新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 被災地の熊本が梅雨入りした日の午後に作ってみた料理は…


 ついに苦手な梅雨に突入してしまいました。

まだ余震が続いていますので、地盤が緩んだところに大雨が降ったりすると新たな地滑りなどの危険があります。地震も梅雨も非力な人類はどうしようもないことですので空を見上げてため息をついた後にランチを食べることにしたのですが、冷蔵庫の残り物から堅焼きそばにしてみることに。中国旅行の前ですが、堅焼きそばは大陸では見かけませんので問題ありません。






 午前中のローカル番組は相変わらずでした。

週末のイベントなどを告知したい3つのグループがクイズに成功すると告知タイムをゲットできるというのはコスられ過ぎている手法でしたが、その撮影場所はテレビ局のロビーとコストをかけない方針でした。ごく稀に役に立つ情報があるので録画しておいて早送りしてチェックしているのですが、CMをワンボタンで簡単にスキップできるHDレコーダーが普及している中でこんなことを続けていて大丈夫なのでしょうか。地方局の番組制作能力の低下は深刻だと思います。






 山鹿の八千代座の演劇公演のことを見かけました。

先月の26日に福岡に行った帰りに山鹿市のさくら湯に寄ったのですが、その時に八千代座で佐々木蔵之介さんたちが舞台公演されたことを知りました。その終了後に収益金の一部の約370万円を被災地への義援金として舞台上で県職員らに手渡たされたそうです。

もちろんそれだけでも十分に被災地のためになるのですが、もし新幹線でなくて飛行機で羽田にお帰りであれば益城の避難所に寄って分配していただければ良かったのでは。






 ヤボ用があったので夕方に上通方面に出かけました。

その時に信号待ちしている時に投げ銭システムの西原村の復興支援ライブの看板があったので撮影したのですが、こういった小規模なものもあちこちで開催されているようです。それぞれが自分の交流がある地域のために行われているのでしょうが、そのいくつかをまとめて中規模なものを開催するのが効果的だと思いますが。

梅雨が終わって最大7割引きの旅行クーポンが発行されはじめたら広域からの集客も期待できるはずですし。






 ヤボ用の帰りに熊本駅方面に行ってみることに。

24日の夕方にシンガポールの友人が来熊した時に熊本の歴史ある問屋街も案内したのですが、その時は薄暗かったので撮影はしませんでした。ローカル番組で老舗のフレンチは工事を終えたら再開予定という話でしたし、その隣の自然食品店は電車通りの事務所があったビルの仮店舗で営業中ということでした。高度成長期の地上げに耐えてきた貴重な建物が残っている地区ですので、なんとか元通りに再建していただきたいものです。






 この店は復旧の目処が立たないようでした。

店内に足を踏み入れたことはありませんでしたが、和風な食器などの雑貨販売と軽食を楽しめるカフェみたいなものの複合店でしたが、外から見た限りでは大きなダメージは無さそうでした。もう4,14から1ヵ月半になりますのでライフラインはすべて回復しているはずですが、もしかしたらキッチンやトイレなどの水回りに深刻なダメージが発生しているのかも。まあそれなら時間とお金をかければなんとかなるのでしょうが、オーナーさんの心が折れていたりすると…






 通行止めになった白川橋に初めて行ってみました。

活断層から少しだけ離れている熊本市内では新幹線は脱線して止まりましたが、在来線は無事でした。また熊本市電は線路の歪みを応急処置して2~3日後には走りはじめました。益城や嘉島では高速道路がダメージを受けて通行止めになっていましたが、熊本市内では橋の崩落は免れたようです。

一般道はあちこちで外壁の落下により通行止めになってましたが、私が知る限りでは橋の付け根の部分がダメージを受けて段差ができていたのはここだけです。調査が終わって改修工事が始まったようですが、産業道路は大動脈だけに遅過ぎるように思います。






 買い物に行ったスーパーで小さな発見をしました。

大正8年に鹿児島で会社が設立されたというセイカ食品はクラシカルなデザインのパッケージの「ボンタンアメ」を作り続けているのですが、その新しいパッケージには小さな見本みたいなものが取り付けられていました。ボンタンアメのことを知らない若い世代のために工夫されたものでしょうが、それは会社の存続をかけた重要な決断だったのかもしれません。






 世襲総理の一行がまた熊本にやってきたようです。

4.14後に世襲総理はしばらくの間は永田町から自衛隊員に指示だけしていたようですが、北海道の補選の前に来熊して点数稼ぎをしていました。その後にもう一度やってきて、サミット後にムチャクチャな論理で消費増税の先送りをして評判が悪いので「被災地に向き合う」アピールをしておくことにしたのでしょう。

今回も天皇のマネをして避難所で膝をついて握手して回っていましたが、このアピールは効き目があるのでしょう。さすがに最近はアベノミクスが失敗してるという認識が広がっていますし、日本幸福党以外の野党は候補者を統一するようになっていますので、選挙前にあちこちに顔を出しておくことにしたのでしょう。






 私はいつも有名人のメッセージを紹介してきました。

今回は2度目の熊本出身の書道家のものですが、今回は被災者に言葉をかけた後に筆を握っていました。私は書道の知識が無いのでよくわかりませんが、あまり上手くないのではと思えてしまいます。まあ「頑張ろう」と書いていなかったので文句はありませんが。(笑)





料理 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/04(土) 23:59)

<<熊本城が描かれた新聞の折り込み広告に感心させられた理由は… | ホーム | 筍とズッキーニの和風パスタに合わせてみた白ワインの味は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3738-8de3c5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア