新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 日本時間のランチタイムに合わせてビール片手に出かけた先は…


 台湾滞在も台湾ドルも残りわずかになりました。

最近はどこの銀行でも両替手数料を取るようになってるので、何とか残金だけで乗り切りたいのですが。しかし旅行の最後に美味しいものを食べたいという思いもありますので、お土産類を買わないことやクレジットカードで買える土産にすることなどを検討中です。

それで旅行者から教えてもらった鰻屋を試すことにしたのですが、日本時間に慣れるためと混まない時間を狙って11時過ぎに到着するように冷やしておいたビールを持って出かけました。店で飲むと高いので到着する頃に飲み切るようにという魂胆でした。鰻屋がある路地は人通りは疎らですので、歩きながら飲んでも顰蹙を買いそうじゃありませんでしたので。






 11時なのに鰻屋の前には行列ができていました。

店内の様子をチェックしてみたら地元の皆さんが楽しそうに食べていらっしゃいましたが、回転は良くなさそうでした。雨も強くなってきましたので鰻はあきらめることにしたのですが、傘を持ってきていなかったので事務所ビルの軒下での雨宿りを余儀なくされました。






 小雨になったので土産を探しに行きました。

鰻屋の近くにカウンターだけの小さな店があることを教えていただいていたのでチェックしてみたのですが、Googleマップで場所を確認した時にカキコミで見かけたようにアルバイト風女性の態度は問題がありそうでした。

私が通りがかった時も空き箱を雑に扱っていましたが、職人さんは丁寧に美味しく食べてもらおうと心を込めて作っているでしょうから残念でした。いちおう味見用に16台湾ドル払ってバラ売りのヤツを購入してみましたが、先ほどの雑な扱いを思い出してしまって味は台なしでした。






 雨が止んでくれたので鰻屋へ行きました。

もしかしたら雨で行列に並ぶのをあきらめた人たちもいるのではと思いましたが、行列の長さは変わりないようでした。これはいつもの定食屋に行けということかなと立ち去ろうとしたら、行列で人数を確認して注文を受けていた店員さんが何か呼びかけていました。それに反応して数人の男性が店員さんに付いて店内に入って行きましたので、これは「おひとりさまはどうぞ~」と空席に相席を案内されているのだと気がつきました。

待たずに食べることができるなら味見してみることにしたのですが、最初に運ばれてきた味噌汁と漬物で失敗しちゃったかなと不安になりました。しかし鰻はまあまあの水準でしたので、満足して250台湾ドルを払いました。日本円に換算すると800円以下でしたので悪くありませんでしたいつもの定食屋の5回分と考えると無駄遣いしたような…






 こんな台湾限定のTシャツを見かけました。

ホテルオークラの近くにある「KUMAカフェ」の前に貼ってあったのですが、うな重4食分ですから安くはありません。もちろん売上は被災地支援のためにも使われるものでしょうから否定する気はありませんが、くまモングッズのコレクターの皆さんのことを想像するとお気の毒です。






 夕方から夜市の様子をチェックしてみました。

台湾一周旅行をして各地の様々な屋台をチェックしてきましたので未体験の味を期待してはいませんでしたが、何かビールに合う割安感があるものがあればと寧夏夜市で探してみました。結果は空振りでしたが、広すぎませんから初めて台湾旅行するような人たちには充分だと思いました。






 このホテルのことは気がつきませんでした。

私の記憶ではこの場所にはレンガ造りの3階建ての古い建物はあったと思いますが、スターバックスなどはありませんでした。どうやらエンベロップ方式という手法を使って高層ビルに建て直したようでしたが、このエリアの雰囲気を壊さないので悪くない判断だと思いました。






 この小さな映画館のことも知りませんでした。

私はこの朝代大戯院の前を歩いたことがあるはずですが、まったく記憶にありません。おそらく正面からだと目立たないからだと思いますが、もしかしたらわりと新しい劇場なのかもしれません。シネコン全盛時代に台北にはこんな劇場が残っていましたので嬉しくなりました。






 この新しいホテルができたことも知りませんでした。

鰻屋に行った時に巨大な広告があったので台北にもできていることを知ったのですが、なぜ行天宮の近くを選んだのか不思議でした。実際に現場を見ても理由がわからなかったのですが、ホテルの最上階に上がってみたら理解できるのかもしれません。台北101の花火見物には遠すぎると思いますが、aLoftホテルのメインの客層である欧米人観光客は中国寺の先に近代的なビルが見える構図が好みなのでしょうか?






 行列を見るとついつい試したくなりますよね。

ランチはうな重を食べましたので夜は牛肉麺でも構わなかったのですが、残念ながらこの時点では空腹ではありませんでした。まあ台北には星の数ほど飲食店がありますので、空腹になった時に出会った店で食べるのが一番だと思います。空腹は最良の調味料ですからね。






 地下のスーパーで夕食とパンを買いました。

私はまったく知りませんでしたが、微風広場の近くのビルの地下に台南で牡蠣を買ったスーパーがオープンしていました。そこで炒麺などが安くなっていましたので購入したのですが、エクスプレスレーンが無かったのでイライラさせられました。しかも私が並んだレジのおじさんがメチャ遅く、しかも私の順番になる直前に隣のレジが開いたのです。






 微風の東急ハンズでくまモン見かけました。

台北101の近くの商業施設の東急ハンズでは熊本地震に対する説明があり、くまモン商品を買うと売り上げの一部が寄付されるということでした。同じ東急ハンズでも店長さんの裁量権が大きいのかもしれませんが、熊本県も協力して売り場を盛り上げるべきではないでしょうか。






 この商業施設のことも知りませんでした。

以前は殺伐としたエリアに建てられたモダンなビルの低層階部分が台北のトレンドに敏感な若年層のための商業施設になっているみたいでしたが、空腹になっていましたので出直すことにしました。この場所は工場跡地をリノベーションした施設に近いですから、一緒にチェックすれば良いですから。






 台北で久しぶりに猫を見かけました。

台北駅の北側の古い民家が残っているエリアでは猫を見かけたものですが、今年はあまり出会うことができませんでした。この子はあきらかに近所で飼われている感じでしたが、人間を恐れている感じでした。コタキナバルの市場で中国人観光客の子供が静かに和んでいた猫を追いかけているのを見かけましたが、一人っ子政策で甘やかされていた小皇帝たちが迷惑な行為を行ったせいかもしれません。中国人の親は子供がモラルに反したことをしても叱ったりしないので、性格が歪んだ子供が多いように感じています。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/27(土) 23:59)

<<けっこう強く雨が降る中を227番のバスに乗って出かけた先は… | ホーム | 台南駅の近くから150台湾ドルの高速バスに乗って出かけた先は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3820-6d52a1ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア