新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 花蓮の宿に朝食が付いていなかったので試してみた料理は…


 花蓮の宿には朝食が付いていませんでした。

それで気温が上がらない内に近所に何か食べに行くことにしたのですが、なかなか良い店を見つけることができませんでした。15分くらい歩き回ってようやく地元の人たちが朝食を食べ続けている感じの店が見つかり、久しぶりに朝粥を試してみることにしました。40台湾ドルと微妙な値段でしたが、ちょっと具材が少なくて残念でした。






 食後に駅の近くでこんなのを見かけました。

パームツリーの切りかぶから新芽が出ていたのですが、私はこれは珍しいことだと思います。これまで世界中で数万本のパームツリーを横目で見てきましたが、これと似たものは記憶にありませんので。パームツリーは一度カットすると枯れてしまうものだとばかり思っていたのですが、意外と生命力が強いのかもしれません。






 これが花蓮で唯一のモールみたいです。

開店前でしたので内部の様子はわかりませんが、ユニクロも入居しているくらいの現代的なものみたいでした。低層ですが奥行きはありましたし、台北まで行かなくても普通のものなら何でも入手できるのでしょう。それが時代のニーズに適応した現代台湾の実情なのでしょうが、少し残念な気がします。台湾中が同質化しちゃう感じですので。






 これはガソリンスタンドじゃありません。

おそらく日本のマイクロファイバーの技術を使って水道水をキレイな飲料水に純化させて売っているものだと思いますが、この販売手法は欧米人旅行者には危険なのでは。まあ普通の人ならすぐにガソリンスタンドじゃないと気がつくとは思いますが、中には間違えてしまう慌て者もいるかもですので。






 これは日本軍の占領下の写真だと思います。

学校のフェンスに昔の写真を引き伸ばしたものが展示してあったのですが、90歳前後の現地人や台湾に移り住んでいた日本人たちには懐かしいものなのでしょう。私は花蓮2度目なのですが、前回とは雰囲気がずいぶん変わっていました。しかしモノクロ写真の世界は現在とはまったくの異次元です。もしタイムスリップすることができたら、日本語だけで観光できるのでしょう。






 予定していた11時の電車に乗れませんでした。

少し遠回りしてスーパーでビールを購入して駅に行ったのですが、乗ろうと考えていた列車に乗れずに次の列車まで1時間も待たなくてはならなくなりました。それで駅前のローカルな店で弁当とかハンバーガーなど買ってと考えたのですが、なんとほとんどコンビニに駆逐されていました。

かなり駅の周辺を歩き回ったのですが見つからず、結局は駅前のセブンイレブンで39台湾ドルのおにぎらずみたいなものを購入したのですが、まさかこんなことになるとは予想外でした。






 台東駅に着いてみたらやけに殺風景でした。

花蓮の駅前も賑やかな感じはしませんでしたが、こちらは駅前にコンビニさえもありませんでした。もちろん台湾鉄道の駅ですからWi-FiはありましたのでGoogleマップでチェックしてみたら、賑やかそうなダウンタウンまでは7kmほど離れているみたいでした。

鉄道駅を郊外に移転させてしまったみたいでしたが、小さな地方都市でそんな必要があるのか疑問でした。私は最近の利用者の利便性を無視した駅やバスターミナルの郊外移転が大嫌いなのですが、台東市の第一印象は最低のものになりました。






 バスで昔の鉄道駅に行ってみました。

明日の高雄行きの時間が早いのでGoogleマップで見かけた駅の近くの宿にチェックインしたのですが、花蓮の出発が遅れたこともあってシャワーは後回しにして駅前からミニバスに乗りました。

15分ほどで到着したのは昔の鉄道駅の跡地でしたが、線路の周辺は現代アートの展示などに活用されているみたいでした。旧駅舎の中には観光案内所があり、なぜか三重県産品の展示などが行われていました。






 駅前には真新しい商業施設がありました。

いかにも最近オープンしたばかりといった感じでしたが、やはりユニクロが入居していました。また3階にはシネコンもあり、台東のカップルのデートスポットになっているようでした。ちなみにユニクロの広告が入ったシャトルバスを見かけましたが、企業イメージのアップになる良い手法だと思います。






 駅前に不思議なデザインの建物がありました。

コンテナを3段に積んで作った土台に湾曲した形状の屋根をかけたものでしたが、おそらく現代アートの展示場や工房、事務所などに使われることになるのでしょう。この建物の裏の10階建てくらいの古いビルも構造だけ残して改装中でしたが、もしかしたら裏で繋がるのかもしれません。






 台東でも誠品書店が頑張っていました。

旧駅舎からアートっぽい建物が続く散歩道を歩いていたら、そのいちばん奥にスターバックスのサインが見えました。「そうなるともしかして…」と思ったら、やはり誠品書店の支店がありました。おそらく地方自治体からも困ったら誠品に相談してみようという感じになってるのかもですね。






 行列ができていた臭豆腐屋を試してみました。

少し遠いけど海が見えるところまで歩いてみようかと適当にブラブラしていたら、ある庶民的な雰囲気の店の前に行列ができているのを見かけました。臭豆腐の専門店で、メニューは大100台湾ドル、少が50台湾ドルの2種類だけというシンプルなものでした。

店の冷蔵庫には「卑酒35元」の貼紙がありましたので、これは絶対にスルーできないと行列の最後尾に並びました。私はそれほど臭豆腐が好みではないので少を頼んだのですが、これまで食べた中で最高の美味しさで大を注文しなかったことを後悔しちゃいました。






 ここも行列ができていたので試してみました。

昼にハンバーガーでも良いかなと考えていたのですが、おにぎらず風なものになったのです。夜は魚介類をと考えていましたが、偶然に行列と出会ったのも何かの縁と前向きに考えました。120台湾ドルのハンバーガーセットを頼んだつもりでしたが、出てきたのはフライドチキンのセットでした。行列ができる理由はわかりませんでしたが、それなりには満足しました。






 無料シャトルバスには乗れませんでした。

時刻表に最終は19時30分とあったので安心してブラブラしていたのですが、平日は18時30分が最終とのことでした。「それなら時刻表の文字を薄くするとか網点をかけるとか工夫しておいてくれよ~」と愚痴を言いたくなりましたが、不注意だった自分の責任です。待ち時間がたっぷりできたので夜のアートエリアをゆっくり散歩できましたので悪くはありませんでしたが。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/23(火) 23:59)

<<殺風景だった台東の駅前が少しだけ賑やかになりそうだった理由は… | ホーム | 早朝の爽やかな時間に昨夜の喧騒の場を散策して感じたことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3816-49124b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア