新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 昨晩遅くに届いた友人の訃報を受け止めて改めて考えたことは…


 これはランチに食べたハンバーガーです。

宿のキッチンのガス台が使えなくなったので近所に買いに出かけたのですが、昨晩遅くに届いた友人の訃報により気持ちが萎えてしまって食欲も少しだけ減退してしまいました。友人が生まれ育った四国で闘病生活していると聞いていて帰国後に見舞いに行くつもりでしたが、残念ながら間に合いませんでした。

彼と初めて出会ったのは表参道のビルの地下の小さなショップでしたが、同い年なのに大人びた印象でした。彼の商品知識の豊富さに感心して不定期に青山通いを続けましたが、彼の饒舌過ぎないアドバイスと程良い距離感は好感が持てました。

それから彼は自分の店を出し、忙しそうだったこともあり疎遠になった時期があります。しかしその店を抜けてバイヤーとしてロンドンに住んでいた頃やその時のパートナーと結婚した目黒の新婚の家庭に何度かお邪魔したことを今でも懐かしく思い出します。人前でも若い奥さまに甘えるその時の彼がいちばん幸せそうでしたので。

そんなラブラブだった夫婦が離婚した理由は漠然としか知らないのですが、ロンドンでの生活との乖離が大き過ぎたのかもしれません。それから数年後に彼が四国に戻ったと共通の友人から聞いたのですが、田舎の生活にすぐに飽きて再び東京に戻るだろうと予想していました。

ところが彼はそれから東京に戻ることはありませんでした。たまたま私が四国をドライブすることがあって数年ぶりに会って食事をしたのですが、四国に住み続けることに決めた理由は彼の趣味が釣りだったからのようでした。居酒屋で地元の魚に藻塩を付けて食べながら、楽しそうに釣りの話をする姿が印象的でした。しかしそれが彼との最後になるとは…

彼の病いは四国の病院での献身的な看病でも抗えないほど悪化していたのでしょうが、熊本地震が落ち着いた大型連休の後にでも顔を見に行くべきだったと今では後悔しています。もちろん彼は病魔に侵されている自分の姿を見せたくないという気持ちがあったかもですが、会えば最初に出会った時のような爽やかな笑顔で迎えてくれたことでしょう。

彼の死はある程度は覚悟していたのですが、もう2度と会うことができないと思うと心の中を風が吹き抜ける感じがします。伝え聞いた話によりますと最近は固形物を食べることができなくなっていたとか。大好きだった釣りにも行けず、病室の天井を見て暮らしていたと想像すると最後に軽くなった彼を抱きかかえて彼のお気に入りの海岸に連れて行ってあげれたらとアホなことを考えてしまいました。許されないことですが、それが彼がいちばん望んだことだと思えますので。




本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/07/30(土) 22:13)

<<先週に引き続きセントラルマーケットの前でいただいたものは… | ホーム | 先日に引き続き宿の屋上でビールを飲みながらランチした理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3790-6144199b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア