新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 2時間の時差があるパタヤで目覚めて食べに行ったものは…


 日本とタイは2時間の時差があります。

それで香港とマカオの空港に連泊して疲れていても暗いうちに目が覚めてしまったのですが、ベッドの中でブログの更新をしながら友人が目覚めるのを待ちました。昨晩は朝食用のパンなどを購入していなかったので近くの屋台に出かけることにしたのですが、友人は具だくさんの麺を、私もいろんな具材トッピングされている粥を選びました。どちらも40バーツで、なかなかの美味しさでした。






 食後に部屋でコーヒーを飲んで散歩に出かけました。

早朝のタイの街角でよく見かけるお供えものがパタヤにもありましたが、これはなかなか豪華でした。これを毎朝やってると想像すると頭が下がる思いですが、同時に「神なんていないのに…」とも思ってしまいます。ちなみにこの数軒先ではカップヌードルをお供えしていました。(笑)






 これはパタヤでは老舗の部類の商業施設です。

低層ながらシネコンもあってセントラルフェスティバルが進出してくるまでは繁盛していたんじゃないかと思います。ロケーションは悪くないので現在もなんとか頑張っているようでしたが、1階の奥のフロアはテナントが抜けてサミシイ状態でした。






 パタヤでも不動産への投資熱は高いようです。

もちろんプミポン国王が亡くなって1年は喪に服すという建前があるのですが、経済崩壊に備えて資産の安全な分配をと考える中国の富裕層には関係ない話ですしね。特に大陸の北の方の海が無い都市の住民からしてみると常夏のパタヤは憧れなのでしょう。経済制裁でロシア人の購入は減っているかもですが、専門家の分析や将来予測を聞いてみたいものです。






 初めて明るいうちに夜の歓楽街に行ってみました。

これまで暗くなってから半裸状態で客引きする様子を見に行ったことがあるウォーキングストリートでしたが、午前中は色気を振りまいていた女性たちは寝ているので閑散としていました。夜の喧騒が信じられないくらい静かな通りを歩いていて、排水溝の蓋の横に穴が空けられているのに気がつきました。夜はこの場所に屋台が置かれて客の食べ残しなどをダイレクトに流しているのでは。






 散歩の帰り道はビーチサイドを選びました。

海上には30ほどのパラセイリングしてる人たちがいましたが、高層コンドミニアムやクルーザーなど南国気分を盛り上げるネタには困らないようでした。パタヤはバンコクにも近く、近くにウタパオ空港もできましたので今後も発展しそうです。しかし同じような店や業態ばかり増えるのはよろしくないと思います。もう少し差別化を考えるべきでしょう。






 差別化の実例としてはこういったものがあります。

他の店とあきらかにコンセプトが違う印象に残るような大型店を適度に配置するのが有効だと思えるのですが、単にアメリカなどの有名なチェーン店を誘致するだけじゃ面白くありません。タイも経済成長して余裕も出てきてるはずですので、タイらしい新規事業を模索すべきでしょう。






 お昼前に安ホテルをチェックアウトしました。

パタヤには2泊するのですが、1日目は寝るだけと割り切って安いホテルを選びました。次のやや高級なホテルのチェックインまで時間がありましたのでセントラルマリーナのフードコートでランチを食べることにしました。時間もあるし私は歩いて行きたかったのですが、シンガポールの友人が嫌がったので10バーツの乗合自動車で移動しました。






 ランチは50バーツのトムヤム麺にしてみました。

セントラルマリーナのフードコートは前払いのカードを買わなくてはなりませんでしたが、友人が50バーツのカタヤキ麺を選んだので私も同じ値段のものにしてみました。発売禁止になる前に購入しておいたビールを飲みながらいただきましたが、そんなマナーが悪いことをできるのもパタヤならではでした。






 食後に1万円だけ両替しておきました。

今日の午前中までは1万円が3088バーツでしたが、それが10バーツだけ円高になっていましたので。最初は友人からお金を借りてからバンコクのスーパーリッチで替えようと思っていたのですが、今日のレートなら悪くないですからね。






 両替してからこんな工事現場に遭遇しました。

ランドマークであるイルカのロータリーの近くのかなりの大きさの敷地に建設されるのはバンコクにある「ターミナル21」という商業施設のパタヤ店でしたが、セントラルフェスティバル並みの大型物件ですからかなりのインパクトを与えるものだと思えます。おそらく完成までに2年ほどかかるのでしょうが、再訪するのが楽しみになりました。






 5分ほどソンテウに乗って今夜の宿に着きました。

最近はシンガポールのウッドランドにコンドミニアムを購入したりと金回りが良さそうな友人が「たまには少し良いホテルに…」と言うので早割のディスカウントがあったプール付きのホテルを予約してみたのですが、一昔前のLAのホテルみたいにゆったりしていて悪くありませんでした。ただ難点はWi-Fiはロビーだけと時代遅れだったことでした。






 これはホテルの非常階段から撮影したものです。

部屋のベランダからはプールの先に少しだけ海が見えるだけですが、いちばん海に近い非常階段からだとキレイに見ることができました。周辺に高い建前が無いので夕陽も見えるかと期待していたのですが、残念ながら突き出した陸地に邪魔されるみたいでした。まあ今日は雨模様ですので方向が合っていても無理なのでしょうが。






 夕陽はダメでしたが、雨は止んでくれました。

先日の喧騒とは無縁の静かなホテルライフを享受してから夕食に出かけたのですが、中心部に較べると選択肢は多くありませんでした。10軒ほどの中からシーフードがある店を選んで炒飯を作ってもらうことにしました。シーフード炒飯は50バーツでコンビニで購入したビールは2本で95バーツでしたのでトータルで300円以下でした。






 今夜の楽しみはアメリカサイズの風呂でした。

人吉で温泉に入り、昨晩は温泉のステッカーが貼ってあったシャワーを浴びました。タイなので今日も温水シャワーかなと思っていたら、ムチャ熱いお湯が出る長身のアメリカ人でも利用できそうなサイズのバスタブがあったのです。

おそらくパタヤがリゾート開発され始めた頃にアメリカ人団体客を収容する目的で建設されたものでしょうが、ここを選んで正解でした。パタヤ独特の喧騒が好きな旅行者にはオススメしませんが、静かなリゾートライフを楽しみたい方には悪くないと思います。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/01/17(火) 23:59)

<<パタヤのやや高級なホテルのテラスで朝食にいただいたものは… | ホーム | マカオ空港で目覚めてからカジノホテルへ行くことを断念した理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3963-7fbbd13d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア