新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 天気も良かったので折りたたみ自転車に乗って出かけた場所は…


 今朝は先日の雨がウソのような秋晴れでした。

それで折りたたみ自転車に乗って佐賀空港まで行くことにしたのですが、大牟田方面までは嫌いなJRしか選択肢がありませんでした。少しでも儲けさせないように安い方法を模索して上熊本駅のひとつ先の崇城大学前から乗ることにしました。上熊本駅の方がエレベーターがあるので楽なのですが、崇城大学前から乗る方が少し安かったですからね。

昨年末に新しくなった上熊本駅で一休みしたのですが、隣の熊本電鉄の駅との間が工事中でした。どうやらドラッグストアとスーパーが入居するみたいですが、売り場面積は狭そうなので期待はできません。まあ折り込み広告の安売り次第では出かけてみても良いですが。自転車でアクセスできる距離ですし。






 大牟田の先の吉野駅で西鉄に乗り換えました。

田舎の小さな駅で降りて自転車で1kmほど北上して西鉄渡瀬駅で乗り換えましたが、それがいちばん安い方法だったと思います。西鉄は単線でしたので特急が通過する時に待たされたりしましたが、牧歌的な雰囲気を満喫できました。電車賃を節約するために柳川のひとつ手前の得益で降りたのですが、ここは完全な無人駅でした。






 自転車で走っているといろんな発見があります。

ほとんど歩いている人がいない住宅地を抜けたら湾岸道路の工事現場が見えてきたのですが、これが繋がってくれると熊本方面から佐賀空港までの移動は5分ほど短縮できるかもしれません。この高架式の道路の下は何度か走ったことがありましたが、もちろん自転車で横切ったことは初めてでした。






 これは柳川城址の近くのお堀で見かけたものです。

昔ながらの船頭さんがガイドしてくれる観光船がのどかに浮かんでいましたが、温暖な九州も来月には寒くなりますので今年の観光シーズンはもうすぐ終わるのでしょう。ちなみに柳川エリアは船巡り以外にたいして面白いものが無いので素通りしたことしかありません。






 走り疲れたのでスーパーで少し買い物しました。

もう数キロ先にも庶民的なスーパーがあるのはわかっていたのですが、トイレにも行きたかったので。途中の食堂に入ってもガラガラなはずなのでフライトのチェックインには間に合うはずでしたが、手際が悪い老夫婦が経営してる店に当たるとイライラしそうなので惣菜とビール風飲料を購入して川沿いの公園で食べることにしたのです。母の味だという五目ごはんとデカいカニかまフライと飲み物で偶然に555円でした。






 ようやく畑の先に佐賀空港が見えてきました。

騒音問題などをクリアするために干潟を埋め立てて空港が作られたようですので、空港の北側は平坦な農地で遠くからも管制塔が見えるのです。私は春秋航空の国際線と国内線に乗るために10回以上は来たことがありますので驚きませんが、初めて成田空港や上海から着いた人は「本当にここが佐賀空港なのか…?」と不安になるのでしょう。






 空港公園に展示してあるYS-11を見に行きました。

以前にも見たことがありましたが、川沿いの公園でランチの時にビール風飲料を飲んだのでトイレに行きたかったのです。ついでに佐賀空港に配備されるかもしれないオスプレイが駐機していないかと滑走路をチェックしてみたかったのです。オスプレイは見当たりませんでしたが、YS-11に乗ってたような老人たちが日向ぼっこしているのを見かけました。






 最初に春秋航空のチェックインを済ませました。

早めに到着できましたので並んでいた人もわずかで、5分ほどで搭乗券を入手できました。空港の案内所で駐輪場を訊いたら第1駐車場とバスレーンの間にあると教えてくれました。無料の駐車場は混んでいましたが、駐輪場はガラガラでした。さすがに近くに住んでいる人でも自転車やバイクで来ようとは思わないのかもしれませんね。






 離陸前に佐賀土産を試食しに行きました。

ランチ後のデザートは口にしていませんでしたので、佐賀土産の定番の老舗の羊羹屋で新作などを味見させてもらいました。その羊羹屋はセルフサービスでお茶も用意してくれているのですが、1000円レンタカーと共に佐賀県の皆さんに感謝します。ちなみに佐賀土産だけじゃ売り上げが足りないのか福岡の明太子味のお菓子なども売っていました。







 離陸する前はトランプが優位との報道でした。

しかし2時間弱のフライトを終えて成田空港に到着してチャンネルを関東にセットしてみたら、トランプの勝利が決定していましたので驚かされました。各局のアナウンサーたちはいろいろと勝因を分析していましたが、中西部のアメリカ人たちの民度が大阪の橋下を支持した連中と同じくらいだということなのでしょう。






 成田空港からは東京駅行きのバスに乗りました。

明日から渡欧する友人にお土産用の明太子を頼まれたためでしたが、東京駅前の北海道の物産館には箱入りのものはありませんでした。それで銀座方面のデパートに行くことにしたのですが、裏道を日本橋方面に歩いたら知らない複合ビルができていたのでチェックしておきました。

明治屋の隣に完成した「京橋エドグラン」という複合ビルでしたが、なぜか地下に外国人向けの観光案内所ができていました。地下鉄の乗り場には近いのですが、あまり良いアイデアだとは思えません。わざとらしい和風モダンなデザインも新宿のパスタと同じような自己満足に過ぎない感じでいかがなものかと思いますが。






 夜の銀座で佐賀とのギャップを楽しみました。

松屋と三越の食品売り場をハシゴしてみたのですが、贈答用の木箱入りの明太子は私の今日の交通費の総額と同じくらいの値段でした。閉店時間も近づいてきたので明太子はあきらめることにして銀座四丁目交差点にオープンした日産のショールームに行ってみたのですが、先ほどまで走っていた佐賀空港までの農道とのギャップに国内格差を痛感させられました。






 最後にプランタンをチェックしておきました。

今年いっぱいで閉店してしまうという話でしたので何か面白い企画でもないかとチェックしてみたのですが、時間の無駄でした。それから交通会館の北海道の物産館をチェックして東急プラザなど歩き回りました。これはその途中に見かけた石川県のアンテナショップですが、これが2年前にオープンしていたことに気がついていませんでした。何度もこのビルの前を走っていたはずなのですけどね。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/11/09(水) 23:59)

<<友人が私のために残してくれていた料理をいただいて出かけた先は… | ホーム | 午前中に郊外のホームセンターに行ったついでに立ち寄ってみた所は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3894-be717882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア