新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 日本を脱出する前に熊本の街の様子をチェックしてみた結果は…


 日本を脱出する出発日が迫ってきました。

その前に熊本の街の様子をチェックしてみることにしたのですが、もうほとんどの店が4,14の前のように普通に営業していました。あちこちに「がんばろう!熊本」と表示してあるのは不快ですが、こういったイラストなら同調圧力を感じないのでましです。ちなみにこれはどうも原画っぽい感じでしたが、マニアにガラスを割られて盗まれなければ良いのですが…






 熊本では地元愛の押し売り的なものを見かけます。

困った時に地域の皆さんがお互いのことを思いやって助け合うことに反対はしませんが、今回の地震は活断層に近かった益城や南阿蘇などに較べて被害が少なかった熊本市で必要以上に連帯を呼びかけられると気持ちが萎えてしまいます。他の被災地に行ったことがない人たちにとっては初めての経験で、テンションが高くなりがちなのは理解できます。それで「私たちは頑張ります!」だったら構わないのですが、「みんなでがんばりましょう!」はハッキリ言って迷惑です。それぞれに自分のペースがあるわけですから。






 この銅像は2度の地震に耐えて無事だったようです。

東区の横井小楠記念館は崩壊していましたが、石と金属で作られたものは丈夫ですよね。この左手の石垣は崩落していて、3度目のM7クラスの大地震が発生しちゃうと無事でいられるという保障はありませんが。ちなみにこの左手には崩落した石垣に押しつぶされた熊本大神宮があるのですが、そこは観光客の撮影スポットになっていました。そんな皆さんは横井小楠たちに背を向けて撮影して立ち去っていましたが、知名度が低いので仕方が無いのでしょう。






 熊本大神宮はほんの少しだけ変化していました。

まだ余震が続いていますので、廃墟からは手前の部分に置いてあった貴重品くらいしか取り出していないと想像できます。私は4月16日の昼頃にガラガラに空いた道路を走ってここの様子をチェックしたのですが、鳥居の下に賽銭箱が置いてあったくらいでその頃とほとんど違いはありません。この小さな賽銭箱は夜間は奥にしまうのかもですが、ちょっと心配ですよね。






 熊本市役所の古京町別館は耐えていました。

かつて日本陸軍輜重兵第六連隊施設や家庭裁判所庁舎などとして使われてきた歴史ある建物なのですが、耐震化工事が施されていなかったためか内部はダメージを受けていて解体される危機を迎えているようです。もちろん現代の最新技術を施せば次世代のために活用されることもできるのでしょうが、熊本城や石垣の補修工事に多額の費用がかかるということですので予算を確保するのは難しいでしょう。取り壊すくらいなら厳しい条件付きで民間に払い下げることを検討すべきだと思いますが。






 桜の馬場に熊本城復興祈願のハガキが置いてありました。

版画ではなくて切り絵だと思いますが、熊本城の上空にツバメが飛んでいる和んだ雰囲気のデザインでした。裏面にあった「熊本城は心の支え 心の支えを支えよう!」というコピーは単語の重複が多過ぎて良くないと思いますが、「がんばろう」といった同調圧力を感じるものじゃなかったのでマシでした。

これは観光案内所に置いてあったのですが、この場で書いてくれたハガキをくまモンのポストに入れると無料で届けることができるくらいの配慮があっても良かったのでは。SNSでつぶやいてもらうよりも熊本の観光をアピールできると思いますが。




20160618224048057.jpg

 初めて熊本市役所の14階に行ってみました。

市役所の1階は何度か通り抜けてみたのですが、地震直後の混乱状態の痕跡は割れた窓にブルーシートがした貼ってあるくらいしか残っていませんでした。以前は罹災証明書の発行待ちの長い列ができていたりしていましたが、14階のホールに各種の相談窓口ができていて分散されて混雑はかなり解消していました。




20160618224232111.jpg

 市役所から下通アーケード側を撮影しておきました。

14階からは熊本城も良く見えるので撮影している人が多かったのですが、私はもっと近い城見櫓から撮影済みでしたのでスルーしました。熊本城の反対側はフォトジェニックじゃないので誰も興味を持っていませんでしたが、工事現場マニアの私としては日本脱出する前に再開発ビルの鉄骨を確認しておきたかったのです。




20160618224351297.jpg

 またしてもみやはらの250円弁当を購入しました。

4,14以降は3度目なのですが、コンビニなら500円くらいしそうなクオリティのものが半額ですから割安感はありますよね。250円は中国なら16元くらいですが、上海なら吉野家やサブウェイでいちばん安いものを買うことができる程度でしょう。大きめのシャケに竹輪の天ぷらが2つ付いていましたが、満腹になり満足できました。




20160618224525080.jpg

 これは熊本で唯一のアダルト映画を上映する施設です。

4,14以降は熊本県内のすべての映画館が閉鎖されたのですが、最初に復活したのは活断層から遠い天草の劇場でした。2番目はこのアダルト劇場でしたが、私はどこにあるのか知りませんでした。みやはらからワシントンホテル側に走っていたら看板を発見できたのですが、普通の雑居ビルの中にあるようでした。客席がどれくらいあるかわかりませんが、映画会社の試写室より狭そうですね。




20160618224720992.jpg

 危険だった建物の撤去がかなり進んでいました。

4月29日にブログにアップしましたが、この白川に面した場所には歯科医院があったのですが、1階の駐車場部分の柱が折れて大きく傾いていたのです。見た目が悪過ぎましたし、歯科医院は熊本でも飽和状態ですので税金で解体される特権を利用されることにされたのでしょう。容積率いっぱいのテナントビルに建て替えて、桜並木を眺めることができることをアピールされるのでは。




20160618224825748.jpg

 大甲橋の脇の学習塾のビルも解体されていました。

大きな余震があればビルの壁が崩落する恐れがあったようで、川沿いの抜け道を2ヶ月以上も通行止めになっていて不便でした。もう解体作業は最終段階でしたので週明けには通行できるようになるのでしょうが、もうすぐ日本脱出する私はその恩恵を享受することはできません。もう1ヶ月くらい早かったらと悔しいのですが、解体業者は忙しいので仕方が無いのでしょう。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/06/18(土) 23:59)

<<梅雨の日本から脱出するので冷蔵庫を整理するために選んでみた料理は… | ホーム | ヤボ用があったので午前中に出かけた東区役所で考えたことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3753-279674cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア