新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 コタキナバル国際空港から出国する前に見かけたものは…


 コタキナバル空港はクーラーが効き過ぎていました。

東南アジアの国の中でもいちばんクーラーの設定温度が低いのではと思っていて、真夏だけの旅行なのに防寒用に薄いスウェットシャツとレインパーカーを持ち歩いています。さらにインド人が腰に巻いてる布もイザという場合に防寒としても使えるように準備しています。

それだけやって寒い空港で一晩過ごして出国ゲートに向かっていたら、コタキナバル空港や市内の新旧の写真が飾ってありましたので楽しめました。やはり私が予想していた場所の周辺にかつての海岸線がありました。現在の海岸線は100mくらい埋め立てられてできたようです。






 台北の桃園空港まで3時間半かかりました。

今回も早朝のフライトだったので爆睡できるだろうと思っていたのですが、ビーチで昼寝したためか一睡もできませんでした。狭いエアアジアの機内で眠れないのであれば録画しておいたテレビ番組を見ればよかったのですが、出国前は眠たかったので用意していなかったのです。

台北の桃園空港に到着してみたら、マレーシアとはずいぶんと雰囲気が違いました。飛行機を出てすぐにWi-Fiが使えましたし、トランジット客用のシャワールームもあったりしました。短い距離でも気軽に利用できるコンパクトなサイズのカートも用意されていましたし、空調だって適温でした。






 バスの窓から新しいアウトレットが見えました。

昨年の旅行の最後に台湾のICカードが使えなくなったトラブルがあったので125台湾ドルを現金で払って国光交通のバスに乗りました。Googleマップで三井のアウトレットが近づいてきたので、どんなエリアに出店したのか高速道路からチェックしておくことに。

最近になって山を切り開いてできたような場所にありましたが、周辺には建設中のコンドミニアムがたくさんありました。私は右側に座ったのでアウトレットは一瞬だけしか見えませんでしたが、帰国前に行く予定ですから問題はありません。






 約1週間ぶりのビールは格別の味でした。

台北に到着直後に空港内のコンビニで購入したかったくらいですが、さすがに朝ビールはガマンしました。台北駅に着いたら日本のランチタイムでしたので、ファミリーマートで台湾風の冷し中華とビールを購入しました。ちなみに2本飲んだわけではありません。2本目は半額というキャンペーンだったので明日用にと買っておいただけです。






 あちこちで中元の供えものを見かけました。

これは中山駅の近くの新光三越ですが、社員数が多いので行列ができていました。この従業員たちがいない間は店内の業務に支障があるのではと思ったりしましたが、毎年のことなので上手くコントロールされているのでしょう。






 両替に行った銀行でも供えものがありました。

新光三越なら地下の食品売場から供え物をいくらでも簡単に調達できますが、銀行なら現金を供えるかと思いきや普通の食料品などでした。ちなみに銀行であっても堂々と偽札を燃やすみたいでした。

最近は円高ですが、この銀行の両替率は0.3071で手数料が100台湾ドルもかかりました。3万円を両替して手取りが9113台湾ドルでしたので、1万円が約3038台湾ドルということになりました。つまり100台湾ドルは約330円で、300台湾ドルがほぼ1000円ということになります。400台湾ドルが1000円だったら計算しやすいのですが、さすがにそこまでの円高は期待薄です。






 ホテルオークラでもやはりお供えものがありました。

道路の反対側からは供えものの確認はできませんでしたが、総料理長らしき高いコック帽の人がワゴンを押して運んでいましたので高級食材を使った豪華なものではないかと推測しています。おそらく名物のパイナップルケーキも並んでいたことでしょう。






 公式なくまモンを久しぶりに見かけました。

商業施設の地下にオープンしていた東急ハンズで見かけたのですが、売上の10パーセントを熊本地震のために寄附すると書いてあるみたいでした。くまモングッズの売場としては商品の充実度は低いのですが、東急ハンズの熊本店がバックアップしてあげる余地があるように思いますが。






 こちらは公式な関西B級グルメの支店でしょう。

くまモンとコラボされたこともある名物店主がいる串かつ屋さんでしたが、柱に大きく「二度浸け禁止やで!」と書いてあったりしたのには笑ってしまいました。もう帰国時期が迫ってきていますので食べることはありませんが、ランチで200台湾ドル程度からと高くはないみたいでした。






 台北駅の観光案内所に行っておきました。

まず新しいタブレット用にWi-Fiの手続きをしていただき、台北と台湾の地図をいただきました。また使えなくなったICカードの手続きをするカウンターの場所を教えてもらいました。この画像は台北駅の中央の吹き抜けから観光案内所を撮影したものですが、相変わらず大理石の床で寝転んでいる人がいたりして変な感じでした。






 使えなくなったカードを処分してもらいました。

カウンターで英語で昨年に台南で使えなくなったことを伝えたら、コンピューターで調べてくれました。たしか残高は700台湾ドルくらいと記憶していたのですが、206台湾ドルがてきたので何のことか理解できませんでした。どうやら残高がそれだけしか無かったということみたいですが、コンピューターの画面を見せてくれなかったので担当者が豪華なディナーに行く気なのではと疑ってしまいました。






 地下街に新しいエリアができるみたいでした。

台北駅前の新光三越のビルの横に秋葉原をイメージしたような電脳売場がありましたが、どうやらその地下街の部分をファンシー売場にリノベーションするようでした。もう工事は最終段階っぽい感じでしたので、私が帰国する前に報告が間に合うかもしれません。もちろん買うものは何もなさそうですけど…(笑)






 新しい地下鉄駅はやけに殺風景な外観でした。

この冷凍食品の倉庫みたいな建物が台北駅の西側にできていたのですが、工事はかなり遅れているようでした。これが使えるようになると桃園空港から30分くらいでアクセスできるようになるので便利だと思いますが。ちなみに私は大きく変わっている松山駅や南港方面まで延びると予想していたのですが、今のところは延伸計画は無いみたいです。





 最後にQフロントの変化をチェックしておきました。

この駅前再開発タイプの商業施設でも中元のイベントは行われていましたが、その他に目立った変化はありませんでした。私はマレーシアで観たい映画が無くなるまで観てしまいましたので台湾では何も無いはずでしたが、とりあえずシネコンをチェックしてみました。料金は320台湾ドルと日本の映画の日と同じくらいでしたが、少しマレーシアより遅いのがあったりして不思議でした。







お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/17(水) 23:59)

<<台北で早朝に起床できなかったので行列に並ばないで食べれた朝食は… | ホーム | 朝食後の散歩に出かけて見かけたモダンな工事中のビルの正体は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3809-22ec7f75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア