新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 新聞やテレビなどの20世紀のメディアがオワコンだと思う理由は…


 新聞やテレビなどのメディアはオワコンだと思います。

特に年末になると新聞は事前に作っておいた紙面が目立つようになり、テレビは4時間特番など間延びしたものが増えます。それは日本の20世紀に成長したメディアの作り手が忘年会疲れしてしまうからでしょうが、年末年始に休みたいので11月から事前に作り貯めするからでしょう。

熊本の新聞なのに国内ランキングは地震が2位で、天皇の話が1位でしたが、これも新聞がオワコンであることを現していると思います。また配達が主な流通方法である新聞が元日の翌朝に休むのは理解できるのですが、夕刊を6日も休むのはいかがなものでしょうか。天皇の話が1位であることに疑問を持たないような現在の高齢者が死に絶えてしまうと、6日ではなく365日休むことになるでしょう。






 熊本は韓国の蔚山市と歴史的な縁があります。

加藤清正が率いる荒くれ者たちが「朝鮮征伐」のために海を渡った事実があるらしいのですが、韓国南部の現代自動車などの本社がある工業都市の蔚山市には加藤清正の命令で築かれた石垣などが残っていて、熊本市にもウルサンという電停があり関係性を感じさせます。

さすがに「恨」の国でも当時のことを覚えている人はいないわけですし、韓国の経済レベルは日本に追いついてきたこともあって熊本と蔚山は音楽の文化交流を続けているようです。日韓の大学生やミュージシャンがステージに上がっていましたが、やはりこのゆるキャラも…






 スタイルが良い女性が記念撮影していました。

なぜか毎年この時期に放送される美女コンテストの裏側を取材したものでしたが、地震があったのに中止にはなりませんでした。まあ益城町など活断層に近かった被災地以外は被害が少なかったですし、地震発生が春だったのが幸いして行政の不手際で支援物資が滞らなければ全国からボランティアや有給の人たちの応援もありましたのでコンテストを中止するほどじゃ無いと判断されたのでしょう。

高速で早送りして番組の流れをチェックしただけなので詳しい内容は知りませんが、コンテストの候補者たちは被災体験や今後の抱負などを語っておられたようです。それぞれ厚化粧の裏にはそれなりの苦労があったみたいですね。






 加藤清正たちがこんなCMに出ていました。

築城400周年で西南戦争で焼失していた本丸御殿を再建する時に「熊本城主制度」という寄付金を集める詐欺的な手法を編み出したのですが、今度は「復興城主制度」と名前を変えて将来の熊本県民の恥となりそうなコンクリート製の天守閣への寄付金を集めることにしたようです。

このコスプレが好きそうな熊本城おもてなし武将隊の皆さんはボランティアで出演されているのかもですが、もしギャラが寄付金や税金から払われているとしたら問題でしょう。またこのCMの制作費や放送料も値段によっては投資効果が低いのにと批判されることになるでしょう。






 年末年始は熊本城周辺が賑わいそうです。

まず大晦日には熊本城の真下にあるNHKで8Kで紅白を見ることができるイベントがあり、大トリの嵐の前に特別にライトアップされた熊本城を背景に氷川きよしが歌うことになると思います。氷川きよしの横ではくまモンが愛想を振りまくと予想していますが、二の丸広場は熊本城のキャラクターであるひごまるに任せてくまモンは益城町のテクノ仮設住宅のみんなの家にお邪魔するのかもしれません。

元日は二の丸広場や桜の馬場などで迎春イベントが行われるのですが、今年から元日は入場無料のコンクリート製の天守閣の最上階から初日の出を見ることはできなくなりましたので金峰山や阿蘇などに分散するかもしれません。夕陽マニアの私は録画しておいた紅白やガキ使などの長時間番組を早送りしてチェックして消去するのに夜中までかかりそうですし朝日には興味ないので朝寝坊すると思いますが。






本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2016/12/28(水) 23:59)

<<年末の熊本駅前の再開発の高層ビルが悲惨な状態になっていた理由は… | ホーム | 俵山トンネルが開通した直後に阿蘇エリアにも忍び寄る危機は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3943-cdb1546a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア