新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 西原村のみんなの家をチェックした後にドライブしてみた場所は…


 先週の日曜にも行った西原村に出かけました。

ヤボ用を済ませてから前回は被災地巡りでお腹いっぱいになったためにスルーした阿蘇市方面に行くことにしたのですが、地元のニュースで西原村にガラス張りで開放的なみんなの家という集会所が完成したということでチェックしてみました。

仮設住宅の住民の希望を吸い上げて設計されたということで、他のみんなの家とは一味違いましたが工夫が足りず退屈でした。私が不満だったのはみんなの家というコンセプトなのにトイレも含めて施錠されていて中をチェックできないことでした。






 今日もグリーンロードをドライブしました。

ヤボ用を済ませてキリンの「午後の紅茶」のCM撮影に使われた南阿蘇鉄道の無人駅に行ってみたのですが、あまりのショボさに驚かされました。駅舎はわりと新しい感じでしたが、「見晴らし台」という駅名とはイメージの格差があり過ぎでした。CMでは牧歌的に見える部分だけをトリミングして世界観を表現していましたが、上手いものだと感心させられました。






 久しぶりに阿蘇の東側を走ってみました。

南阿蘇から阿蘇神社などがあるカルデラ内の北部に行くためには西周りか東周りか選ぶ必要があるのですが、前回もその前も西周りを選びましたので考えるまでもありませんでした。阿蘇の東周りルートは信号がほとんどありませんし、途中から店も民家も無くなるので気持ち良くドライブできます。今日も阿蘇山頂は霧で見えませんでしたが、まるでスコットランドのような景観を満喫できました。






 崩れた阿蘇神社には屋根がかけられていました。

駐車場のおじさんの話では今日の午前中にクレーンで鉄材の屋根の構造部分ができたばかりということでした。これから阿蘇神社の周辺にはカバーがかけられて手作業で丁寧に解体されるということでしたが、関係者以外はこの光景を見ることができるのは最後になるみたいです。






 阿蘇市の商店街はサミシイ感じになっていました。

地震後に阿蘇神社の復旧を願って頑張って営業されていたエレファントコーヒーは大改装のために骨組みだけになっていましたが、その近くの飲食店もオフシーズンになるのでサミシイ感じでした。九州ふっこう割は今月末に終わりますし、崩れた阿蘇神社を見ることができなくなると観光客が減るかもしれません。






 吉田司家の工事はまったく進んでいませんでした。

以前は熊本市の藤崎宮前にあったのですが土地を売却して、阿蘇市の「はな阿蘇美」という観光施設の隣に移転することになったという話でした。それは良からぬ筋とのトラブルがあったという噂もありましたが、実情は定かではありません。しかし何年もこのままというのは何かトラブルが続いているのかと疑ってしまいます。






 内牧駅はいつの間にか消え去っていました。

先週の日曜日には赤水駅が取り壊された跡を見に行きましたが、この内牧駅も地震のダメージが大きかったのでしょう。阿蘇大橋が崩落した時にJRの線路も大量の土砂に押し流されてしまったので、復旧までに3年くらいかかりそうですから駅舎が無くても問題ないのですが。






 阿蘇市のZENというカフェは閉まっていました。

数年前から「然」のイメージのロゴで阿蘇オリジナルの商品開発などを行っていて、それを展示発売するカフェがオープンしたということはローカル番組で見かけたことがありました。走っていたら偶然に見かけたのでチェックしてみようと思ったら閉まっていました。もしかしたら売上不振で永遠に…(笑)






 内牧の仮設住宅はマシな雰囲気でした。

体育館の敷地に小規模な仮設住宅が作られていたのですが、阿蘇らしく木を多用したものでしたので雰囲気は悪くありませんでした。益城町のテクノ仮設住宅はズラリと灰色のプレハブが並んでいてアウシュビッツみたいでしたが、ここは半月くらいなら住んでみても良いレベルでした。






 阿蘇駅前にはこんなディスプレイがありました。

阿蘇らしくトナカイの代わりに牛さんがソリを引っ張っているものでしたが、4月の地震で列車が走れなくなったのでサミシイ感じがヒシヒシと伝わってくる感じでした。ななつ星もルート変更してしまいましたが、富裕層の乗客のためにホームに建設された朝食用の食堂は8ヶ月も閉まったままですからお気の毒です。






 今日も帰りはミルクロードを走りました。

外輪山を抜けて大津市内までやってくると壊れた家やブルーシートが激減するのですが、もうすぐ地震から8ヶ月になるので当然でしょう。先週と今日の2度の阿蘇ドライブはなかなか見応えがあって満足でしたが、最後に「がんばろう」の文字を見かけたので台なしでした。







 夕食用に道の駅阿蘇で高菜飯などを買いました。

最後に地元の野菜でも買って帰ろうかなと阿蘇駅前に自動車を停めたまま道の駅まで歩いて行ったら、弁当に半額シールを貼りはじめましたので高菜飯などを購入してみました。悩んだ末に3品購入したのでワンコインには収まりませんでしたが、美味しかったので許容範囲でした。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/12/13(火) 23:59)

<<新メニューのベーコンとアスパラガスの朝食を試してみた理由は… | ホーム | 慢性的にネタ不足の熊本の夕方のニュース番組で見かけたものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3928-455a46d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア