新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 台湾での最終日に高級バゲットの後に食べたものは…


 今回の旅行も最終日になってしまいました。

日本に台風10号が上陸するのが確実なので帰国が遅れるかもしれませんが、とりあえずシャワーを浴びて荷造りを済ませました。コーヒーをいれて55台湾ドルだった呉さんのパン屋のバゲットを優雅にいただきました。そして午前中はブログのアップなどして過ごしました。

日本時間のランチタイムが近くなりましたので宿の冷蔵庫から最後のビールを取り出し、いつもの定食屋に出かけました。3種類のおかずと豚肉のソテーを選んで50台湾ドルでしたが、今日は暑くなかったので店内では無く道路側のテーブルに座りました。それはこっそりビールを飲むためでもありましたが、店員さんたちは忙しくて客席を見る余裕は無いみたいでした。






 食後に台湾ドルのコインを処分しました。

今日は郊外にオープンした三井アウトレットなどに寄ってから市バスを乗り継いで桃園空港へ行く予定でしたが、カードの残高が足りないと面倒でしたし、重たいコインも処分しておきたかったのです。このチャージ機はコインを20枚まで入れることができましたが、財布からすべてのコインが無くなってスッキリできました。このチャージ機が空港にあれば良いのですが、見かけた記憶はありません。






 今日はアウトレット経由で空港に行くことに。

桃園空港から台北駅への地下鉄の開業が年末まで遅れるみたいですのでバスで行くことにしたのですが、いろいろとルート検索してるとイケアまで行ってからアウトレット行きに乗り換えるのが安くてスムーズそうでした。

イケア新庄店までは何度かバスで行ったことがありましたが、降車ボタンを早く押し過ぎてしまいましたのでカルフールの手前で降りることになってしまいました。そこから少し歩いてイケアまで行ってロッカーに荷物を預けたのですが、コインが必要なタイプでしたのでガッカリでした。つい先ほどコインをすべて処分したところでしたので…






 最後にイケアでデザートをいただきました。

これまで乗っていたエアアジアなどは機内持ち込みの荷物が7kgまでと制限がありましたが、今晩のVエアーは10kgと余裕がありましたのでカルフールで少し買い物をしてイケアに戻ったのです。

イケアでは最後にいつもの10台湾ドルのソフトクリームを食べようかと考えていたのですが、レジ横に30台湾ドルのフローズンヨーグルトが「ひとつ買えばひとつ無料」でしたので迷う必要はありませんでした。ソフトクリームをふたつというのは罪悪感がありますが、フローズンヨーグルトであれば抵抗もありませんし。






 イケアからアウトレットまで15分ほどでした。

まずは林口地区では三井アウトレットモールよりも少し古いグローバルモールに行ってみたのですが、まったくの時間の無駄でした。おそらくこの商業施設の建設計画が出てきた頃には三井アウトレットモールの計画も表面化していたはずですが、有効な対策を怠った開発責任者をクビにすべきなのでしょう。






 三井アウトレットは混んではいませんでした。

オープン当初は来場者が多過ぎてゆっくり買い物もできなかったらしいのですが、もう半年は経っていますので落ち着いていました。このモールは半分がクーラーが効く室内型で、残りの半分は日本国内と同じようなオープンエアー型でした。冬の台北はけっこう冷えますので良い判断だと思います。






 最終日にも誠品書店をチェックできました。

私は台湾に来る度にチェックして誠品書店の奥行きの深さに感心させられているのですが、定価販売が基本の書店がアウトレットモールに出店しているとは意外でした。まあ誠品書店は書籍以外に雑貨や文具なども販売していますのでアウトレットモールにだって出店できるのですが、この出店は三井側の強いオファーがあったためだと思います。






 テラスで残りものの酒で休憩させてもらいました。

微風広場に行った時にスーパーで果汁30パーセントのジュースを購入して冷凍庫で凍らせていたのですが、それはマレーシアで不味いウオッカをマシにする編み出した手段を応用したものでした。台湾ではどこのコンビニでも冷えたビールを100円くらいで購入できるのですが、台湾一周旅行で購入した酒が余っていましたので。残念ながらジュースはかなり融けていたのですが、冷たいカクテルを楽しむことができました。






 台湾のこの三井の展示もガラガラでした。

台湾より早くマレーシアのKILA2の近くにオープンしていた三井アウトレットにも似たような展示があるのですが、やはりそこも無人でした。オープン時は業界関係者の視察が多いので見学者が多いのでしょうが、普通のお客さんにアピールする内容じゃないので仕方ないのでしょう。もう別のテナントに貸しても良いのでしょうが、残すのであれば展示方法をもう少し工夫すべきでしょう。






 周辺のビル群はゴーストタウンのようでした。

夕暮れの中で建設中の高層ビルは暗くて墓標のようでしたが、すでに建設が終わっているビルも窓の明かりは少ないみたいでした。桃園空港と台北駅の間の地下鉄駅が年内に開業すれば入居者数は増えるのかもですが、まだ交通は便利とは言えませんし。大陸からの投資が多いとなるとゴーストタウン状態は続くかもですが、アウトレットモールの周辺にいろいろと新しい施設がオープンするので安定するのではと予想しています。






 桃園空港までの396番バスは不思議でした。

アウトレットモールがある林口地区から桃園空港をルート検索しても出てこないのですが、空港の手前にあるタイモールで検索すると表示されるのです。さらに停留所に番号の表示は無いので心配になりましたが、Googleマップで表示された場所で待っていて手を挙げたら止まってくれました。

桃園空港から台北駅までの高速バスは125台湾ドルでしたが、今日はイケアまでが15台湾ドル、イケアからアウトレットモールまでが30台湾ドル、そして最後の林口地区から空港までが30台湾ドルで合計だと75台湾ドルでした。逆も同じ値段で行くことができると思いますが、停留所などがわかりにくいのでオススメはできません。

この画像は少し苦労して空港に到着して、コーヒーを飲むために給湯器があるトイレの横に行く途中に見かけたものです。大きなプリクラマシンみたいなもので、背景を選んで無料で記念撮影できるみたいでした。思い出にもなりますし、SNSで拡散してもらえば台湾観光のPRになるので悪くないのでしょう。






 桃園空港には3種類の祈りの部屋がありました。

普通の空港にはモスリム用の祈りの部屋しかないのですが、ここはスポンサーが付いたためか公平に配慮されていました。まあ3大宗教以外の宗教には配慮されていないのですが、人口カバー率は9割近いでしょうから無いよりもマシなのでしょう。ネオナチの皆さんが間違えて入室することも無いでしょうし。(笑)






 これは貴重なVエアー最後の機内誌などです。

9月末でフライトが終わることが決定していて、その後は親会社に吸収されるという話から休眠するだけという話も出てきましたが、どんなことになろうともこれらの印刷物は残り1ヶ月の運命でしょう。そう思うと楽しげな表紙のイラストが悲しい感じです。今日のフライトのクルーの皆さんの態度も普通でしたが、内心は穏やかじゃなかったかもしれませんね。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/08/29(月) 23:59)

<<台風10号の悪影響が無かったので到着できた羽田空港で見たものは… | ホーム | けっこう強く雨が降る中を227番のバスに乗って出かけた先は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3821-f4c2bc6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア