新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 17バーツだったので買おうか悩んだのに目覚めた後に役立ったものは…


 目覚めたらタイ時間で10時を過ぎていました。

日本との時差は2時間ですので昼過ぎまで寝ていたことになりますが、こんなに長時間コーマ状態だったのは初めてでした。若い頃にみんなで大量の安酒を飲んだ翌朝みたいに頭がクラクラして関節が痛みました。「これは久しぶりにヤバいヤツかも…」と覚悟してよろめきながら麦茶を作って水分補給に励みましたが、食欲はまったくありませんでした。

しかし体力を回復させるには麦茶だけじゃダメだろうと水分が多い固形物であるスイカを試すことに。昨晩にビールなどと共にビッグCで購入していたものでしたが、これが大いに役に立ちました。手に取った時には小さいのが17バーツでしたので悩んだのですが、こんなことになるのなら丸ごと1個買えば良かったかなと少し後悔しちゃいました。






 昼を過ぎても症状は改善しませんでした。

もちろんブログの更新もしたかったのですが、「具合が悪い…」と書いた後に睡魔に襲われて途切れてしまうと毎日のように読んでくれている古い友人や旅行中に知り合った人たちに余計な心配をかけてしまうかもしれません。それに友人から教えてもらったある企画の締め切り日も迫っていましたし。さらに帰国便を購入したエアアジアのセールでもうひとつくらい飛んで楽しちゃうことにしました。

朦朧とした頭で何度も打ち間違いしながらだったので回復後に見るとたいして安くはなかったのですが、来月のホーチミンからジョホールバルが6000円ほどで、旅の最後のクアラルンプールから関空が8000円ちょいでしたのでセールのおかげで3000円ほど節約できたことになります。

このセール狙いは昨年末からやっていたのですが、そろそろ帰国便だけでも買っておかないと新しい国に入国する度に説明しなきゃならないのが面倒でした。この2回の予約番号さえ持っていればどこの国境でも旅した後に母国に戻る無害な観光客と優しく受け入れてくれるはずですからね。






 夜になって少しだけ気分が良くなりました。

非常食にもなるインスタントのお粥など持っていましたし、1日くらい何も食べなくても人間は死なないとはわかっていましたが、回復具合を近くのコンビニ往復で確認してみようと思いました。それに昨晩から宿のご主人に顔を見せていなかったので、部屋代を払いつつ具合が悪くてバンコク滞在が延びそうだと伝えておきました。

現在の宿は3軒のコンビニの中心にあるのですが、その中でいちばん近いセブンイレブンでも頭がクラクラして隣町にあるかのように感じました。気分転換も兼ねての買い物でしたが、まだ少し早すぎたようでした。後から考えると水分補給だけで安静に過ごして回復を待つべきでした。






 コンビニで購入する商品は夕方から決めていました。

昨夜のソンタムと一緒に食べることを考えた15バーツの炊いたご飯でしたが、今晩の夕食はそれにゆかりを振りかけたもので良いと考えていたのです。普通の白いタイ米と真っ黒な黒米、そして丸の内の女性たちが好みそうな雑穀入りっぽいものがありましたが、黒くてはゆかりが見えないので3番目を選んでチンしてもらいました。






 今晩だけは飲まないという選択肢もありました。

これまで年末年始から香港、マカオ、タイと1日も休まず何らかの酒を飲んできましたが、体調を崩したことをきっかけにマレーシアを出国する翌日まで止めることも考えました。しかしその前にはシンガポールが横たわっていて友人がタイガービールを両手に立っている姿が目に浮かびます。

また私が体調不良でコーマ状態の時にメールでやりとりした人に心ない言葉を書かれ、飲まなきゃやってられねーんだよっていう気分でした。まあ相手は自分が冬の日本にいて、私は常夏のバンコクでのんびりしてるんじゃないかと思っていたのでしょうけどね。プール付きで豪華だったのはパタヤの2泊目だけだったのですけどね。






 残りは野沢菜茶漬けでいただきました。

セブンイレブンの炊いたご飯は量は160gだと思いますが、一度に胃袋に押し込むのは無理でした。それで液体を多く取りながら振りかけなどで味と風味を変えて半分まで行きました。

これは水分を取り過ぎて夜中にトイレに行った時に胃袋が小声で「それくらいなら大丈夫だよ…」と囁いてくれたので試したお茶漬けですが、雑穀米と野沢菜の相性が悪すぎたのには驚かされました。試してみたい人はお茶漬けをスーツケースに詰めてスワンナプームに飛んでみてください。絶対後悔しますよ!(笑)





本日のオピニオン | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/01/22(日) 23:59)

<<闘病生活も2日目になり、何か食べれそうな気がして出かけた先は… | ホーム | 今日もMBK行きの47番のバスにただ乗りできた理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3968-8bf6599e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア