新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 早朝に観光案内所で国内移動方法を確認してから出かけた場所は…


 今朝はメダン駅の近くの観光案内所に行きました。

昨年の滞在中に偶然に見かけた政府関係の案内所でしたが、空港にあるのは民間の案内所みたいですので貴重な存在だと思います。しかしこの目立たない外見から推測できるように地図なども印刷物はまったく置いてなくて仕事をする気があるのかと疑ってしまうほどです。

まあそれでも私がいろんな地元民に訊いておいたクルニアというバス会社からバンダアチェ行きの夜行バスが運行されていることの確認はできました。その会社は駅からだと7kmほど西に位置していますので、間違いだったりすると大変ですからね。ちなみにこの案内所でバス会社のインドネシア語のウェブサイトがあったことを伝え、パソコンで運行時間や料金をチェックしてもらえないかと頼んでみたのですが、やんわりと断られました。オフィスのパソコンで調べて戻ってくるのが面倒だったみたいでしたが、それくらいなら手元のスマートフォンでも調べることができたでしょうに。






 私は旅行に不可欠なものを無くしてしまいました。

それは部屋でお茶やコーヒー、インスタントラーメンなどを作るのに欠かせないコイルヒーターでしたが、最近はカンボジアでさえ見つけるのに苦労するほどの絶滅危惧種なのです。今朝もさんざん探しているのですが、インドネシアには残っていないのかと暗い気持ちになりました。

これはジャカルタに本店がありそうなティーンエイジャー向きの店ですが、店員がAKB風な制服っぽいのを着ていました。もちろん肌の露出度は本家に較べると少ないのですが、インドネシアも若い女性はこの程度まで来ていますので、コイルヒーターが店頭から消え去るのも当然の成り行きなのでしょう。






 ようやくコイルヒーターを買うことができました。

歴史がありそうなメダンモールの2階にあったスーパーの片すみでコイルヒーターを見つけた時は驚かされましたが、サイズが大きくて値段も35000ルピアと高かったので悩みました。私が理想としているものはサイズも値段も三分の一くらいですので。しかしこれ以上探しても見つかりそうに無いので購入しちゃいました。






 まだメダンでは日本製品は人気があるようです。

インドネシアではシャープのアクアシリーズが人気だと何かで見た記憶がありますが、こうやって広告を見ると本当なんだろうという気がしてきます。しかしやはり日本人といえば未だにこんなイメージなんですね。まあスモウレスラーよりマシですが…






 これは踏切を電車が走っているところです。

インドネシアは人口が多いわりには鉄道の発達が遅れているのですが、メダン周辺の町までの列車の本数もかなり少ないようです。それでこれまで累計4日ほどの滞在で初めて踏切で電車を待つ貴重な体験をしました。






 なんとか64番の軽自バスで辿りつけました。

バンダアチェに行く夜行バスを運行してるのはメダンの西側の会社だと地元の人に教えてもらい、観光案内所でも確認しました。そこへ行くバスをGoogleマップで検索したら64番のルートが現れました。意外と簡単に行けそうとベモの客引きを断ってバス停がありそうな所に行っても見つかりませんでした。

そのGoogleマップで表示された場所のトヨタのガードマンに尋ねてみたら、バス停は無いのでバスが来たらドライバーに手を挙げて知らせろとか。やってきたのは軽のワンボックスを改装したものでしたが、Googleマップのルートを見せてみたら親指を立てましたので乗り込みました。

ところが表示されたのと違う道を走り出したので隣の女学生に聞いたら問題ないとのこと。料金で少しモメましたが、女学生も妥当で不服ならドライバーと喧嘩するしかないと冗談を言ってましたので払いました。






 雨が降ってきたのでランチ休憩にしました。

バス会社の周辺には面白そうなものが皆無でしたので、4kmほど離れたカルフールが入居しているモールまで歩いていたのです。もちろん傘は持ち歩いていましたが、ちょうどランチタイムでしたので。屋台に毛が生えた程度の店でしたが、上品な女性店主の英語はかなりのレベルでした。

ひととおり説明してもらって店主のオススメのチキンの煮込み料理を注文してみたのですが、「美味しい!」と最初の感想を漏らしたら、当然だという感じで微笑んでいました。料理は15000リンギでしたが、同じ値段で東京で販売したら長い行列ができそうでした。






 デザートにドリアンを食べてみました。

ドライブ客が休憩する時に食べるものでしょうが、ドリアンの匂いが苦手な人もいるので良い方法かもしれません。店番の女の子は英語が通じなかったので財布を見せてタブレットの電卓アプリを起動させて手渡したら「10000」とタイプしました。それで安心して注文できたのですが、ドライブ客にアピールするために8000くらいの割安感があるタイプを用意して大きく表示すれば良いのにと思いました。






 誰が行くのかと思うような施設がありました。

カルフールに行く手前に別のスーパーが入居している郊外店があったのですが、その2階になぜかテディベアのミュージアムが。この施設のオーナーが道楽で集めたものを自己満足で飾っているのかもですが、まさかメダンでこんな施設と出会うとは。よほどのコレクターでもここを訪れた日本人は少ないと思います。






 メダンでは広告がな無いことは普通なようです。

これはカルフールが入居している郊外型モールの前なのですが、一方通行なので裏側に広告を募集してもダメみたいです。これは他の一方通行の道路でも同じ傾向なのですが、歩行者もいるので広告費を安く設定すれば両面に出すスポンサーも現れそうなものですが。しかしインドネシアでは自動車を所有している層しか購買力が無いということなのかも…






 夕食はテイクアウトしたガドガドを食べました。

カルフールのデリのコーナーにガドガドが13000ルピアでありましたので、ビールと共にバス会社の待合室で食べることにしました。帰り道は道路が大渋滞していましたので歩いたのですが、途中で雨が降ってきて早足だったので袋の中のガドガドの見た目が悪くなってしまいましたが、味は変わってないはずです。






 バスはメルセデス製で、まあまあ豪華でした。

ホテルにありそうな本格的な枕とわりと大きめの毛布が用意されていましたが、インドネシア人も寒いのならエアコンの設定温度を弱冷にすれば良いのにと思いますが。まあこれまでギンギンに冷やすことが経済成長の成果だとしてきた常識を急に変えることはできないのでしょうが、迷惑な話ですよね。






 走り出してから水や菓子などが配られました。

薄いマドレーヌのような焼き菓子と飴が2個とサミシイものでしたが、もちろん何も無いよりはマシでした。夜行バスは途中のモスクで礼拝休憩があり、その時にトイレに行くこともできたので問題はありませんでした。しかしモスクの周囲に開いている雑貨店などはなかったのでアイスなどを買うことはできませんでしたが。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/07/20(水) 23:59)

<<予定より少し遅れてバンダアチェに到着してウンザリさせられたことは… | ホーム | 早朝のメダン空港で初めて見かけて不思議だったことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3780-cc055d2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア