新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  和食には飽きているのにスーパーで寿司などを購入した理由は…


 KLから新千歳空港に帰国したのは1月末でした。

それで和食には飽きているのですが、スーパーで寿司が半額になっていましたので衝動買いしてしまいました。KLのスーパーでは不味そうな寿司が半額でも10リンギ(約263円)だったりするのですが、熊本なら値引き前の値段が298円と安いのです。

その他にいろいろと買い物したのですが、77円の赤ピーマンと99円の生姜はお買い得でした。さすがに農業県の熊本は安いものが見つかります。これもアベノミクスが失敗してる証拠のひとつでしょう。






 ニュースでは舛添のことをしつこく報じています。

奥歯にものが挟まったような言い訳に納得できないというのが100パーセントに近いというのに「都民の信頼を回復できるように…」と辞める気を見せないのでサンドバック状態になってるわけですが、桝添に投票した連中を批判する論調が皆無なのがおかしいと思います。

あるニュースでは熊本地震の発生時に桝添がファーストクラスに乗ってワシントンDCの桜まつりに行き、オープンカーではしゃいでいた様子を批判的に報じていましたが、自民党の国会議員で被災地のことを深刻に考える人間なんて一人もいないでしょう。桝添は選挙の時に多摩の路上で地元の有権者にウケが良い演説をして、当選したらほとんど足を踏み入れなかったそうですが、桝添は元からそんな人間だということを見抜けないヤツがアホでしょう。






 熊本の野党統一候補はふくよかな女性でした。

大阪の堺市出身の弁護士らしいのですが、高校時代から熊本の八代で暮らした元シングルマザーという話でした。九大を卒業して2003年に司法試験に合格して。貧困や女性問題に取り組んできたみたいです。アベノミクスの失敗により貧富の格差が拡大して飽食の時代に3食まともに食べれない子供も増えてきているとか。

与党は多摩での桝添の演説のように被災地に寄り添うフリをして、選挙前に最大7割引になるクーポンを配って話題つくりをするのでしょう。またもしも選挙前に「保育園落ちた 日本死ね」みたいな風が吹いて自民の候補者がヤバいと泣きついてきたらおばさまに人気の小泉の息子を投入したりするのでしょう。それくらい善戦してくれれば良いのですが…






 今回も世襲総理は争点を隠して戦うようです。

桝添に心を入れ替えて都政を頑張ってほしいと願う人がいないのと同じように、最初から無理があるアベノミクスに期待する人なんてほとんどいないでしょう。世襲総理は「アベノミクスのエンジンを最大限にふかす」と具体的じゃない絵空事を公言していましたが、そんなことができるのならマイナス金利を導入する前にやれよとツッコミを入れたくなりました。

前回の選挙では争点を経済問題だと言って勝利し、選挙前には隠していた戦争法案を強行採決してしまいました。それを批判されるとマニフェストに書いていたので、国民から支持されて国会で多数派となったので法案を通すのは当然といった傲慢さでした。今回もマニフェストの最後に小さく憲法改正について書かれていますが、同じ手法で騙せると考えているのでしょう。国民もナメられたものですね。






 福島の白河市長が義捐金持参で来熊されました。

5年前に被災して熊本のことを他人事と見ることができなかったのかもですが、石垣の補修工事を行われている身として貴重なアドバイスもしていただけたようです。

やはり白河市ではジグソーパズルのように昔の写真を元に地道に積み上げられているみたいですが、桜の馬場から見える部分などはそういった在来工法が相応しいでしょう。しかし熊本城での崩れた場所はあまりにも広範囲すぎますので、目立たない場所は安価なERPなどを使って予算の総額を抑えるべきでしょう。






 九重に被災ペットの保護施設が作られたそうです。

益城町の避難所にもペットを預かるコンテナがありましたが、熊本地震で被災して避難所や仮設住宅で暮らすことになって飼い主がペットと共に暮らすことが難しくなることが予想されていました。「九州動物福祉協会」という団体により九州電力所有の元キャンプ場の一部が借り上げられ、古くなったバンガローを改修して犬や猫など最大500匹が受け入れられるとのことでした。悪い話では無いのですが、熊本市内からだと2時間以上かかりますのでペットの負担が大きいでしょう。






 広島では折り鶴の展示が始まったそうです。

平和記念資料館でオバマ大統領が手伝ってもらって折った鶴が8月末まで展示されることになったということでしたが、それに文句があるわけではありません。しかし日本のマスコミはノーベル平和賞を受賞したオバマは核のボタンを内臓したバッグと共に広島入りして、これからの数年で1兆ドル投資してアメリカの核兵器の近代化を企んでいる政治家であることを前置きして伝えるべきだったと思います。

またアナウンサーは「オバマ大統領が折った鶴」と断定的に報じていましたが、証拠が無いことを美談風に伝えることはいかがなものかと思います。オバマが多額の思いやり予算を支払ってくれる国に対して米軍関係者による強姦殺人事件後の印象を良くしたいと折り鶴を持ってきたことを否定する気はありませんが、本人が折るシーンを確認していないのであれば、断定的に伝えちゃダメでしょう。






 今年の上期のヒット商品番付の発表は笑えました。

東の横綱が「安値ミクス」だったのですが、編集部の気持ちはわかりますが響きが悪いですよね。アベノミクスの失敗により消費者の安値重視の傾向が続いているわけですから「アホノミクス」の方がピッタリなのですが、円安で輸出が増えることを無批判に良いことのように報じてきただけに世襲総理の内閣を刺激し過ぎないように配慮したのでしょう。

「アホノミクス」は安部がアホだと喧嘩を売るような感じですが、「安値ミクス」なら総理は頑張ったけど内外の複合要因で国民が低価格重視になったと責任回避の片棒を担ぐことができますので。ちなみに西の横綱は「マイナス金利特需」でしたが、今期のヒット商品番付はあまりにもサミシイですよね。これも「アホノミクス」の悪影響で日本の大企業が自社の抜本的な改革を先送りしたからでしょう。その真実を報じない日本のマスコミは世襲政治家たちと同罪だと思います。






 地震で遅れていた蔦屋書店が明日オープンします。

本当は大型連休前の4月28日くらいに新装開店するはずだったらしいのですが、2度の大地震で古い建物の外壁にクラックが発生していましたので安全なレベルまで補強するのに時間がかかったようです。それで大阪店より遅れることになってしまいましたが、私は人口が少ない熊本は地震が発生したこともあって消費が伸びなくて苦戦するんじゃないかと予想しています。






 この人は街で会ってもわからないと思います。

ウィキペディアによりますと神奈川県出身のシンガーソングライターで、熊本とは特に関係性は無いみたいです。今月末に福岡でコンサートが行われるので熊本のファンにも来て欲しいと考えておられるのかもしれません。それとも熊本に何らかのコネクションがあり、福岡公演の前後に来熊されて避難所を慰問される考えがおありなのかもです。






こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/09(木) 23:58)

<<渋滞覚悟で久しぶりに熊本の中心部に出かけてみた理由は… | ホーム | ようやく始まった熊本城の石垣撤去工事を見て考えたことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3743-a599551e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア