新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 私が日本のマスメディアをまったく信用してない理由は…


 私は日本のマスメディアをまったく信用していません。

それは基本的に広告収入で成り立っていて、しかも世襲総理の政権の圧力にすぐに屈してしまう情けない存在だからです。世襲総理と波長が合うベストセラー作家の百田大先生がたかじんの未亡人のために書いた怪しい本に関する裁判はワイドショーが大好きなネタなはずですが、どこの局も知らん顔を決め込んでいます。

シンガポールのペーパーカンパニーに2億円も振り込んだ裏金問題も日本の子供も教育に悪影響があるので許せないのですが、賄賂の斡旋に関与したのが電通関係者だとわかっているのに時間稼ぎを繰り返しています。今朝のフジテレビの「ワイドナショー」では珍しくフリップに小さく「広告代理店(電通)」と表記してありましたが、空気を読むコメンテーターは誰も犯人探しをしようとしませんでした。

普通の収賄事件であればマスメディアは賄賂を送った人間を特定して大批判すると思いますが、広告収入で経営が成り立っているテレビ局にとっては恐ろしくて触れることができないのでは。私は腐りきった連中が私腹を肥やすために私物化してるオリンピックなんて止めてしまえば良いと考えているのですが、オリンピックで利益を上げることを目論むテレビ局はそれだけはなんとか避けたいのでしょう。






 これはGoogleマップで見た都知事の自宅です。

「世田谷 グローバル経済研究会」でググってみたら簡単に発見できましたが、小田急線の梅ヶ丘駅や羽根木公園に近くて悪くありません。舛添都知事は自宅に事務所の看板をかけて政党助成金から家賃を振り込ませて私腹を肥やしているという疑惑がありますが、まったく腹が立つ話ばかりでイライラさせられます。

もちろん桝添はそんな手口を自分で編み出したわけではなく、先輩議員たちをマネしただけでしょう。「世界一金がかからないオリンピックを目指す」と言っていたのに現在でも予定の6倍かかるという話です。そんな巨額の詐欺と較べてみると桝添がチョロまかした金額など微々たるものですが、子供たちの教育への悪影響のレベルは似たようなものでしょう。そんな都知事や国会議員を選んだのは都民や国民ですが、腐り切った慣習と決別するためにもオリンピックを返上して頭を冷やすべきでしょう。それが電通に大きなダメージを与えることができる方法ですしね。






 午前中に田崎市場方面に出かけることにしました。

イオンタウンのダイソーで買い物して、月に一度の感謝デーをやってる味千ラーメンでランチをと考えたのですが、その途中にダメージが大きかったマンションがあったことを思い出しましたのでチェックしてみました。つい最近も余震で崩壊したアパートのことを報じていましたが、マンションの破損状態も悪化しているのではと危惧していたのです。さほど危険性は増してはいない感じでしたが、3度目のM7クラスの大地震が発生するとマンションがJRの高架側に倒れてしまうかもしれません。

新幹線が脱線しただけで復旧に数日かかっていましたが、高架を崩壊させてしまうと復旧するのに数ヶ月を要することになるので鹿児島経済にまで悪影響を与えてしまうことでしょう。熊本駅に近いので新幹線は徐行運転している場所ですが、走行中の新幹線を崩れたマンションが襲うようなことがあれば熊本地震の死者数は倍増してしまうでしょう。






 イオンタウン田崎の駐車場は混んでいました。

オープン当初はイオンの建物だけでしたが、ラウンドワン方面に味千や名古屋のコメダ珈琲などが進出していましたので日曜の昼はこんな状態が続いているのでしょう。イオンタウンの2階のダイソーで買い物を済ませてコレを撮影したのですが、味千ラーメンの前に行列ができていましたので止めておくことに。並んでまで食べたいものでもありませんので。それでイオンで食材を購入して帰ることに。






 気になっていた写真館をチェックしておきました。

2012年の11月24日にブログに書いたことがある新町の中央郵便局の近くの富重写真所ですが、日本最古の写真館ということだけでなく経営が継続中の写真館としては世界最古になるのではという話でしたので心配していたのです。建物は外から見ると無事のようでしたが、その貴重なカメラ資材やガラス製の乾板などのダメージが気になります。反対側の入口はシャッターが下りていましたが、ご近所の饅頭屋さんに訊いてみたら日曜で休みだっただけみたいです。






 県民百貨店の建物はまだこんなに残っていました。

日曜だったためか重機は動いていないようでしたが、もしかしたら熟練作業員が立野や南阿蘇の崩落現場に引き抜かれたのかもしれません。また解体したゴミ処理はパンク状態で、非常事態ということで近隣県に処分をお願いしているようです。最近の熊本市民の意見としては、この県民百貨店の跡地に建設予定のMICE施設を止めるべきだというのが目立ってきました。採算性が悪そうな箱モノに貴重な税金を使うべきではないという意見ですが、当然な話ですよね。桝添に投票した都民も少し反省してるでしょうが、熊本市長選でMICE推進派の現市長に投票した人たちも同罪だと思います。






 ランチはマテ貝のちゃんぽんを作ってみました。

イオンタウンで旬のマテ貝に半額のシールが貼ってありましたので、同じように半額に値下げされていた生麺と共に購入したのです。その他の野菜類も含めて材料費は200円くらいでしたが、味千の感謝デーで300円になるラーメンより満足度は高いものでした。もちろん作る手間はかかりましたが、自炊ならビールと共に楽しめましたし。






 熊本の一新小学校に珍しい人たちがやってきたようです。

東日本大震災後に円谷プロダクションを中心に「ウルトラマン基金」が設立され、各地の小学校でウルトラマンショーを披露してるようですが、今日は熊本地震で被災した子供たちを癒やしてくれたようです。荒尾市のグリーンランドなどでやってるウルトラマンショーを無料で見ることができたわけですし、荒尾にはやってこない元モー娘の辻ちゃんの旦那さんも来熊していたので、お母さんたちの方が喜んだかもしれません。






 人吉市では恒例の繊月まつりが行われたようです。 

昨年の11月20日にSL人吉を追っかけた後に工場見学させていただいた繊月酒造のイベントですが、熊本県南部は被害が大きくなかったのでしょう。

公式ウェブサイトをチェックしてみたら毎年5月の「繊月まつり」を開催すべきかどうか迷ったそうですが、熊本復興支援イベントとして開催することに決めたようです。繊月酒造のイメージキャラクターの宇梶剛士さんも参加されて鏡割りが行われて新酒などが振舞われたようですが、酒や屋台の食べ物など売上金は熊本の復興の為に全額寄付されるようです。






 久しぶりに映画館に行列ができたようです。

それは新市街の電気館で熊本でロケされた「うつくしいひと」という短編映画のチャリティ上映が行われたからでしたが、並んでるのは女性が多いみたいでしたので監督や主演俳優のトークや握手が目当てだったファンも多かったのでは。この作品が完成した後にネットで無料配信されたみたいですが、チャリティで役に立つならと前向きな気持ちで参加された人も少なくなかったでしょう。

それに文句はないのですが、客席で涙を流す人を報じるのっていかがでしょうか。撮影後にニュースで流したいと承諾を得ているのなら話は別ですが、暗い映像なので大丈夫だろうと判断したとすると問題では。またやらせで泣き女を座らせたとするとアウトでしょう。






 この女性も熊本県の出身だったようです。

私はスポーツに興味が無いので、このタイプの人が画面に現れると早送りしてしまうので、どんな人なのかよくわかりません。ネットで検索してみたら東北大震災の1年後に日本テレビ系列で放送された「復興テレビ みんなのチカラ 3.11」という番組に出演していたみたいです。来年の4月に似たような番組が作られるなら、またキャスティングされるかもですね。タイトルは「復興テレビ2 みんなのチカラ 4.14」かな…(笑)





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/05/22(日) 23:59)

<<半額になっていた天草産のイトヨリダイを使って作ってみた料理は… | ホーム | 表紙に復活と書かれた雑誌を見てサミシイ気分になった理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3725-ccb6eaa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア