新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 早朝の爽やかな時間に昨夜の喧騒の場を散策して感じたことは…


 さすがに地方都市の朝は静かでした。

宿の朝食の時間まで少しありましたので昨夜の夜市の通りを散策してみることにしたのですが、喧騒が幻だったかのように静まりかえっていました。屋台では大量のゴミが出たはずですが、それもキレイに清掃されていました。毎晩のことですので商店街でキチンとルールが決められているのでしょうが、その辺りも日本とかなり似てると思います。






 駅前に24時間営業のスーパーがありました。

台湾は流通が発達しているので台北の品揃えと大差ないだろうと思いましたが、何か地方都市なたではの特色があるかもとチェックしてみました。特に太平洋に面しているからといって魚介類の売り場が大きいわけでもなかったので朝食に戻ろうと歩いていた時にこんな商品を見かけました。

熊本の五木食品の大衆的なインスタント麺でしたが、私は他のスーパーでは見かけたことが無いものでしたので驚きました。もしかしたら台湾の大手輸入会社からの発注があったのかもしれませんね。






 バスの窓からこんな博物館が見えました。

宿のご主人からは電車で行く進められたのですが、同じルートを往復したくない私はバスを選びました。バスの方が人々が生活している現場に近いということもあるのですが、思わぬものを偶然に見かけることもあって楽しいのです。

この存在を知らなかったブロックの博物館は入口に行列ができていましたので、内容が濃いのかもしれません。ちょうど近くの停留所降りる人がいましたので私も降りてみようかと考えたのですが、次のバスまで30分ありますので止めておきました。






 中山市場の前でバスを降りました。

Googleマップによるとこの市場前で降りてから歩くのが公共交通機関を使う場合の最短ルートみたいでしたが、炎天下を歩く距離が短いのはありがたいものです。GPSで自分がいる場所も特定できますし、昔みたいに人に道を尋ねることも無くなりました。そのかわりに現地人から道を尋ねられることが増えましたが。(笑)






 本日の目的地の工場は閉まっていました。

これがギャラリー間で紹介された台湾の建築家の最大の作品だと思いますが、何かの工場の跡地を屋根付きのイベントスペースとして再開発したものみたいでした。すっかり市民の和みの空間として利用されているみたいで、入口側では高齢者たちが世間話をしていました。

エレベーターで上に上がると面白いことがありそうでしたが、それは次回のお楽しみとなりました。まあ日本からここまで片道1万円以下で来ることができる時代ですから、またシニア割引が使えるようになってから再訪すれば良いのです。ちなみに普通でも割安感がある鉄道料金は65歳以上は半額になるみたいです。






 これは裏側から工場を眺めたものです。

巨大な屋根の下に斜めに突き刺さっているような通路があるのですが、それが良いアクセントになっていました。こちら側は休館日も利用できる広場ですが、ここでコンサートなどのイベントが行われるのでしょう。東海岸は退屈かもという予想を裏切ってくれました。






 屋台でちょっと面白いものを食べました。

昨夜も夜市で見かけたのですが、スペインのバールのカウンターにあるような一口サイズの料理でした。見た目から練り物の上に豚肉やチキンなどを乗せてあるのかと思ったら、ベースは厚揚げでした。屋台では10種類くらいがb並んでいて、3つで20台湾ドルと割安感がありました。夏の夜にピッタリという感じでした。






 懐かしい雰囲気の眼科がありました。

日本の地方都市にありそうな感じだと思ったら、やはり占領下時代に日本人医師により建てられたものみたいでした。木造家屋ですし、台湾も地震国ですので耐用年数には限界がありそうです。未だに現役の眼科として活躍しているようですが、できる限り頑張っていただきたいものです。






 こんな制服の店は沖縄にありそうですね。

豚の耳を刻んだミミガーみたいな共通した感じの料理も多いですが、建物や墓なども似てると思います。このタイプの制服店も雰囲気がよく似ていますが、単なる偶然なのか知りたいものです。やはり占領下時代の名残なのかもしれませんね。






 ランチは量り売りの繁盛店に行きました。

駅に向かう途中に何か良いものがないかと探していたら、上手い具合にほどほどに混んでいるカジュアルな店がありました。先客をマネして紙皿に好きなものを好きなだけ乗せてみたのですが、料金は83台湾ドルでした。スープとご飯は食べ放題でしたが、こんな店が近所にあると良いですよね。






 花蓮までの列車からは太平洋が見えました。

砂浜はそれほどキレイじゃありませんでしたが、ほとんど無人でしたので海水浴も悪くないのではと思いました。人口が少ない台湾では西海岸の都市部に集中していて、東海岸はスカスカなようです。そのあたりの構図は九州と似てるみたいです。






 宿でシャワーを浴びて休憩しました。

ネットで明日の下調べなど済ませて、太陽が沈んで涼しくなってることを期待して夕食を食べに出かけたのですが、そこで日米のハンバーガー屋が激突してるシーンを目撃しました。どちらが売り上げが上なのか知りたいものですが、業界の内部事情に詳しい方がいらっしゃればコメント欄で教えてくださると感謝します。






 夜市ではイカ飯っぽいものを買ってみました。

日米では函館のイカ飯が有名ですが、そういえばイカ飯を揚げるという発想はありませんよね。初めて見る料理は試してみたくなる性格ですから70台湾ドル払って揚がるまで5分ほど待ちました。ビールが30台湾ドルでしたのでちょうど100台湾ドルでしたが、揚げるとイカが固くなって少し期待ハズレでした。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2016/08/22(月) 23:59)

<<花蓮の宿に朝食が付いていなかったので試してみた料理は… | ホーム | バスを乗り継いで初めて行ってみた台湾の東海岸の街の印象は…>>

コメント
  Vエア
お疲れ様です♪゜・*
茨城空港発着のVエアが2016年9月末で全面運休と
人気ブロガーさんのサイトで知りました
本当だとしたら悲しい・・・
一度も乗らずに終わってしまった
再開するといいのだけれど

引き続き台湾楽しんでくださいね~

URL | blueginger #- | 2016/08/25(木) 04:22 [ 編集 ]

  bluegingerさん、残念ですよね
Vエアーは悪くなかったのですが。

割安なセールがあれば福岡便やマニラ便に乗ることもあるかなと期待していたのですが、ピーチやバニラに知名度では対抗できなかったようです。親会社に吸収されてしまうそうで、復活することはなさそうです。
URL | cityde #7xnY8tyg | 2016/08/25(木) 09:43 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3815-c4ae45d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア