新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 台北で早朝に起床できなかったので行列に並ばないで食べれた朝食は…


 今朝は華山市場で朝食をと考えていました。

コタキナバルでは日の出前に目覚めていたので同じ時間帯の台北でも起きることができるだろうとタブレットの目覚まし機能をオンにしなかったのですが、目覚めたら太陽が上がっていました。これでまたしても阜杭豆漿に行くことができなかったのですが、先日は早朝のフライトだったので仕方ないでしょう。

それで近所の店でお粥などを食べることも考えたのですが、コーヒーをたっぷり飲みたい気分でしたのでイケアに行くことにしました。イケアの朝食の提供は9時からですが、その前の時間帯なら歩いても汗をかかないでしょうし。

台湾のイケアのウェブサイトをチェックしてみたら朝食メニューが少し変わっていて値段も39台湾ドルから49台湾ドルに値上がりしていました。さほど新鮮さも無く、25台湾ドルのコーヒーも相変わらず1種類だけでしたのでガッカリでした。せめて平日は会員ならコーヒーを無料にすべきだと思いますが。






 食後に松山空港方面に北上してみました。

ネットのニュースでセレクトショップのビームスがイケアの北側に出店したという話を見かけましたのでチェックしてみることにしたのですが、北上している途中に偶然に別の日本のセレクトショップの支店を見かけました。こちらは台北101の近くに一号店がありますので、二号店になるのでしょう。しかし台北でビジネスが上手くいくとは思えませんが…






 なぜか市民農園に熊の作り物が置いてありました。

ビームスの一号店ができた松山空港の南側のエリアは静かな低層の住宅街ですが、そんな中で普通ならベビーカーを押した主婦や老人がリハビリの歩行練習をしているような公園が似合いそうな場所に市民農園が作られていたのです。それだけでも不思議ですが、なぜか熊とパンダが菜園を見守っていました。






 この台北一号店もオープンは午後からでした。

東京でもセレクトショップは午後から開店することがありますが、こちらでも午後からの方が売上が上がるとの判断で決められたのでしょう。時差が1時間あるので日本人観光客にしてみると遅いのですが、台北まで来てここで買物する日本人はいないでしょうから問題ないのでしょう。






 面白いのを見かけたので試してみることにしました。

松山空港の南側の洒落た雰囲気の店が点在している通りを西に歩き、新しくなった松山駅方面に向かっていました。観光夜市のゲートをくぐらずに大通りを松山駅方面に歩いていたら5種類のパオズだけを売っている店があり、チーズ味が見た目も良かったので30台湾ドル払って購入してみました。

旅行中はチーズに飢えているということもあるのですが、残念ながらチーズだけだと物足りない感じでした。この中に角煮や煮汁で煮た青菜でも入っていたらマシだっと思いますが。まあベジタリアンも食べることができるものとして開発されたのかもですが、普通の肉まんにすれば良かったかと後悔しちゃいました。






 松山駅に行ってみたらこんな展示がありました。

地下に松山で見かけたことがある「みきゃん」というキャラクターを見かけたのですが、それは大胆なパクリではなくて公式なものでした。読み方は違いますが、同じ名前の駅としてJR四国と正式に国際交流締結をしたみたいでした。

島国の台湾と四国は海岸線にぐるりと鉄道路線を持ってるところなど共通点が多く、そのことを床の路線図で表現していたりしました。しかし個人的には横に長い四国よりも縦に長い九州の方が台湾と似てると思います。今年の函館新幹線の開業と同じ日に西熊本駅という新駅が誕生しましたが、それを無理やり松山駅というネーミングにして国際交流締結すれば良かったのでは…(笑)






 台北101の近くにこんな工事現場がありました。

中国の爆竹の形を連想させる不思議なデザインのビルでしたが、建設コストはかなりかかりそうです。目立つのでランドマークとしては良いのでしょうが、隅田川のスタルクのビルをように正式名称を覚えてもらえなくなる弊害があるかもです。






 台北101の隣もずいぶん成長していました。

昨年は基礎工事の段階でしたが、さすがにプレキャスト工法だと早いですよね。サンフランシスコのビルとデザインが似てると思いますが、こちらも正式名称を覚えてもらえないかもしれません。「101の隣のビル」とか「とんがりコーン」とか呼ばれそうですから。






 東急ハンズにくまモンコーナーがありました。

101ビルの近くの新しい商業施設の地下に東急ハンズが入居していたのですが、レジの近くにくまモングッズのコーナーが作られていたのです。台湾に売ってない便利製品をセレクトする中でくまモングッズも話題性があるということで仕入れられたのかもしれませんが、博多駅の土産物屋クラスの品揃えでしたので残念でした。






 市庁舎の裏の砂場はまだ残っていました。

どういった経緯で作らることになったのかは不明なのですが、利用者はかなり少なそうですので撤去されるのではといつも思っています。しかし今日は親子が砂遊びしていましたし、まったく活用されていないわけではいので悩ましいのかもしれません。






 誠品書店にビームスの台湾二号店がありました。

市庁舎の北側の支店はMRTの駅と結ぶ導線上にありますので便利なのですが、その1階のエスカレーターの正面という良い場所に作られていたのです。一号店は落ちついた雰囲気の中で買物を楽しみたい常連さん向けで、こちらは忙しいサラリーマンやOLさん向けなのかもしれません。まあ台湾でもネットで服を買う人が増えているでしょうから、ここは現品の素材サイズをチェックするショールーム的な役割大きいのかもですね。






 誠品書店にくまモンの絵本が並んでいました。

ネットのニュースで公式の翻訳本が発売されることになったことは知っていましたが、くまモンもついにここまで広がったかと思うと感慨深いものがあります。文字数は少ない幼児向けの絵本ですから大陸の観光客もお土産に買っていくかもですが、やはり人口の多さを考えると中国での出版が視野に入ってくるのでしょう。海賊版の方が早いかもしれませんが。






 台北ドームは未だに工事中でした。

日本の感覚ならとっくの昔に完成して、レディガガでもコンサートをやっていそうなものですけど。資金面の問題ではなくて手続き面で時間がかかっているという話なのですが、損失額はかなりのものになるのでしょう。台湾最大のドームでしょうし、地震国でもあるので慎重なのかもですが、ちょっと遅すぎですよね。






 イケアの家具を売ってない店がありました。

5時半からの店に間に合わないことがわかり、それじゃイケアにと台湾のイケアのウェブサイトをチェックしていたのですが、このレストラン部門だけを独立させたような店に関しては情報がありませんでした。1階で注文した料理を2階食べるようなタイプの店でしたが、これって台湾オリジナルなのでしょうか。朝食メニューがあるとすれば制覇せねばなりませんし、気になる存在でした。






 夕食は先日と同じ50台北ドルの店で済ませました。

ご飯の上にカウンターの中から3種類を選び、最後に肉か魚を選ぶというタイプの店でしたが、先日は秋刀魚にしたので今日は薄いトンカツを選びました。この量でスープは飲み放題ですからありがたい存在ですが、セルフサービスで49台湾ドルだったイケアの朝食とほぼ似た感じでした。店内の雰囲気と男女の比率は大違いでしたが…(笑)





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/18(木) 23:59)

<<なんとか夜が明ける前に起きることができたので出かけてみた場所は… | ホーム | コタキナバル国際空港から出国する前に見かけたものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3810-169aa905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア