新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 ランチの前に市場の肉屋の猫を確認しに行って考えたことは…


 今日はKLっぽいランチを食べるつもりでした。

これまで累計で30回は食べたぶっかけ飯の店に行く前に気になっていた市場の肉屋で飼われている猫をチェックしてみたのですが、模様や大きさから前回と同じだと判断しました。古い猫を屠殺して販売して、新しい猫にエサをあげて肥育しているんじゃないかと疑った自分を戒めながら出口に向かっていたら、気持ち良さそうに仰向けで昼寝している猫を発見しました。

この猫以外にもチャイナタウンのあちこちで自由に歩き回っている猫を見かけたのですが、これまでのKLではありえなかった事態です。もしかしたらマレーシアにも空前の猫ブームが訪れているのかもしれませんね。






 なぜかぶっかけ飯の店はシャッターが降りていました。

他にも似たような店はありますが、安定した味と良い具合にくたびれている店の雰囲気、そしてきびきびと客の注文を聞いて素早く対応するおばあさんなど他では得ることができない満足感があるので日を改めることにしました。

そうなるとちょっと毛色が違うものを食べたくなりましたので、ハンバーガーをテイクアウトすることにしました。KLに着いてビールと共に洋風なものを食べるのは3日連続ですが、マレーシアの屋台のハンバーガーは値段の割に満足度が高いのです。ちなみにビーフと玉子を挟んだスペシャルは4リンギとビールと同じ値段でした。






 食後に無料のGO-KLバスに乗りました。

いつものようにパビリオンの裏側で降りてエアコン完備としては世界一長そうなペデストリアンデッキを渡ってペトロナスツインタワー方面へ歩いていたのですが、それは途中の工事現場の様子をチェックするためでもありました。もう基礎工事が始まっているかと期待していたのですが、広い現場には作業員が5人しかいなくてダラダラと変な高低差がある敷地の整地を行っているだけでした。もしかしたら出資してる中国企業の社長が現金をかき集めてオーストラリアあたりに高飛びしたのかも…(笑)






 こちらも解体工事が滞っているようでした。

ビジネスビルの間の細長い途中に2階建ての飲食店を並べたユニークな構造の施設でしたが、マレーシアでオープンエアーの部分が多いというのは無理があったようでした。もう閉鎖されて1年以上は経っているはずで、早くすべて撤去して安い屋台でも並べてくれないかと期待しているのですが…






 スリアの紀伊国屋でこんな本を見かけました。

以前にも独自目線の都市化したKLのガイド本を出していた沢尻と離婚したおじさんが似たような本を出していましたが、これが内容が薄いわりに値段が高かったので驚かされました。おそらくKLやシンガポールに住んでる日本人であれば常識と思えることしか載ってないと思いますが、こんな本に需要があるのか不思議でした。紀伊国屋では売れ行きが悪い本は20%OFFのシールが貼ってありますが、私は90%OFFでも買いません。(笑)






 フリーペーパーはJスポだけしかありませんでした。

いつもなら3~4種類のフリーペーパーがレジの前向きに置いてあるのですが、サミシイ状態でした。最近は日本人の渡航先としては台湾が人気ですが、プミプトラ政策で人口が増え続けているマレーシアは日本企業の輸出先としても重要でしょうし、高齢者のセカンドライフの地としても評価は下がってないと思いますが。

まあ東南アジアの事務所を税率が低いシンガポールに一本化したり、価格競争力が低い日本製品が最近の円高もあってますます売れなくなっているのも理由かもしれません。そういった要素があいまって広告収入で成り立っていたフリーペーパーを消滅させたのかもですね。






 スリアのシネコンもチェックしてみました。

マレーシアではゴールデンスクリーンシネマ系のシネコンが大多数なのですが、スリアは開業当時から二番手のTGV系だと思います。郊外のダマンサラ地区などで早い時間帯の集客アップのためにお得なアーリーバード料金を打ち出していましたが、ついに高級感がある商業施設スリアでも8リンギで観ることができるようになりました。ただ今夏のラインナップが悪くて8リンギでも観たい作品が少ないのですが…






 表に出たら見慣れないビルがありました。

GO-KLバスはペトロナスツインタワーの前が始発で必ず座れるので便利ですが、そのバス停に向かう途中で見慣れない高層ビルが伸びていました。そういえばWホテルの看板がありましたが、こんな鉛筆ビルになるとは予想外でした。ここも中国企業が建設しているのですが、地震が無い土地柄なので不安視はされていないのかもしれません。






 新しい連絡ブリッジが完成していました。

パビリオンに行く場合は裏手からがいつものコースなのですが、それはバスのルートが一方通行であるためと私は同じルートを歩きたくないからです。KLで最初の夜は寿司を買いに行っただけでしたのでパビリオンは今日が初めてでしたが、100mほど先に新しい連絡ブリッジが完成していたのに驚かされました。新しいホテルの手前は古い植民地スタイルのレストランがありますが、ここも近いうちに高層ビルに建て直されるのでは。






 パビリオンで日本の新幹線をアピールしていました。

ダイソーなど多くの日本企業やそのイメージに乗っかりたいマレーシア系の店が集まっている「東京ストリート」の手前の空中廊下ではいろんな催し物が行われているのですが、今回はインドネシアの二の舞を演じないように日本の新幹線の安全性をアピールすることにしたようです。

開業してから半世紀の間に事故による死亡者はゼロというのは輝かしい偉業だと私も認めるのですが、最近の円高傾向もあって工事の大半を担うマレーシア政府としては悩ましいようです。普通に安全性だけをアピールしても効果は期待できないので、2028年にシンガポールとジョホールバルでのオリンピック共同開催でも提案して大量輸送の重要性をアピールすべてでは。






 パビリオンは正面でも工事が進んでいました。

KL最初の夜にパビリオンのブキッビンタン側の新しい入口の画像をアップしましたが、激変していたのはそれだけではありませんでした。隣の敷地に建設中のホテルが最上階近くまで伸びていただけでなく、一風堂などがある通路が通行止めになったりしていました。噴水を中心に弧を描くようにテナントを配置するように変更するのかもしれません。






 最後にジャイアントで食料品を買いました。

ブキッビンタン地区には大きめのスーパーは3つあるのですが、安いのは古いジャイアントだけなのです。明日はメガモールで野菜類を購入する予定なので最低限のものだけを買うつもりでしたが、たまたま難あり商品が大量にワゴンに投入されましたの地元の主婦と群がってしまいました。これだけで10リンギちょいでしたが、いくらマレーシアが食料生産が豊富とはいえ安いですよね~。






 地元の材料で初めて水餃子を作ってみました。

イカとマッシュルーム、玉ねぎの中心部分を刻み、アクセントとして中国で購入しておいた豆腐が原料の辛い味付けのツマミも加えてみました。マレーシア製の水餃子の皮は大き過ぎて包むのに少し苦労しましたが、最後には慣れました。まだイカも残っていますが、明日は海老でも買って2種類の海鮮餃子にしてみようかな。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/07/26(火) 23:59)

<<知らぬ間にクアラルンプールのチャイナタウンで変化していたことは… | ホーム | イケアに朝食を食べに行く途中に見かけた工事現場の実現度は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3786-4186004c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア