新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 久しぶりに郊外のショッピングモールをハシゴしてみて考えたことは…


 熊本は早朝から小雨が降り続いていました。

地震でダメージを受けて雨漏りするようになった屋上部分の防水塗装をする予定でしたが、自然には勝てないのでローラーなどの消耗品を郊外のホームセンターに買いに行くことにしました。その選択肢はいろいろありましたが、ついでに地震後に再開したショッピングモールもチェックしてみることにして城南方面に行くことに。

まずは浜線バイパスから近いゆめタウンに行ってみたのですが、まだ1階部分だけしか営業していませんでした。それでお客さんも少ない感じでしたが、5kmほど先のイオンモールがリノベーションオープンとCMを流している影響もあったのかもです。






 郊外のホームセンターは混雑していました。

大型のホールセンターは品揃えが良いのでプロの業者さんが買いに来ていることもあるみたいですが、プロにお願いしようとしても忙しいからと断られたり不当に高い見積もりが出たりするので自分たちで補修してしまおうという方も少なくないのでしょう。もちろん地震から半年も経っていますので、優雅にガーデニングでもというリタイア組もいたのでしょう。大陸や朝鮮半島に政変が起きれば食糧危機となるかもしれませんので、私は観葉植物は高い税率をかけて食用植物を非課税にしたりして食料自給率を上げるように誘導すべきだと思いますけどね。






 さすがにイオンモールはキレイになっていました。

6月にチェックした時は1階のイオンのスーパー部分だけが地味に営業していましたが、今回は2階部分もオープンしていてイオンスタイルの売り場が追加されていました。地元に密着してる雰囲気を前面に出しているコーナーもありましたが、私は表面的なポーズにしか過ぎない感じがして好きになれませんでした。






 イオンモールのカルディコーヒーに寄ってみました。

熊本の中心部の蔦屋書店にも支店ができていたので久しぶりというわけじゃなかったのですが、コーヒーを試飲させてもらうために入店しました。コーヒーもワインも買い置きしてるものがありますのでコーヒーを飲み終えて出ようかとしたら、ニョッキが安売りされていましたので衝動買いしてしまいました。和食には飽きていますし、普通のパスタもそろそろ飽きてきていましたのでね。






 こんなものが駐車場にオープンしていました。

まだイオンモールの半分くらいしか復旧していなかったのですが、駐車場を犠牲にして「HAREBARE」という仮設店舗を作ったのは話題作りという側面も大きいのではと思います。今日は天気が悪くて無人状態でしたが、秋晴れの日には晴ればれ気分で買い物するお客さんも少なくないのでしょう。






 こんなWAONカードもできていました。

熊本と大分を支援する目的でデザインされたものみたいですが、これも被災地の消費者にイオンの経営姿勢をアピールしたいがためにやっているように思えますので不快です。大手流通業の被災地支援であれば他にやるべきことがたくさんあると思いますけどね。






 田崎市場のTSUTAYAが閉まっていました。

代官山のTサイトを筆頭に全国に好感度な書籍と雑貨の複合型店舗を出店しているのも台湾の誠品書店のパクリだと思いますが、そういった前向きな姿勢とは逆に不採算店舗の閉鎖も地味に行われているのでしょう。それというのも高速ネット回線の普及で映像や音楽のダウンロードが急速に普及しているのでメディアのレンタル業は無くなりそうですからね。






 これは熊本駅の近くの被災したマンションです。

このマンションから見える場所に新幹線が脱線していたのですが、そのことは大きく報道されたので覚えている人も多いでしょう。しかしこのマンションが九州の交通の大動脈の新幹線や在来線にとって脅威であることを報じてはいなかったと思います。このマンションは建物の線路側に大きなクラックができていたのですが、2度目の地震がもう少し強く揺れたら線路側に倒壊していたかもしれないのです。

私がこの画像を撮影した頃に鳥取県で震度6の地震が発生したのですが、地震国の日本ではどこで何が起きるか誰にもわかりません。熊本の皆さんは終わったことだと安心しているでしょうが、3度目のデカいヤツが来ないという保証はありません。もし3度目の大地震が発生したら、このマンションが線路の上に倒れるかもしれません。不幸にして新幹線や在来線が下敷きになれば死者数は2度目を超えてしまうでしょうし、鉄道の復旧には最低でも1ヵ月くらいかかってしまうのではと私は危惧しています。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/10/21(金) 23:59)

<<毎日のように地震関連の記事が続いている熊本で見かけたものは… | ホーム | 期待せずに購入してみたのに期待ハズレだった熊本の商品は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3875-f773c95d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア