新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 渋滞覚悟で久しぶりに熊本の中心部に出かけてみた理由は…


 熊本の中心部の渋滞にはイライラさせられます。

以前から熊本市の都市計画の遅れからボトルネックが解消されていないことが原因なのですが、4km四方くらいの狭いエリアにNHKや熊本市役所など時代に合わない建物が居座っていることも理由でしょう。復興関連の公用車が増えたこともあるのですが、役所への手続きや買い物などのために近隣市町村からやってくる人も少なくないのでしょう。

2本のアーケードのほとんどの店は営業再開しているのですが、こんな感じでまだ再開していない店が並んでいる場合もあります。それぞれに再開できない理由は違うのでしょうが、もうすぐ2ヶ月ですから収入がゼロなのはかなりの負担になっているのでしょう。熊本市による空き店舗への補助はあっても、地震が原因の家賃補助は無いはずですから。






 6月19日は父の日だということに気づきました。

えげつない商業主義に乗るつもりはありませんのでデパートのディスプレイを見てもスルーすることにしたのですが、ガラス面に傷があったので立ち止まってしまいました。その傷はディスプレイの内側にあったのですが、2度目の本震で内部の展示物が倒れてダメージを与えたのでしょう。さほど大きな傷で無かったので新品のガラスに交換することは見送られたのでは。






 本日オープンの蔦屋書店はかなりの賑わいでした。 

5月21日に行った時に地下の書店の部分は先にオープンしていましたし、どうしても建物が古いので新鮮さに欠けていました。九州では福岡や北九州に続いて3番目の格安スマホの店や中心部では初めてのカルディコーヒーなどあって悪くはありませんでしたが、代官山、二子玉川、函館、湘南と大型の新築の支店を見た後ですから見劣りしてしまいました。

熊本県だけの特色もこのローカル書籍のコーナーくらいしかありませんでしたし、せっかくの歩行者専用道路に面しているメリットも生かしていませんでした。籠町通りと交わる部分など大改装して利便性を高めるべきだったのではと思いますけどね。まあ改装中の大地震が発生したことで予算を圧迫したことがあるのでしょうが、期待していなかったのに期待ハズレでした。






 蔦屋には長続きしそうにない店がありました。

宮崎市の寿司店の2代目が経営してるらしい「九州パンケーキ」という女性向きの店でしたが、タリーズコーヒーのフランチャイズで成功して貯めた資金でオリジナルの開発に挑まれたようです。九州の素材だけで作られている健康志向のパンケーキというアイデアは悪くはないのですが、熊本の消費者の心に響くとは思えませんが。

ちなみに「九州パンケーキ」の社長さんは6月2日に放送された「カンブリア宮殿」に出演されたらしいですが、福岡県以外はテレビ東京系列局が無いのでBSでの再放送を待つしかありません。それは「九州パンケーキ」の追い風にはなるでしょうが、大地震で冷え込んだ消費者心理を回復させることはないでしょう。






 いつものように「みやはら」で買い物しておきました。

10時から開店していたように記憶していましたが、11時からでしたので少し待たされました。開店前には15人ほどの常連さんが待っていましたが、それも他に較べて割安感があるからでしょう。

ちなみに蔦屋の食料品店も高品質っぽいわりには高いわけじゃありませんでしたが、やはりこの店と較べてしまうと割高に感じてしまいます。これもアベノミクスが失敗したせいですが、ここに並んでいた皆さんは私の意見に賛同していただけることでしょう。






 ここに地震復興がテーマの店ができるみたいです。

先週の熊本の若年層向けの番組で計画を知ったのですが、が担ぎ出されることになったようです。フジバンビの新聞広告でも見かけたスゴいコピーの看板がありましたが、私は喋らない設定のゆるキャラと一緒だと違和感がありますが。

相田みつおのように筆文字で書かれたのは「がんばる県 くまもと県 負けん県 立ち直る県 愛しとるけん 信じとるけん!」でしたが、あまりにも雄弁過ぎるように思えます。くまモンはやんちゃな小熊という設定だったはずですが、欲張り過ぎてしまうのは得策では無いでしょう。






 この飲食ビルは「元気に営業中!」ということでした。

ここの1階には吉野家の支店がありましたが、このバナーが無ければ常連客以外は入店しないでしょう。2016年では世界でいちばん地味な吉野家の支店かもしれませんが、ボランティアの受け付けをしてる花畑広場には近いので地味なファサードの前で記念撮影していく人が多いのかもしれませんね。






 熊本城の正面のビルに初めて立ち寄ってみました。

熊本市役所と天守閣の中間にある高級飲食店の「城見櫓」が営業を再開するまで6階の和風の大広間を一般公開してくれているとローカル番組で見たので見学させていただいたのですが、坪井川沿いだと樹木が邪魔になって見えないので私が知る限りでは最高のビューポイントでした。

裸眼でもかなりよく見えたのですが、テラスへの出口の近くに置いてあった双眼鏡を使わせてもらったら天守閣の割れた窓もハッキリと確認できました。いつまで無料開放されるか決まっていないみたいですが、手続きなどで熊本市役所に行かれるのなら近いのでオススメできます。タイミングが良ければ飯田丸五階櫓が崩れ去る決定的なシーンを目撃できるかもしれませんし。






 老舗ホテルは来月に営業再開をするとの話でした。

熊本城に面した客室の壁に亀裂が入っていたので「解体されて建て直されるのでは…?」と推測していたのですが、どうやら補修で済ませることになったようです。さすがにしばらくの間は巨大地震は発生しないだろうと考えて、7月からの最大7割引になる観光キャンペーンに間に合わせることにしたのでしょう。






 通行可になったので加藤神社に行ってみました。

シンガポールの友人が5月24日に来熊した時は余震で石垣が崩れると危険だからと通行止めになっていたのですが、土嚢を積んで安全性が確保できたということで裁判所側から宇土櫓の近くまで乗り入れることができるようになりました。先ほどの城見櫓よりも宇土櫓や天守閣に近いので記念撮影してる人たちが多かったのですが、NHK側から歩いてくるとちょっとたいへんです。以前は桜の馬場から二の丸広場まで運行していた無料シャトルバスを加藤神社まで走らせるべきでは。






 この崩れた部分は4,14以降に初めて見ました。

Googleマップで確認してみたら監物台樹木園の対面の戌亥櫓という建物でしたが、これまで許可を得た関係者しか入ることを許されなかったので気づかなかったのです。飯田丸五階櫓の状況と似てるのでニュースでも割愛されたのかもですが、熊本市役所はGoogleに最新のストリートビューを更新してもらうようにお願いすべきでは。ちなみにこの辺りの石垣はFRPのニセ石垣で安価に済ませても良いのではと思いますが。






 信号待ちしている時にこれを撮影しておきました。

熊本市役所の近くの熊本城稲荷神社でしたが、シンボルの赤い鳥居がダメージを受けていました。水前寺公園の参道や手取神社などでは鳥居が崩壊していましたし、藤崎宮ではズレないように金属で補強されていました。少なくなりましたが余震は続いていますので、ここの鳥居も何らかの補強が必要なのでは?





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/10(金) 23:59)

<<みやはら名物の250円弁当よりも割安感があった食材は… | ホーム | 和食には飽きているのにスーパーで寿司などを購入した理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3744-5d5b3837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア