新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 朝食後の散歩に出かけて見かけたモダンな工事中のビルの正体は…


 1泊だけの宿は静かでなかなか快適でした。

空港に近いので騒音で眠れないこともあるかと危惧していたのですが、たまに走り回っているマフラーをいじった自動車の方がはるかにうるさい感じでした。今回の宿は朝食は付いていなかったのでキッチンでコーヒーを淹れて残っていたロンドンロールとで朝食ということにしました。

それから近所に散歩に出かけてみたら、モダンなホテルらしきものが建設中でした。これも中国資本かもしれませんが、デザインからすると中東かもしれません。






 宿で知り合った台湾人旅行者とランチに行くことに。

彼は台北からやってきたばかり、そして私はこれから台北に行くということで情報とお金を交換することにしました。宿でコーヒーを飲みながらいろんな話して、11時過ぎに私はレセプションに荷物を預けてチェックアウトしました。

彼が中心部に向かうバス停の近くでランチを食べることにしたのですが、その途中に廃墟化しつつある商業施設がありましたのでチェックしておきました。今朝のホテルもこんな感じならなきゃ良いのですが…






 今日こそイカを食べようと探し回りました。

明日からの台湾でも食べることはできますが、漁港があるコタキナバルの方が安そうですから。ところがイカの料理を出すレストランは1軒だけで、値段も高かったのでスルーしました。私のわがままに台湾人旅行者を巻き込んでしまっては申し訳ないですからね。

それで魚料理が3種類ほどあった店で最後のランチだからとライスが見えなくなるほど盛ったら9リンギでしたが、なかなか美味しくてその価値はありました。食後に目の前のコンビニで1リンギのアイスを食べましたが、トータルでちょうど10リンギとなりました。






 この二人は首相と市長じゃないかと思います。

画像検索すればすぐに判明するのですが、別に誰も興味が無いでしょうから止めておきます。私はただ単に空港の近くにこんな看板を立てて存在をアピールするような為政者がマレーシアでは普通なことを記録しておきたいと思ったのです。左のおじさまはもしかすると収賄などで田中角栄化しちゃうかもしれませんしね。(笑)






 食後にビーチに行ってみたら見事に無人でした。

先日の夕方には多くの観光客がいた同じ場所だと信じられない感じでしたが、昼間はクーラーが効いている所を観光していたりするのでしょう。私は往復3リンギの交通費をケチって中心部へ行かないということもあるのですが、KLで貰ってきたフリーペーパーなどを読んでから捨ててしまおうと考えたのです。






 ビーチで急に値段の交渉が始まりました。

沖合からやってきた船から降りたおじさんは両手に4匹の魚を持っていたのですが、それをビーチに面したレストランの前に並べてコックさんたちとなにやら話し合っていました。コックさんがポケットから札を出したので「交渉成立かな…?」と思ったのですが、おじさんは受け取りませんでした。双方ともわりとアッサリとあきらめていましたが、最終価格がいくらだったのか気になりました。






 急に小雨が降ってきたので困りました。

それで海岸に沿って整備されていた青い屋根の小屋に避難したのですが、すぐに止んでくれました。砂浜は雨でしっとり湿っている状態でしたし、もう今日は太陽がサンサンと輝き出すことは期待できない感じでした。それで海で泳いで砂を落として、持参してきたペットボトルの水で体に付いた海水を流しました。






 こちらの青い屋根には行けなくなったようです。

人工の池に対岸に渡ることができるように橋がかけられていたのですが、それが経年劣化で崩れ落ちていたのです。私は単なる旅行者ですが、このビーチを利用している納税者であるコタキナバル市民たちは豪華な役所を作るより優先順位が高いだろうと怒るべきだと思いますが。






 ビーチで婚礼写真の撮影が行われていました。

インド系っぽい長身の男性と中国っぽい美女でしたが、もしかすると何かの広告の撮影なのかもしれません。つまり男性の顔が不要なタイプの女性にフォーカスを当てた仕上がりになるのではと思ったりしました。それというのも私が通り過ぎた時には二人が顔を寄せるシーンは見られませんでしたので。本当のカップルであれば頬を寄せたりするシーンを恥ずかしげもなく撮影するはずですからね。






 水平線には薄い雲が横たわっていました。

今日は水平線に太陽は沈みましたが、さすがに空気が澄んでいなかったのでグリーンフラッシュは見ることはできませんでした。私は詳しい条件は知らないのですが、夕陽が沈む所までは数千キロの大気の層があるので、そこに不純物が浮遊しているとオレンジがグリーンに変化しないらしいのです。

浅瀬では現地の女性が棒を使って何か海産物を採っていましたが、彼女たちなら何度も目撃しているかもしれません。ただし目撃していても、目の錯覚でグリーンに見えたと思っているかもです。私も子供の頃に初めて見た時は夕陽を長く見ていたので目が疲れたのだろうと考えていましたので。それからずいぶん後にエリック・ロメール監督の「緑の光線」を見てやっと理解できたのです。




 夕食にイカが食べたくて店を探し回りました。

まずビーチの近くのフードコートにイカの写真があったので値段をチェックしてみたら、すべての店が「スモール15、ミディアム20、ラージ25リンギ」と談合プライスでした。それで昼間にイカ料理は15リンギと言われたレストランで値段交渉をしてみました。

財布には65,80リンギあったのですが、50リンギ札は次の旅行用に奥にしまい込みました。それでこれから飛行機に乗るので15リンギしか無いけどイカが食べたいので半分にできないかと尋ねたら小さめのイカの重さを計り、「これなら13リンギで、ライスが1,50、アイスティーが0,50で…」とのこと。食後にコンビニでアイスクリームを買いたいからと20セント引いてもらって交渉成立となりました。






 最後の1リンギで無事にアイスが買えました。

久しぶりのイカ料理も美味しかったのですが、50リンギ札を残して小銭をすべて使い切った満足感と共に食べるアイスクリームの味も格別でした。2年前はモンゴルで上手く使い切った後に国境で小銭を払わされたために汚い札をたくさん受けとる羽目になりましたが、その時とは真逆で爽快な気分でした。






 空港に行く途中に工事現場を見かけました。

コタキナバル空港は国際空港なのに最終の空港バスは19時過ぎと早過ぎます。私は夕陽を見てから夕食を時間を気にせずにいただいてから空港に行きたかったのですが、そうなるとタクシーかヒッチハイクか歩くしか方法が無いのです。

それで私は昨年に続いて歩くことを選んだのですが、夕方に小雨が降ったためか海風が心地好くて4キロの道のりも苦ではありませんでした。コタキナバルの鉄道駅の近くのビル工事の様子もじっくり見ることができましたし、また次回の楽しみが増えました。ただし中国経済が崩壊したら工事は止まってしまうかもですけどね。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/16(火) 23:59)

<<コタキナバル国際空港から出国する前に見かけたものは… | ホーム | 台風かと思うような強い雨と風の朝に見かけたものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3808-569aa179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア