新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 丸2日間ぐっすりと休んだことで回復したのでランチに出かけた先は…


 今回の夏風邪はシリアスでしたが、回復しました。

ずいぶん体が軽くなりましたし、急に頭がクラクラすることも激減しました。48時間以上を無駄にしてしまいましたが、最後のクアラルンプールで予備日を用意してますので特にスケジュール上の問題はありません。少し心配なのは戻らない食欲ですが、刺激策としてユニクロがタイ進出した同じ時期に開店して、私はバンコクに来たら必ず立ち寄ることにしている横井うどんの冷やしぶっかけを試すことに。

初回はどうせ普通のうどん屋だろうと84バーツの並を頼んだのですが、その時に「箸が止まらない美味しさは高松以来の衝撃、俺は何で114バーツの大盛りを選ばなかったんだろう…」と自分を非難しました。それ以来いつも大盛りを注文して1分ほどで啜って、20分くらい冷たいお茶を限界までお代わりしてから衛星版の新聞を読ませてもらっています。

しかし病み上がりの今日はまったく自信がありませんでしたので、生まれて2回目の並を注文しちゃいました。まだ日本を出てから1週間ですから、さすがに横井うどんはスルーかと思っていたのですが、行かなくてはならない理由ができてしまったのです。結果的にすべて美味しくいただくことができましたし、大きい方を頼んでも大丈夫だったかもです。しかし今日は並で大満足でした。






 来月のタイの若者は大スターの歌に興奮するのでしょう。

食後にふらりと入ってみた日本食のフジスーパーにピコ太郎が表紙のWISEの最新号が置かれていたので、ありがたくベトナムに持って行くことにしました。日本では小坂大魔王の露出が増えるとピコ太郎の価値が落ちていると思いますが、そりゃジャスティン・ビーバーみたいに才能があるわけじゃないので当然ですよね。そういえば数年前にバンコクにテレビ東京の深夜のお色気番組に出てたセクシーなお姉さんたちが来タイしてたな…ピコ太郎を見て思い出しましたよ。(笑)






 かつてはここには憎っくき「矢場とん」がありました。

数年前に名古屋の本店の若い生意気な店員の態度で一気に食べる気が失せた有名店のタイ1号店がありましたが、バンコクの移り変わりは早いものですね。そういえば横井うどんの奥でいつも割引バナーを工夫してたラーメン屋も無くなっていましたし。毎年バンコクに来てる私が驚くくらいですから、10年前とかにこのあたりに駐在されてた人が再訪したりすれば道を間違えると思いますよ。






 去る店もあればタイにやって来る店もありました。

この有名店主の店は台北でも見ましたし、たしか熊本にも来てくまモンが同じポーズをやってたのを見た記憶があります。この手の有名店のタイ1号店の場所としては隠れ家的過ぎて良くないのではと思ったのですが、流石に関西企業は抜かりなくこの入口は裏口だったようでした。ここで駐在員や日本通のタイ人への接客トレーニングを積ませ、タイ中に支店を増やす計画なのでしょうね。






 またこんな賃料が高そうなビルができていました。

エカマイ方面からプロンポン方面に高架鉄道の下を歩いてみたのですが、レインヒルの丸亀製麺が撤退していたりして時代の変化を感じさせられました。高架鉄道沿線にはまだまだ新しい高層ビルが作られていましたが、その多くにはマックスバリュの需要があるのかもです。この派手な賃貸ビルにはもう少しグレードが高いスーパーかコンビニが求められているのかもですが。






 巨大な銀の下り龍オブジェが作られていました。

数年前にエンポリウムの対面に華々しく開業した高級ラインの商業施設は中央が谷のようにデザインされており、これは中国正月の時期に海外買い物旅行する中国人のために、その谷の頂点から駅の方へ銀の龍が舞い降りて来た感じを表現したかったのかもしれません。悪くないのですが、タイの町工場で作られたとして、その強度は大丈夫なのでしょうか?






 下り龍は日本企業の運勢を落としたかもしれません。

ちょうど龍の尻尾あたりの階に出店していた日本のセレクトショップの草分け的な存在の会社の東南アジア1号店でしたが、私はバンコクが台北や香港の延長線上にあると判断したのが間違いだと思います。

店員さんは4人いて、お客さんが来ないものだから頬杖をついてスマホいじりと末期的な状態でした。私は悪いのはタイの店員では無く、バンコク進出を決めた日本側の責任者だと思います。ろくに現場も見ないで周辺のテナント名だけ見て、安直に決定してしまったのでは。私はタイは早過ぎたと思いますし、進出するにしてもこんな高級感がある立地じゃ無かったと思いますが。






 福岡の飲食チェーンのタイに進出していました。

熊本や鹿児島など九州各地に「ウエスト」というらしからぬ店舗名のうどんショップを展開している企業が数年前から逆方向の「あずま」という店名の蕎麦屋を展開中で、昨年もちろん地震の後ですが、熊本にも1号店がオープンしました。

駐在員が多いバンコクなら蕎麦屋もイケるだろうと進出されたのでしょうが、やはり最初のインパクトは大事ですから「はま活」くらいは良い立地を探すべきだっと思います。ここともう1店舗が同じエリアにあるのですが、ふたつ合わせてもう少し良い場所を確保すべきだったのでは。






 これはエンポリウムの近くの建設予定地です。

エンポリウムには高架式の鉄道の入口と同じ空中に新しく作られたエントランスからドアマンに大きなガラス戸を開けてもらって入ったのですが、その先は以前とさほど変わりが無かったので追加工事の意味をあまり理解できませんでした。ぐいぐい奥へ進んでフロアを降りたらコンドミニアム群などへの入口があるのですが、そこにはスターバックスができていました。もちろんドアマンなんていません。

そこを出てすぐの所にあった広い敷地を持つお屋敷が取り壊されていましたが、ここに近い内に新しい商業施設でも建設されるのではと予想しています。まだ看板も何も無いのですが、これまでの経験で普通のコンドミニアムなんかじゃ無いかと睨んでいます。






 南下して「Kスクウェア」をチェックしてみました。

駅前にエンポリウムが開発され、その南側にあったフランスの流通大手のカルフールの周辺も賑やかになりはじめました。かなり前のことなので記憶が曖昧なのですが、カルフールが撤退してすべてがビッグCに変わった頃にKスクウェアは都会的な雰囲気で開業したと思います。

199バーツのとんかつ定食を目当てに2階のリンガーハットに何度か来たことがありますが、今回久しぶりに歩いてみたら空きテナントが増えて危機的な状況でした。1階のスーパーの対面にあったリラっくまのカフェも飽きられたようですが、上海にくまモンの大陸1号店をオープンさせた関係者の皆さん、居抜きでこのままいかがでしょう。色を黒く塗り替えるだけですぐにオープンできそうですが。(笑)






 この商業施設が今回のハイライトの予定でした。

最後のテスコロータスまで我慢できずにビッグCのディリークィーンでソフトクリームを購入し、食べ終えた頃に到着できたのですが、このイギリスの古きよき時代の雰囲気を再現した感じの商業施設は、前回は西側の独立したスターバックスだけが先行オープンしていました。

今回はその奥のマクロも、そして対面のチャンネル3というテレビ局の皆さんも心待ちにされていたはずの空調完備のフードコートなども含めてすべてがオープンしているはずでしたので楽しみでした。さすがにエリア3軒目のディリークィーンは無さそうでしたが。(笑)






 建物の完成度はそれなりに高かったのですが…

ユニクロなどのメジャーなブランドのショップの導入を排して、エアポート21のように地元の資本力が無いけど情熱はありますタイプの小型店をズラリと並べ、フードコートもそれなりにバラエティーがあるもので、個人的には嫌いではありませんでした。

しかしこの商業施設が息切れせずに生き残ることができるかは大いに疑問です。これまで数百の類似施設を見てきたのですが、ここはかなり廃墟化するのが早そうです。交通アクセスの悪さをカバーするにはエカマイたプロンポン辺りと無料シャトルバスを運行すればしのげるでしょうが、やはり目の前のテレビ局にイベントを乱発してもらうしかないでしょう。もちろんこのマーケットを舞台にした新番組も。






 最後に少し買物してバスで帰ることにしました。

テスコロータスはたまに地元産の野菜や果物を激安で販売しているのですが、やはりそれは庶民の胃袋を支えてるクロントーイ市場が近いからなのでしょう。帰国後のことも考えてスニーカーを、そしてビールにも飽きてきたのでマレーシアで編み出した「ライチジュース作戦」用に安いウォッカも購入しました。

ディリークィーンはスルーして45番の無料バスに乗れたのですが、しばらく走ったら進行方向の右側に見慣れない建物が。長く工事が続いてきたオフィスビルがようやく完成したようで楽しみが増えました。






 夕方は渋滞が激しくて歩いた方が早そうでした。

これが毎日のことだと考えるとウンザリですが、このあたりで何とかしないと3世代でミニバイクにノーヘルで乗ってる1人だけ黒髪の孫が16になって髪を染めてバイクに乗るようになっても渋滞は変わらないでしょう。普通車が多すぎるのが渋滞の原因なのですから、やはり公共交通機関を無料化して、自動車保有に高額の税金を課するのが得策でしょう。






 バスを降りて「ライチジュース作戦」を試してみました。

作り方は簡単で、コンビニで購入したライチドリンクをぐいっと味見して、その減った部分にウォッカを投入してシェイクするだけです。安い酒は単独で飲むと不味いですが、ライチのおかげでカバーされます。そしてライチカクテルを飲み終えたら、ライチジュースのペットボトルにウォッカを入れてしまいます。そして重たいガラス瓶にサヨナラ…

セブンイレブンのスラーピーにウォッカを入れてみたいと思っているんだけど、最近はスラーピーのマシーンを置いていない店が増えてます。ウォッカを持ち歩いて試してやる!





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/01/24(火) 23:59)

<<午前中に宿の猫たちに見守られながら決めたタイ脱出方法は… | ホーム | 闘病生活も2日目になり、何か食べれそうな気がして出かけた先は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3970-4e21286b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア