新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 台南駅の近くから150台湾ドルの高速バスに乗って出かけた先は…


 今朝も早起きしてサッと朝食を済ませました。

あまり暑くならない内に早めに台南駅の近くのバス会社に出かけたのですが、タイミング良く待ち時間ゼロで台中行きのバスに乗ることができました。まあ朝の時間帯であれば30分に1本くらい出ていますので待たされるとしても許容範囲ですけどね。このバスWi-FiはありませんでしたがUSB端子は用意されていて、タブレットの充電はできました。






 2時間半ほどで台中の朝馬に到着しました。

台中の市役所の巨大な建物の周辺が新しいビジネスゾーンになっているのですが、その近くのセントラルパーク的な公園の西側にいくつかのバス会社の営業所が集中しているのです。私は今晩のバスで台北に移動する予定ですので、バス会社をハシゴしてロッカーを探してみたのですが見つかりませんでした。それで予定通りにイケアのロッカーを利用させてもらうことに。






 すぐにイケア行きの5番バスがやってきました。

バス会社のWi-FiでGoogleマップの検索をしたら、5番のバスが無料でイケアまで行くとの結果が。市バスとイケアが提携でもしたのかと停留所に歩いていたら信号待ちしてるバスが見えました。タイミング良く無料でイケアまで行くことができましたが、どうやら台中では近距離の乗車は無料になるみたいでした。






 初めてイケアのビーフロールを試してみました。

ロッカーに荷物を預けて、迷惑な大きすぎるキーホルダーを持ってカフェに行きました。荷物を出す時にソフトクリームを食べることにして、コーヒーを飲みたかったので50台湾ドルのビーフロールとのセット注文しました。コーヒーだけだと25台湾ドルですからアホらしいですから。






 なんと日本語版の絵本が置いてありました。

イケアから次の目的地である誠品書店まで歩いていたら普通の書店がありましたので、どれくらいの差があるかチェックしてみたのですが、その書店には日本語のコーナーがあり翻訳本のオリジナルの方が売られていたです。






 台中には誠品書店の支店は2軒ありました。

こちらは市役所に近い方の支店でしたが、公園に面したロケーションは悪くありませんでした。さらに建物も壁面緑化されていて、市民に愛される存在でありたいという気持ちが伝わってきます。書店フロアは2階で地下にはユニクロがありましたが、無粋な赤いロゴは外にはありませんでした。






 公園では和めるスペースが工夫されていました。

ここで座って読書をしたりするために用意されているのでしょうが、ランチタイムでしたので弁当を食べている学生さんたちもいました。真夏は木陰でも暑いのですが、これから秋になれば犬を連れた人には最高のスペースになるのでしょう。






 風変わりな屋外美術館を見かけました。

銀色の小屋のような展示スペースを見て歩くように考えられているのでしょうが、詳細は不明です。ミニゴルフ的なスペースもあるみたいでしたが、もしかしたらミニゴルフのコース上に展示物が置かれているのかもです。定休日なのか、あるいは閉鎖されてしまったのかもわかりません。






 台湾では熊のキャラクターをよく見かけます。

このシリーズはゆるキャラっぽくないオッサン熊のシリーズですが、あまり売れそうにないですよね。しかしこの数年で台湾では熊が多用されることになりましたが、それはくまモンの影響が多少はありそうですね。






 台中駅方面に歩いて行くことにしました。

どこかでWi-Fiを拾ってルート検索すれば無料のバスで楽に移動できると思いましたが、それほど離れていませんでしたので。歩いていると新しい発見もありますし、本当の台中のことが理解できると思いますし。

大通りで歩行者信号が無い交差点があり、地下道を歩くことを余儀なくさせられたのですが、地下道はいかにも不衛生な感じでした。これだけヤバい雰囲気なら道路を横断して警官に咎められても身の危険を感じたので地下道は使わなかったと言い訳できそうでしたが。






 大規模な河川改修工事現場を見かけました。

これは汚い川を市民の憩いの場に変えたソウルのチョンゲチョンのパクリだと思いますが、こんなパクリなら大歓迎でしょう。この撮影した真下の水質と下流ではあきらかに透明度が違いましたが、どこからその水を引き込んでいるのかは観光案内所ではわかりませんでした。次回の訪問前にネットで調べればわかるでしょうが。






 昔ながらの自転車の屋台がありました。

観光名所になっている宮原眼科の対面のホテルがリノベーションされていたのですが、そこの入口にレトロな感じの自転車を改装した屋台があったのです。自転車のおじいさんは宮原眼科が実際に診療していた時代のことを覚えているかもですが、日本語教育を受けた年齢ではなさそうでした。






 名物のアイス屋には行列ができていました。

宮原眼科とアイスクリームとは接点が無いはずですが、若い台湾のカップルはここでアイスクリームを食べることが定番みたいです。台湾ドルが残り少なくなったきた私はアイスはイケアで食べることにしてスルーしましたが、おそらく並んでまで食べるような水準では無いと思います。






 台中駅の工事もかなり進んでいました。

古い駅舎は狭いですから、奥の方にドームみたいな新駅を建設中なのですが、完成後は明るくキレイな駅に生まれ変わるのでしょう。そうなると古い駅舎は使われなくなるのでしょうが、歴史的な価値はあるので高雄駅みたいに保存はされるのでしょう。






 夕方にもうひとつの誠品書店に行ってみました。

駅前から無料のバスで10分ほどで到着したデパートの9階から上に入居していましたが、ここも天井高を活かした工夫がありました。イギリスなどの伝統的な大学の図書館をイメージしたような雰囲気で、ここで読書していると頭が良くなるような気になる人もいそうです。(笑)






 イケアで荷物を取ってバスに乗りました。

朝馬の長距離バス会社までも無料でしたが、これで台中の印象はかなりアップしました。たしかに観光名所的なものは少なく、どこに行くにも近いのでスルーしてしまう旅行者が多いでしょうが、私は余裕がある人は1泊されることをオススメします。

そう書きながらも私は宿の料金を支払い済みでしたので210台湾ドル払って台北行きに乗りましたが、ちょうど夕暮れ時で哀愁が漂っていました。バスはすぐに高速に乗りましたが、少し北上したところで建設中の観覧車が見えてきました。次回に通る時には完成してイルミネーションも輝いていることでしょう。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/26(金) 23:59)

<<日本時間のランチタイムに合わせてビール片手に出かけた先は… | ホーム | 台南の皆さんに愛されてきたような羊料理を食べて向かった先は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3819-07b34df2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア