新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 熊本県の予算が過去最大となると知って考えさせられたことは…


 熊本県の予算は過去最大となるそうです。

熊本地震対策費の1393億円を盛り込んだ補正予算案のニュースがあったのですが、新たに4000戸の仮設住宅を盛り込み、6月補正後の一般会計総額は9335億円と県政史上過去最大になるそうです。納税者である日本国民には最低限の生活を国が保障すべきですし、5位の農業県の熊本が大地震から復興することは将来の食糧危機に対しても意義があることでしょう。

世襲総理が次の選挙で勝ちたいために消費増税を先送りして国の財政はますますキビシクなりそうですが、そんな時期に国の予算を熊本の復興のために使うことは慎重であらねばならないでしょう。熊本の災害を他人事と考えずに「買って支援」をしてくれたりする心優しい方がたくさんいらっしゃるでしょうが、熊本県庁には予算の大幅増を喜んでいる古い体質の連中もたくさんいるでしょうからね。






 こんな熊本の被災者向けの支援がありました。

宮城県が熊本の被災者を宮城県内のホテルや旅館に受け入れる事業が始まったのですが、せっかくの面白い企画なのに情報量が少な過ぎて残念ですよね。私は毎年のように宮城県に行ってましたので宮城県の状況は理解していますが、普通の熊本の人には敷居が高いでしょうしね。次の旅行の予定が無ければ私も申し込みたいのですが、その最大の理由はイケアの朝食マニアの私がまだイケア仙台店の朝食を試していないからなのです。(笑)






 朝の帯番組の生放送は相変わらずのヌルさでした。

今朝も熊本弁バージョンのラジオ体操の後で県内の高校の合唱部の生中継が行われていましたが、この高校の関係者以外は私と同じように早送りしているんじゃないかと考えたりしました。この合唱部の皆さんはブルーレイなどに永久保存版として焼いたりするのでしょうが、30年後くらいに「がんばろう熊本」の文字を見て地震のことを懐かしく思い出されたりするのでしょうね。






 開店前から老舗百貨店は行列だったそうです。

4,14から1ヵ月半も経ってようやく全館開業となったわけですが、再開発のために県民百貨店は閉店してしまい180万の人口の熊本県には百貨店は鶴屋だけになりましたので、復活を待ち望んでいた高齢者は多かったようです。イケアの朝食マニアの前にモールマニアだった私の評価は低いのですが、近いうちに1ヶ月ほど休んでいた間に売り場に工夫がされているかをチェックしてみるつもりです。先日の新聞の折込広告を見た限りでは期待薄ですが…






 久しぶりの熊本県の広報番組はヒドいものでした。

まず熊本県知事が会議室の壇上から県民に語りかけ、途中からくまモンを呼んで「私も地震以降は初めて会うんですよ…」と久しぶりにハグするというあざとい演出でした。西新宿の都庁の知事室でネットオークションばかりしていたと思えるYMASUZOEは就任時に都知事のイスの座り心地を訊かれて「悪くないけど、私は忙しくて座ることは少ないだろう…」とか言ってましたが、政治家は世襲総理を筆頭に嘘つきばかりだなとうんざりさせられました。(笑)






 上天草市では独自のキャンペーンを工夫したようです。

9月末まで1万円以上で3000円、1万円以下なら2000円の割引ということですが、7月から始まる「観光復興プログラム」だと最大7割引となるというニュースがあったばかりですのでインパクトが少ないですよね。キャンペーンを行う場合は上天草市は隣接する天草市や苓北町と歩調を合わせるべきでしょうし、長崎の雲仙や鹿児島の長島町へ周遊しやすいように工夫すべきだと思いますが。






 世襲総理の「新しい判断」ってムカつきますよね。

サミットで欧米の賛同は得ることができなかったのに「リーマンショック並みの危機が…」とムチャクチャな理由で「新しい判断」をしていましたが、まずはアベノミクスが上手く行かなかったことを国民に謝罪すべきでしょう。アベノミクスという概念は大企業が内部留保を最低限にして正社員を増やして給与を物価の上昇と同水準にアップしなければ行き詰るのは最初から予想できていたのですが、その失政を外部要因や熊本地震のせいにするのは「ゲスの極み」でしょう。

国民に向けて何を語るのかと思ったら「アベノミクスのエンジンを最大に…」と色褪せた戯言を偉そうな態度で喋っていましたが、「それくらいの演説はプロンプターを使うなよっ!」と罵倒してやりたくなりました。どうせ世耕あたりの入れ知恵で消費増税を先送りすることで7月の選挙では勝てると判断したのでしょうが、やりたい放題で都民から見放された桝添と同じ失敗をするのではと楽しみです。






 日本在住の外国人記者は私と同じ意見みたいです。

BS-TBSで放送されている「外国人記者は見た!」という番組は司会の軽そうなのに深いパトリックハーラン氏のトークが面白いのですが、ゲストの外国人記者たちが諸事情により権力に屈している日本人記者と違って自由に持論を述べているのも評価できます。消費増税の再延期についてはアベノミクスの失敗と言い切り、世襲総理がサミットの発言は国内問題のための政治利用をしていたと思うかという質問には全員がYESと手を挙げていました。






 今日から熊本城のライトアップが復活しました。

1ヵ月半も経ってようやく復活したわけですが、あまりにも遅過ぎるように思います。熊本では余震が続いているので安全最優先で工事も慎重に行わなければならないことは理解できるのですが、照明の工事だったら時間はかからないだろうと思いますが。

今日からのライトアップは以前と同じ白い色調のライトが使われているようですが、私は熊本城の修復が終わるまではブルー気味の色調を選ぶべきだったと思います。熊本地震の犠牲者に対して弔意を表す意味と修復するまで冷静に努力し続けるという気持ちを表現するにはブルーが相応しいと思えるのです。






 福岡出身の女性からのメッセージもありました。

最初はお笑い番組で見かけていたモデルさんですが、最近はすっかりお笑いとは距離を置かれているようです。この撮影時はやけにはにかんでいる感じなのですが、メイクの具合でほろ酔いっぽく見えてしまいます。優しい口調で語りかけるのは悪くないと思いますが、死者も出た災害ですから、もう少し配慮されても良かったのでは。





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/01(水) 23:59)

<<被災地の熊本で多少は気を使ってあるなと感じたことは… | ホーム | 少し驚かされた大災害に対する都道府県別の危機意識の差は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3735-f79f2015
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア