新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 2017年の仕事始めの日に株価が少し上がったくらいで喜べない理由は…


 今日は少しだけ株価が上がったそうです。

トランプの経済政策は未知数ですが、それゆえにアホな期待感がアメリカの景気を上げているのでしょう。それで円が安くなり、日本の輸出企業に追い風となっているようです。熊本は特に復興特需が期待されているのですが、建設現場に雇用が生まれると新卒者の争奪戦が激化してしまうでしょう。

円安が続けばインバウンドの増加が期待され、熊本県内の宿泊施設がハラル対応などの新規投資を行ったり、外国人旅行客への対応力が優れた人材は高給が用意されるかもです。世襲総理は酉年で日本経済が力強く羽ばたくといったような妄想を語っていましたが、私はトランプが就任後に現実の厳しさに直面したら円高になるんじゃと予想しています。

そうなると輸出企業は息切れして給料は上がらず、インバウンドも期待倒れになってしまいそうです。息を吐くように嘘をつく世襲総理の経済政策が完全に失敗と認識されれば不満が高まってテロ事件が多発しそうですし、大陸や半島で政治的な混乱が起きれば武器を持った難民が日本の海岸に押し寄せることになるかもしれません。

高くて危険な国に観光にと考える人は少ないでしょうから、せっかくのハラル対応の厨房や食材は無駄になり、投資金額の返済が経営を圧迫することになるかもしれませんね。






 被災地から被災地への慰問があったみたいです。

熊本地震の発生後に熊本県出身の芸能人たちが炊き出しなどの支援をしてくれ、連日のようにメッセージが放送されていました。しかし益城町など活断層に近かった地域以外はダメージも少なく行方不明だった大学生もご両親の努力で発見され、仮設住宅の整備が終わったこともあって被災地の正月は津波被害とメルトダウンがあった東北とは較べられないレベルだったようです。

津波から5年経っても仮設暮らしが残っている東北出身の芸人さんたちが南阿蘇などを慰問してくれたみたいでしたが、東北各地を慰問してきた経験からしてみると「俺たちが来る必要があったのかな…」と思われたかもしれません。知らないオジサンたちにリアクションが薄かった南阿蘇の子供たちはくまモンの登場に大はしゃぎしていましたが、東京や東北ではたまにしか見かけないゆるキャラの人気を思い知らされたことでしょう。






 熊本県庁で仕事始めの挨拶があったみたいです。

今日も穏やかな天気に恵まれて屋外でも寒くなかったでしょうが、何かといえばゆるキャラが偶発的に人気が出たことを自分の手柄のように自慢する老人に対して「2016年はお前の天災に対する危機意識の欠如のせいで我々が苦労させられた…」と恨めしく聞いていた職員も少なくなかったのでは。

もちろん熊本県の金庫は空っぽになりましたが、国からの補助があり公務員たちの待遇に大きな問題は無いでしょう。また熊本県庁の部署によっては県知事がくまモンに持たせている色紙のように復興特需の既得権益で濡れ手にアワ状態で笑いが止まらない連中もいたことでしょう。






 民間企業も今日からのスタートが多かったようです。

ニュースでは着物姿で電話を受けている証券会社の映像が流れ、社長さんは復興特需があるので熊本関連の企業の株価は右肩上がりではと楽観的に予想されていました。年明けに株価も上がりましたし、証券会社が利益を上げるためには「今年は明るいんだっ!」と言いたい気持ちは理解できます。

これは元日の新聞にあった熊本の経営者たちのインタビューをまとめたものですが、熊本の経済を明るくしてくれるような人物はいないようでした。ザッと目を通してみただけですので、もしかしたら小さくてもキラリと光る人物がを見落としているかもですが。






 私はこの熊本城の隣の神社のCMは初めて見ました。

私が大晦日に出かけて縁起餅をいただいた神社でしたが、現時点では一般人が熊本城の天守閣や宇土櫓を見物する場所としていちばん近いので例年に較べて多くの参拝者が訪れていると思います。

信仰心がまったく無い私は賽銭箱はスルーしましたが、ほとんどの参拝者は「坊主まる儲け」の箱にお金を投げ入れていました。またおみくじや縁起物のグッズも購入したりして神社の懐を温めることに協力されていました。それで「今年は良い年に…」と願っていたのでしょうが、世の中に神はいないので単なる無駄遣いでしょう。

神社の関係者が「神は存在するし、御利益はあります!」と言うのなら、私は1万円を入れてシリア内戦が終息することを願ってみても構いません。ただその願いが叶わなかった時は倍返しにしていただきたいですが。(笑)





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/01/04(水) 23:59)

<<昨晩に作ってみたおでんの残りを洋風にアレンジしてみた結果は… | ホーム | 正月の初売りを目当てに下通アーケードに出かけて見かけたものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3950-89e89013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア