新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  福岡の福津の海岸をドライブした後に期待せずに向かった先は…


 今朝は先日と違ってスッキリと晴れてくれました。

それでイケアで朝食を食べる前に福津の海岸をドライブしてみることにしたのですが、明るい時間帯だと残念な部分が見えてしまいました。まあそれでも福津や糸島半島などは大都市の福岡に近いわりには自然の海岸線が残っていて悪くは無いのですけどね。ついつい海外の海岸と較べてしまうのですが、店は急増していますがのんびりしていて良いエリアです。ただ北朝鮮や中国で政治的な混乱が起きたら難民が押し寄せてキビシイ状態に陥るでしょうが。






 イケアの福岡新宮店の朝食は9時半からでした。

他の支店は9時からだったので少し前に到着したのですが、駐車場がガラガラでしたのでイヤな予感がしました。地元の人は開店時間を把握されてるのでしょうが、チェーン店は全国的に統一すべきだと思います。まあ文句を言っても仕方が無いので対面のJRのマンションや新宮駅の周辺の変化をチェックしてみたのですが、半年ぶりくらいですから特筆すべきものは何もありませんでした。






 イケアの隣のカインズホームは9時からの営業でした。

それで時間をつぶすために九州初上陸の1号店に足を踏み入れてみたのですが、あまり巨大過ぎなくてまあまあでした。今の時代を反映してペット関連の売り場が充実していましたが、ペットクリニックやドッグランなどもあって充実していました。カインズホームは九州では知名度が低いので特色を出そうとしているのでしょう。






 9時半になったのでイケアの2階に直行しました。

イケアの朝食マニアとしてはショックでしたが、11時までのハッピーメニューとして300円のホットミートボールサンドだけに変更されていましたのでガッカリでした。ミートボールは前回の食べ放題イベントで食べ飽きていましたので、イケア・ジャパン10周年記念の「ご当地グルメ オープンサンド 第二弾」の大阪の鶴浜店が考案したという設定のナニワサンドを試してみることに。

見た目重視でクロワッサンに浅く切り込みを入れたオープンサンドはまあまあでしたが、500円でしたので割安感はありませんでした。まあ朝の30分間はコーヒーが無料でしたし、ナニワサンドにはオマケでたこ焼きと玉子焼きが付いていたので悪くはありませんでしたが。






 新宮からアイランドシティ方面に遠回りしてみました。

それは今年の2月に「ベジフルスタジアム」という福岡市の青果市場が完成したとネットのニュースで見かけたからでしたが、あまり面白そうな雰囲気では無かったのでスルーすることに。埋立地のアイランドシティは寒々しい雰囲気なのですが、福岡の子供たちの食育のためにも何か新しいコンセプトの施設が相応しいように思えましたが。






 時間があったのでフードウェイという店に寄ってみました。

アイランドシティにはマンションが増えているのですが、これまでは買い物は橋を渡って対岸のイオン香椎浜店まで走る必要がありました。熊本や大分で大地震が発生したこともあって今後も福岡の一人勝ちが続きそうですから、アイランドシティには大き過ぎるのではと思える商業施設がオープンしていました。品揃えも悪くなくて近所の住人には便利そうでしたが、アベノミクスの失敗の余波でゴーストタウン化してしまうこともあり得るでしょう。






 福岡在住の友人とやまやで待ち合わせしました。

熊本では売ってなさそうなチリ産の3リットルワインなどを購入して、まずは友人の馴染みの博多ラーメン屋に向かったのですが、残念ながら休みでした。それで次の候補の蕎麦屋に行ってみたのですが、ランチタイムで混んでいました。福岡発の郊外型外食チェーンのウエストの系列の「生そば あずま」 という蕎麦屋の香椎浜店でしたが、蕎麦が3玉まで同一料金という設定でしたのでお願いしました。運ばれてきた時は「食べ切ることができるかなぁ…」と心配でしたが、サッパリしていていましたので簡単に完食できました。






 友人と再会を約束してパン屋に行ってみました。

たしかWBSで見た東区の箱崎6丁目の線路脇の「パンストック」という小さな店でしたが、研究熱心なオーナーが試行錯誤の末に冷凍しても風味が落ちにくいパンの開発に成功したので、近隣の共働き夫婦が大量購入するライフスタイルに変わったという話でした。銀座の食パン専門店の「セントル ザ・ベーカリー」もそうでしたが、この店は高品質っぽい感じでしたが価格は福岡の高級店の水準でしたので悪くありませんでした。近くのフルフルという有名店じゃ数量限定の明太フランスも何本でも購入できましたし。






 「道の駅 たちばな」で少し買い物しておきました。

まだ空は明るかったのですが、17時を過ぎていましたので閉まっているかなと予想していました。しかし後片付けは始まっていたものの、レジは開いていたので200円だった四方竹を購入しておきました。いつも国道3号線を通る時にはこの地域の名産の孟宗竹を購入するのですが、売り切れていましたので。まあ四方竹の方が下準備が簡単ですので悪くはありませんでした。






 熊本県に入って「道の駅 小栗郷」にも寄ってみました。

こちらも閉まっているかと思っていたのですが、駐車場がほぼ満車でしたので驚かされました。奥の会議室っぽい部屋で生産者の勉強会みたいなものが開催されていたのですが、これからの観光シーズンで筍の収穫が終わった後にどのようにドライブ客にアピールするかとか、復興祈願イベントなどについて話し合われていたのかもですね。

こちらにも売り場には孟宗竹は無かったのでトイレに行った後に駐車場に戻ろうとしたら、Wi-Fiのポスターがあるのを発見しました。6年前にイギリスをドライブした時にサービスエリアがWi-Fiが標準装備であることに気がついて日本もそうあるべきだと思いましたが、ようやくキャッチアップしつつあるようです。






 山鹿市のさくら湯に寄ってみることにしました。

「道の駅 小栗郷」でさくら湯の公式ウェブサイトをチェックしてみたら、無料駐車場は八千代座の北側だけでした。そこに停めて冷やしておいた缶ビールを飲みながら夕暮れの町を歩いたのですが、ちょうど有名な俳優さんが出演していた芝居が終わったばかりみたいでした。ランチを食べ過ぎた私は今晩は缶ビールだけで十分といった感じでしたが、俳優さんと演劇関係者の皆さんは近所の居酒屋で馬刺で一杯を楽しまれていたのかもしれません。






 山鹿市では大地震の被害は少なそうでした。

福岡県からの道中で屋根にブルーシートをかけている家はごくわずかでしたし、ブロック塀が倒壊してる家も無さそうでした。「やはり活断層から距離があるためなんだろう…」と思いながら歩いていたら、ある古そうな洋風な建物が被災していそうなのを発見しました。この建物だけ地震により窓ガラスが割れたとは思えないのですが、もしかしたら地震とは無関係なのかもです。




2016kyusyu2

 初めてのさくら湯は期待を裏切りませんでした。

通常でも入湯料は300円と銭湯より安いのですが、とりあえず今月いっぱいは被災者支援として無料でした。これまでも何度か無料開放された日に行こうかと考えたことはありましたが、温泉だけのためにガソリン代をかけてドライブする気になれなかったのです。今日は熊本市に戻る途中でしたし、山鹿市の被災状況もチェックしたかったのでタイミングが良かったのです。

さくら湯に来てる常連さんたちは静かでしたし、独特の昭和っぽい風情もあって楽しむことができました。湯船でのんびりして酔いが醒めてしまいましたので湯上りにもう1缶飲りたい気分でしたが、グッと我慢して温泉水を飲んで喉の乾きを癒しました。




お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/05/26(木) 23:59)

<<これから梅雨の時期を迎える熊本市で危惧されることは… | ホーム | 宿泊客が少ない温泉宿で朝湯を満喫した後に出かけた所は… >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3729-9bdec9c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア