新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 台南の皆さんに愛されてきたような羊料理を食べて向かった先は…


 今朝は午前中はのんびり過ごしました。

午後からレンタル自転車であちこちに行く予定でしたので、体力の温存を考えてのことでした。なにせ台南は暑いので無理すると熱中症で倒れてしまいかねませんので。そろそろ帰国後のことも考え、また地元の皆さんに人気だという店が混まない内にと日本時間の12時30分くらいにランチに出かけました。

羊料理が80台湾ドルでスープとご飯を加えたセットが100台湾ドルとわかりやすい大衆的な店でしたが、ビールが40台湾ドルでしたので注文してしまいました。宿の冷蔵庫にカルフール高雄店で購入したビールがありますので悩んだのですが、誘惑に負けて1日1缶の掟を破ってしまいました。






 食後に地震の倒壊現場に向かって走りました。

台湾鉄道の線路を抜けて大学エリアを快適に走っていたのですが、信号待ちしてる時に熊本式という名前のラーメン屋がありましたので驚きました。本当に豚骨ベースのラーメンを出しているのか試してみたくなりましたが、つい先ほどランチを食べたばかりでしたので止めておくことに。それに台湾では熊本のことを「ショウベン」と発音するのでスープを飲むのは少し抵抗があります。(笑)






 不思議な名前の弁当屋さんがありました。

なぜか千葉という名前でしたが、美味しそうなネーミングじゃないですよね。日本人の千葉さんが始めた店であれば違和感はありませんが、台湾人のオーナーさんが日本に観光に行った時に成田空港を利用したことで千葉に決めていたりするなら笑えてしまいます。






 モールマニアの私はこれは認めたくありません。

郊外型の大きめのペットショップでしたが、たまにこのレベルでショッピングセンターと表示してある店があります。店主が壮大な将来構想を持っていて、それを実現させるために自分や従業員を奮起させるために表記したするのかもですが、私はそんな暑苦しい連中は大嫌いです。






 こういった看板は日本の影響だと思います。

料理人を対決させるコンセプト流行ったのは「ミスター味っ子」をパクった「料理の鉄人」あたりからだと思いますが、それがラーメンブームの頃に店主に怖い顔で腕組みさせる構図が一般化しました。まあ真剣に味を探求してるように見えるので好んで多用されるようになってるのでしょうが、日本文化が浸透してる台湾にも影響を与えているようです。






 2月に起きた台南地震の跡地の現在の様子です。

現場はすっかりキレイになっていて、周辺の建物も被害を受けた痕跡は見当たりませんでした。あれだけのビルが倒壊したわけですから、何か当時の悲惨な状況を物語るようなものがあるかと思っていたのですけどね。ちなみに現場から戻って当時の倒壊の様子を動画サイトでチェックしてみたら、ビルが道路側に倒れたので被害が最小限で済んだみたいでした。






 大型商業施設はまったく無傷みたいでした。

ビルの倒壊現場から3kmくらいしか離れていないのですが、建物が新しいので無傷だったようです。熊本地震ではこういった郊外型の商業施設は大きなダメージを受けて長期間の閉鎖を余儀なくさせられましたが、ここは翌日から通常営業だったのでしょう。






 大学エリアに不思議な建物がありました。

入口に船をモチーフにしたデザインがあり、屋上緑化なども試みられていました。何の目的で建てられたのかは謎ですが、バイオテクノロジー関連の施設なのかもしれません。ちなみに緑色魔法学校という文字が描かれていましたが、魔法使いの養成所じゃないことだけは確かです!(笑)






 これは日本統治時代の建物みたいです。

台南駅の少し北にあった旧総督府の建物ということでしたが、現在では地元の若いデザイナーたちが作品を発表したりするスペースとなっていました。今年の2月の地震にも耐えてくれた歴史の証人ではありますが、活用の方法が中途半端だと思います。もっと工夫の余地があるはずですが…






 なんと台南にもイケアの店ができていました。

旧総督府の隣の古い建物がリノベーションされていたのですが、その2階にイケアの小物だけを扱う店ができていました。昨年オープンした熊本のタッチアップストアやプーケットの小型店と似たタイプの実験的な店でしたが、残念ながらカフェは無くて10台湾ドルのソフトクリームを食べることはできませんでした。






 シャワーを浴びてスッキリして出かけました。

まずは日本人観光客にも大人気の林百貨店に出かけてみたのですが、もう開業から2年となり行列に並ぶ必要は無くなっていました。店内外のレトロな雰囲気は健在で、相変わらず台南の街の規模とマッチしていましたが、この商業施設や台中の宮原眼科などの日本統治時代の建物をリノベーションした次のものが見当たらないのが不思議です。






 林百貨店のエレベーターもすぐに乗れました。

屋上は相変わらずの佇まいで、映画のロケ地として使えそうな感じでした。まだ日本の番組では見かけたことが無いのですが、台湾のローカル番組では何度もレポーターが屋上の神社に賽銭を投げたりするところが放送されているのでしょう。台南とは同じ年に地震があったという縁で、屋上にくまモンの募金箱でも置かせてもらえば良いのでは。逆に熊本ではくまモンスクエアに台湾への募金箱を置けば良いでしょう。






 郊外の誠品書店の支店をチェックしてみました。

台南市役所の前を走ってしばらく海側に行ったエリアは新しいマンションが建ち並んでいたのですが、そんな客層を狙った高級感がある小さな支店でした。1階は飲食店で地下がフィットネス的なスペースで、その2階が書籍売り場でしたが、構造的に窓を開けることができなかったようでした。それで普通ならエアコンの室外機を置くようなスペースに植物を植えて温室風に工夫してあり、その前には座って本が読めるようにベンチが作られていました。






 今日は夜市に行くのは止めておくことにしました。

誠品書店をチェックしてから夜市を冷やかして、その近くのスーパーで刺身にできそうな生魚と朝食用のパンを買おうかと考えていたのですが、書店の近くにも郊外型のスーパーがありましたので。本当は生魚は早朝に中心部の市場で購入すべきですが、やはり夕方の時間帯に活きが良さそうな魚は見あたりませんでした。

それで65台湾ドルの牡蠣と39台湾ドルの玉子を購入して牡蠣玉を作ることにしました。牡蠣はまだ屋台で食べていませんでしたし、玉子は余っても常温保存ができますので。それ以外に惣菜コーナーで値下げされていたものや10台湾ドルのメロンパンなどを購入しました。






 食後に京都風な路地をチェックしてみました。

宿で知り合った台南在住の人と世間話をしていて教えていただいたのですが、中心部から少し離れた場所に京都の裏路地に似た飲食店や雑貨店が建ち並ぶエリアが人気とのことでした。自転車はまだ返却していませんでしたので5分ほどで到着できたのですが、なかなか良い雰囲気でした。

おそらく台南の飲食店の経営者たちが京都に観光旅行に行って影響を受けたのだと思いますが、台南の街に良くマッチしていて悪くないと思います。しかし近くで行われていた地下駐車場の工事はマイナス面が多過ぎると思います。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/25(木) 23:59)

<<台南駅の近くから150台湾ドルの高速バスに乗って出かけた先は… | ホーム | 殺風景だった台東の駅前が少しだけ賑やかになりそうだった理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3818-2f2d1068
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア