、五輪招致の裏金問題は相変わらず全マスコミが電通に遠慮した甘い取材でしたのでムカつきました。

都知事もJOCの連中も違法性が無いと言い張ってますが、その論拠を明白にできていません。なんとか逃げ切ることを画策しているのでしょうが、それは国のトップの世襲総理がアベノミクスが失敗しているのが明白なのに次の選挙まではなんとか凌ごうとしている見苦しい態度が影響していると思います。また「汚染水はコントロールできている」とウソをついて招致に成功した五輪問題も次から次に問題が表面化していて最悪の状況になってきました。このままでは資材や人件費の高騰を理由にスタジアムなどの建設コストが上がり続けるでしょうし、政府の無駄遣いは止まらないでしょう。






 熊本のローカル番組の生中継は阿蘇からでした。

先週から熊本県内のすべての小中学校は授業を再開しているのですが、人口が少ない南阿蘇エリアは亡くなった人数も多いので児童たちに合唱の練習をさせて大災害を引きずらないように再起を誓うセレモニーを行うことにしたのでしょう。天皇の前で歌う予行演習なのかもですが、孫たちの姿を避難所のテレビで見るおじいさんやおばあさんに喜んでもらいたいということもあったのかもですね。






 ランチは久しぶりに固焼きそばにしてみました。

熊本のスーパーでは焼きそばやちゃんぽんの生麺が20円前後で売っていますので、2食入りで88円とかで販売されている固焼きそばは魅力的じゃないのですが、賞味期限が長いのでたまに非常用に購入したりします。アサリが安かったので使ってみたのですが、今の季節に合っていて美味しゅうございました。もう1人分が余っていますので、次はイカを入れて作ってみようかな…






 ランチ後にイケアからこんなメールが届きました。

イケアは日本に上陸して10周年だそうですが、関東や関西などに8つのイケアストアと熊本にタッチポイントという小型店があります。期間限定でその8店舗のご当地食材を使ったオープンサンドがワンコインの500円で提供されるということでしたので気になりました。来週はシンガポールの友人が九州に遊びにくるので試してみようかな。






 私は航空券の購入を早まったかもしれません。

渡欧する友人宅の猫たちの世話をするために総額7000円弱のVエアのセールで帰国便を購入したのですが、その直後に999台湾ドルのタイガーエアのセールの告知があったのです。これまで台湾からは5000円前後で帰国していたので少し高いなと感じていたのですが、佐賀空港から上海への出国便が1000円ちょいと格安だったので「まあいいか…」と妥協してしまったのです。

ちなみにエアアジアのテヘラン便も8000円ほどで就航していましたので久しぶりに中東旅行をしようかと悩んでしまいましたが、希望日の前後が売り切れでしたので断念しました。イランまで出かけたらヨーロッパにも行きたくなりますが、帰国便を購入しちゃった後でしたのでスケジュールの調整がキビシイ感じでしたので…






 来週は阿蘇神社方面にも行ってみるつもりです。

シンガポールの友人の来日は2度の大地震の前から決まっていたのですが、滅多にないことですから益城や南阿蘇の被災現場も案内してみる予定です。私は神社や仏閣にまったく興味がないので前回はスルーしましたが、友人は中国などで寺巡りするほどのマニアですから倒壊した阿蘇神社に行ってみようと考えています。

観光客数が落ち込んでいるので協力しあって盛り上げようとしている阿蘇神社前の商店街では1本につき100円の神社への寄付を含んだサイダーを300円で販売するという話でしたが、これからの季節にピッタリで悪くないでしょう。ネット購入もできるそうですが、ぜひ現地の高原の空気の中で飲んでいただきたいものですね。






 広島の企業からも手厚い支援の申し出がありました。

熊本地震で2つのショッピングセンターが大きなダメージを受けて1ヶ月が過ぎても閉まったままなのですが、そんな大損失がある中でイズミの社長さんがわざわざ熊本県庁を訪れて10億円の支援金と各支店の店頭の募金で集まった義援金である約1330万円の目録を蒲島知事に手渡してくれたということでした。

2つのゆめタウンのモールは安全確認や補修工事に時間がかかるらしく開業は11月くらいになるらしいのですが広い駐車場は安全なはずですから各地のイズミの支店による期間限定のキャラバン屋台村みたいなものをやったら良いでしょう。イケアのオープンサンドの企画が参考になるでしょうが、温かい支援に対するお礼の意味も含めてイベントのオープン日にはくまモン隊を出動させると良いでしょう。






 益城にペット専用の避難所ができていました。

全国的にペットの数が増えていますが、殺処分ゼロを目指している熊本では全国平均よりも多くのペットが家族の一員として生活しているかもしれません。高齢世帯が多い益城でもペットと共に被災して家を失った家が多いでしょうが、仮設住宅が完成するまでしばらくかかりますのでペット対策も急がねばならなかったのでしょう。






 これは4,14以降に撮影されたCMだと思います。

健康商品などの通販で業績を伸ばしている会社のメッセージ広告でしたが、新築の本社前でお揃いのTシャツを着ての撮影でした。新築で本社に被害は少なかったとしても片付けに数日かかったでしょうし、地震の直後は本社の1階を緊急避難所として開放されたそうですから業務の再開も容易ではなかったかもしれません。

この会社が大震災後の景気低迷に負けずに、笑顔で「がまだす」ことにされたことを宣言されたのかもですね。






 テレビ局の人脈も尽きてきたみたいです。

これまでいろんな分野の熊本県出身の有名人の5秒くらいのメッセージが放送されてきたのですが、名前や顔を初めて見かける知名度が高くない人も増えてきました。もちろん地元では有名人だったり、コアなファンはいる人たちではあるのでしょうが。

もう4,14から1ヶ月が過ぎましたし、そろそろ終了ということで良いと思いますが。最後の大取は人吉出身の内村氏が良いと先日のブログに書きましたがホラッチョ川上氏でも良いでしょうね。(笑)





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/05/18(水) 23:59)

<<震度1以上が1500回を超えた日に防災について考えたことは… | ホーム | 街に溢れている「がんばろう熊本!」という言葉が不快な理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3721-f5240075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア