新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 けっこう強く雨が降る中を227番のバスに乗って出かけた先は…


 今日は朝からけっこう強い雨が降り続いていました。

台湾一周旅行の疲れも残っているので午前中はブログの更新などしてダラダラ過ごしたのですが、Googleマップで誠品書店の行ったことが無い支店を見つけてしまいましたのでチェックしておくことにしました。

上手い具合に227番のバスで簡単にアクセスできるようでしたが、バスを降りて歩いていたら初めてTSUTAYAを発見しました。台湾でTSUTAYAといえばこのイメージでしょうが、台湾の観光客が来日して誠品書店のパクリ店舗に行ったら驚くのでしょう。






 誠品書店は商業施設の地下にありました。

1階が化粧品売り場というごく普通のデパートでしたので期待できないなと思ったら、やはり残念なレベルの支店でした。まあロケーションに合ったレベルなのでしょうが、私が勝手に何かあるはずと期待してるだけなのですが。ちなみに台北駅から8kmほど南側のエリアには初めてやってきたのですが、最初で最後になるのかもしれません。






 商業施設から無料のシャトルバスに乗りました。

歩いても行くことができるくらいの距離のMRT駅まででしたが、無料のシャトルバスが大好きなので悪くはありません。意外と利用者が多かったので驚かされましたが、このデパートの社長さんが日本に観光に出かけて伊勢丹あたりでシャトルバスを見て閃いたのかもしれませんね。






 確認のためにイケアハウスに再訪してみました。

開店時間は11時ということでしたので朝食を出してはいないと思いましたが、全世界のイケアの朝食を制覇するという野望を持っている私は確認してみたかったのです。もちろん電話やメールでも済む話でしたが、もしソフトクリームかフローズンヨーグルトがあれば食べたかったですし、元工場を再開発した文化施設の隣でしたので。ちなみにこの小さな店には朝食もデザート類もありませんでした。






 グリコのポップアップショップがありました。

元工場の文化施設ではいろんなイベントが行われているのですが、グリコもコンテナを改装した小さな店で参入していました。グリコはお菓子類を押してきてるのだろうと思ったら、レトルト食品を前面に打ち出していました。日本人からしてみるとグリコのイラストはキャラメルで300mなのでしょうが、台湾ではレトルト食品なのかもですね。






 新しいスクーターをチェックしてみました。

先日のスーパーのレジの近くに展示してあったので検索してみたら上手い具合に元工場の文化施設と昨晩に時間が無くて1階だけをチェックした商業施設の中間にショールームがありました。スマートスクーターと自慢げな電動バイクでしたが、たしかにかなり先進的な製品でした。

私が知る限り世界でもかなり優れた製品のひとつですが、シリコンバレーの広い敷地のハイテク企業に似合いそうです。本来なら日本企業はこういった製品を開発すべきなのでしょうが、アベノミクスみたいに人為的に円安に導いてリスクを犯しても生き残るためには新製品を開発しなければという気概を奪ってしまいました。ものづくりの国としては自殺行為でしか無いのですけどね。






 昨夜の商業施設をじっくり歩き回ってみました。

タブレットや携帯電話などの機器やドローンなどの趣味的なもの、そしてナイキやJINSなどのチェーン店もありました。地下はフードコートになっていて、台湾の新しいものが好きなカップルのデートコースとして悪くない感じでした。

その中に日本のプラモデルを扱っている店がありましたが、なぜかくまモン関連商品が目立つ場所に置いてありました。店長さんがくまモンのファンなのかもですが、女性客にアピールしようとしているためかもしれませんね。






 なんと焼きカレーの店ができていました。

テレビ番組で見て自分で作ったことはありますが、本場の門司の店で食べたことはありません。それくらい日本人にも馴染みが薄い焼きカレーの専門店があるなんて驚きでした。ちなみに値段は120台湾ドルからと良心的な感じでした。サイズが小さいのかもしれませんけどね。






 ジュンク堂でフリーペーパーをいただきました。

ようやく日本人は多く暮らす台北でフリーペーパーを入手できたのですが、今月はオリンピックがありましたので紙面がスポーツ誌みたいで退屈でした。今年の夏はウザい高校野球とオリンピックから逃げるためもあって旅行しているのですが、こんな仕打ちに遭うとウンザリさせられてしまいます。






 呉さんのパン屋は行列ができていました。

高雄の本店は平日の夕方でしたので行列に並ぶ必要はありませんでしたが、台北の誠品書店の地下にあった支店は日曜日だったためか15分ほど待たねばなりませんでした。世界一に選ばれたことがあるブーランジェリーですから、クレジットカードでお土産も含めて購入する手も考えたのですが初回は味見するつもりで55台湾ドルの小さい方のバゲットを購入してみました。

たかが180円ほどのパンをショッピングバッグに入れてくれたのですが、私が日本人観光客だからだったからなのかもしれませんね。ちなみに店を出てから少し齧ってみたのですが、予想していたより美味しくて驚かされました。それなら99台湾ドルの大きなバゲットを買えば良かったと後悔してしまいましたが、また並ぶ気にはなれませんでした。また次回のお楽しみとしておきます。






 初めてこのTシャツを着てる人に会いました。

マッチョなアメフト選手風な人たちとすれ違ったのですが、その中の優しそうなお兄さんがくまモンとBEAMSのコラボTシャツを着ていたので、思わずどこで買ったのか尋ねてしまいました。新宿店で購入したそうでしたが、熊本地震の被災地支援になるならと購入してくれたのかもですね。






 これはルタオの前から撮影したものです。

この池の先には台北ドームが建設中なのですが、後楽園と東京ドームの関係に似てるかもしれません。ここから台北101まで楽勝で歩いて行くことができるのですが、ここだけを見ていると都会のど真ん中とは思えません。






 誠品ホテルの前でWi-Fiを拾いました。

帰りもバスに乗りたかったのでWi-FiにアクセスするためにMRTの駅まで行きたくはなかったのですが、上手い具合に誠品ホテルのゲスト用のヤツを拾うことができました。ちなみにこのホテルの入口はドアマンもいないので高級感は無いのですが、かなり高級な部類のホテルみたいです。客室のベランダからは工事中の台北ドームと台北101を眺めることができるはずですが、台湾の政権交代があって成金の中国人観光客が減ってるようですから空室は多いのかもしれませんね。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/28(日) 23:59)

<<台湾での最終日に高級バゲットの後に食べたものは… | ホーム | 日本時間のランチタイムに合わせてビール片手に出かけた先は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3813-0ce8497f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア