新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 台風かと思うような強い雨と風の朝に見かけたものは…


 今朝は台風かと思うような強い雨と風でした。

もうコタキナバルでの滞在も1週間になりますので、どうせすぐに晴れてくれるだろうとコーヒーとトーストの朝食を食べていたら宿の猫たちがベランダから濡れて戻ってきました。おそらく最初はベランダのイスの下で雨宿りしていたものの、風が吹いてきたので濡れてしまったのでしょう。仲良しの2匹はお互いに舐めあっていましたが、もうこの子たちともお別れと思うとサミシクなります。






 これは展望所へのトレイルロードの入口です。

先日の夕方にここを降りてきたのですが、改めて下から眺めてみると階段が永遠に続いているかのようで気持ちを萎えさせてしまいます。私は先日は時計台の方から階段を上がったのでそれほど疲れはしなかったのですが、ここから単純に往復していたらウンザリしていたでしょう。







 観光案内所の前にこんなのがありました。

東京なら日本橋にあるようなゼロキロポストの基準点でしたが、あまり人も自動車も少ない場所でしたので違和感がありました。こういったものは市役所の周辺辺りにありそうなものですが、コタキナバルの街の黎明期にはこの周辺がいちばん栄えていたのかもしれませんね。






 これはフェリーターミナルから撮影したものです。

今回は沖合いの島に渡るのは断念したのですが、スリアモールの北側のここから各方面に船が出ているようです。その歴史が長そうなフェリーターミナルの前には高層ビルが建設されているのですが、引っ越して来るのは自分たち専用のクルーザー乗り場と思いたいような富裕層なのかもですね。






 ラーメンの在庫を確認しに行ってみました。

スリアモールの3階(日本では4階)の奥にあるスーパーに行ってみたら、ラーメン売り場には隙間なくペナンホワイトヌードルが補充されていました。単なる売り切れだったので補充したのかと安心して店を出ようとしたら、そのメーカーのラーメンがダンボール箱で山積みにされていましたので驚かされました。これだけの在庫はKLでも見たことはありません。






 こんな不思議な名前の店がありました。

ランチを食べる店を物色していて見つけたのですが、なぜこの店名にしたのかを尋ねてみたくなりました。単に店主の女性が憧れている都市の名前を並べだけじゃ面白くないですが、戦時中にサンダカンにあった娼館の日本人女性の末裔だったりするとドラマチックになるのですが。今日は日本の敗戦記念日ですからついつい変なことを考えてしまいました。






 今日こそランチにイカを食べたかったのですが…

5日ほど前のランチでイカの料理を注文して品切れと言われた時から食べたかったのですが、宿のオーナーさんにありそうな店を尋ねて教えてもらった雑居ビルの中のフードコートにはありませんでした。探し疲れて別の魚介類で妥協するかと歩いていたら、ペルーのセビーチェ風の料理を置いてるムスリムのレストランがありましたので試してみることに。

他のお客さんは普通にチキンのカレーソース煮などを選んでいましたが、私だけサッパリ系の料理を選んでいたようでした。4種類乗せて11リンギと少し高かったのですが、味付けが良くて満足できました。中でも海ぶどうに似た食感の海藻が抜群に美味しかったので、店のマダムに売ってる場所を教えてもらいました。






 ついに観たい映画が無くなってしまいました。

さすがにKLでも数本を観た後にコタキナバルで7日間連続ですから当然なのですが、恐怖映画やサメに襲われる作品よりはマシかなとジャッキー・チェンの作品にしてみることに。還暦を過ぎても過酷なアクションシーンを演じているのは偉いと思うのですが、どうも彼のプロデュースする作品には中国への過剰な配慮があって爽快感がマイナスになってしまいます。

今回の作品も一応はアメリカ人の監督によるハリウッド映画になるのですが、中国を中心に香港、マカオ、モンゴル、ロシアでロケしていて、ほとんど中国映画と言っても良いのでしょう。実はこのシネコンで昨年も観るものが無くなってジャッキー・チェンの「ドラゴンブレード」というのを観たのですが、その時と似たような後味の悪さを感じました。






 ランチに食べた海藻を市場で購入しました。

映画を観た後に宿に戻って荷物をピックアップして、レストランのマダムに教えてもらった乾物を扱う市場に行きました。その市場の店員にメモを見せたら、灰色の海藻を出してきたので違う店を探そうとしたら白いのもあると大きな袋を奥から運んできました。

それをキロ単位で売ろうとしたので、背中の荷物を指差して「エアアジアに乗るんだけど、7kgしか無料じぁないから無理なんだよ」と説明して、ハーフサイズのハーフサイズ、つまり250gを10リンギで買うということで交渉成立となりました。乾物屋の店主は50gオマケしてくれましたが、値引きしてくれる方がありがたかったですが…






 オセアヌスの前から16番のバスに乗りました。

昨年もそのハイエースを改造したミニバスでターミナル2に行きましたが、今日は夕陽に間に合うように早めに出発しました。ほぼ満員発車のシステムと1.50リンギの値段は昨年と同じでしたが、他の交通機関は値上がりしていても庶民の通勤の足は上げることができないのかもです。ちなみにこの地元の町工場が作ったようなむき出しの自動ドアはちょっと不安ですよね。






 このロータリーの先は空港の滑走路です。

昨年もこの近くのバス停で降りてターミナル2まで歩いたのですが、滑走路の先の工事中のビルはありませんでした。その工事中の臨空オフィスビルは中国企業の海外投資じゃないかと思うのですが、普通に考えると鉄道駅にも近いので悪い立地では無いのでしょう。しかし今のコタキナバルには過剰な投資だと私は思いますけどね。






 なんとか夕陽に間に合うことができました。

新しい宿に荷物を置き、すぐにビーチまで行きました。残念ながら今日は水平線の近くには雲が多くてダメでしたが、明日もあるので期待して待つことに。ビーチの近くには海水浴客用のフードコートもありましたが、今日の宿にはキッチンがありましたので買ったばかりのプラウンヌードルを試してみることに。






本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/15(月) 23:59)

<<朝食後の散歩に出かけて見かけたモダンな工事中のビルの正体は… | ホーム | コタキナバルで初めて体験した毎週日曜日に行われるイベントは… >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3807-3ceefad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア