新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 午前中に宿の猫たちに見守られながら決めたタイ脱出方法は…


 さすがに今日は宿で洗濯させてもらいました。

日本を出てから1週間が経ちましたが、気温30度が当たり前の中で同じトラウザースをはきつづけていましたので。体調も完全復活と言って良いでしょうから、そろそろバンコクの脱出日を決めなきゃと足踏みしながら考えました。

体調が悪化していなけ333れば、私はファランポーン駅からノンカイ行きの夜行列車に乗ってラオスのビエンチャンで中国正月を迎えたことでしょう。経済援助に押されて中国の隷属国家に成り下がったラオスの首都がどんな感じで中国人たちに媚びるのか興味がありましたので。しかし突然の体調不良でそれはまた次にでもということなのでしょう。

洗濯物を屋上に干しに上がった時に「そうだ!カンボジアに行こう。」と思いつき、急いで部屋に戻って最新情報をチェックしてみたら、相変わらず生意気にビザ代を支援しまくってきた日本人にも要求するらしいのですが、イオンの2号店の建設が決まったりとラオスにはならないようにギリギリ踏ん張っているみたいです。初めての地下鉄が建設中のベトナムのホーチミンにも近いし、ハノイは次回にして、南部だけにしておこうかと決めました!






 これは13番のバスから見かけた新しいビルです。

今日はまず適当にランチを食べてから、日本円を米ドルに両替して、そしてフリーペーパーに載っていたスカイトレインのマッカサン駅の周辺の開発が本格化する前の様子をチェックしておくことにしたのですか、最初からこのウォーターゲートパビリオンという面白いビルに出会ってしまいました。

このビッグCとスカイトレインの中間くらいに建設された商業ビルはかなり奥行きがあり、その奥の部分にはまだテナントが埋まっていません。テナントは浅草のダンサーが着ていそうな派手なステージ衣装を製造販売してる業者が多いのですが、そのバラエティの多さには誰しもが驚くことでしょう。全国の学園祭関係者の皆さん、ここではほとんどの物が揃いますよ!






 ランチに面白いメニューを試してみました。

ウォーターゲートからビッグC側に少し南下した所に昔からパラディアムワールドショッピングという雑多な印象の商業ビルがあるのですが、今日はその場末的な3階のフードコートを試してみることに。まずはレジで100バーツ札を出したら、出てきたのは電子カードではなくてクーポン!

そのクーポンを握りしめ、フードコート中のブースをチェックして注文してみたものは50バーツだった「豚ミンチ入りのオムレツ入りスープ」でしたが、私が生まれて初めて食べたありそうで無かった献立でした。かなり単純なもので、オムレツを作り過ぎた時の翌日のメニューとかに良いでしょう。なかなか悪くない味でしたので、興味がある方はぜひお試しください。






 ようやく中国正月っぽいカウンターがありました。

食後にパラディアムモールの1階で見かけたのですが、中国人の買い付け業者が多いための配慮かもしれませんね。ネットのニュースによりますと、今年の春節での中国人の渡航先の1位はタイで2位が日本だったとか。チェンマイは属国のラオスを抜ければ近いし、プーケットやパタヤも中国の濁った海水とは較べられないほどですので理解できます。しかし順位を上げたいとお考えの方はこれくらい歓迎の意志を伝えられてみては。






 いつの間にかこんな夜のスペースができていました。

「NEON」という名前からカラフルな屋台村が想像できますが、昼間は大きな空き地にレインボーカラーのテントが並んでいるだけです。しかし夕方から店がオープンしだして、外国人観光客もやって来て盛り上がっているのでは。東京でも夏は代々木公園やお台場などでやれば良いでしょうね。






 マッカサン駅に向かう途中にあった小さな溜め池です。

かつて汚い水に大量のゴミが浮いていましたが、かなりキレイに変化していました。子供たちが通学路として利用していたのにも驚かされましたし、子供が昼寝できるほど治安が改善しているのも発見でした。かつてこの辺りは昼間でも薄暗くてヤク中の痩せこけたオッサンがブツブツ独り言を言いながら歩き回っていたりしましたが。






 これがマッカサン駅の近くだと信じられます?

土地はタイ政府のものだと思いますが、おそらく数世代前から勝手に住民が住み着いているのでしょう。それでたまには強制退去を命じてモメたり、逆に今回のような新しいキングの誕生のときには恩赦があったりと紆余曲折があったと推測しています。しかしこんな景色が駅から10分も歩かずに見えるって不思議ですよね。でも本当なんです。疑い深い人はご自分の目でお確かめください。マッカサン駅を降りて進行方向に7~8分歩いた右手に見えて来ますので。






 ここからマッカサン駅までボルトなら1分でしょう。

私でも汗を気にせず全速力で走ったら3分を切ることができるかもしれませんが、誰も何もくれないでしょうから走りませんけどね。東京駅だと八重洲ブックセンターくらいの距離なのですが、そんな場所に裕福とはいえない普通の家族がいまでも住みつづけられているとは信じがたい話です。ちなみにこの家の玄関から30分でスワンナプームへ到着できます。






 さすがにアメリカ大手企業は動きが素早いですね。

トヨタやホンダを差し置いてハーレーがショップを出すのが早いとは予想外の出来事でした。しかしこの店はやけに狭そうな感じですよね。南青山のテスラの東京ショールームより小さいなんて不思議ですよね。やはりこの店のオープニングにはアメリカ大使なども駆け付けられたのでしょうか?(笑)






 タイに到着した日にも私はこの景色を見ました。

その時はモーチットからパタヤに向かう高速バスに乗っていたのですが、「バンコクの中心部のはずなのに、見慣れない光景だな…」と思った記憶があります。黒い歪なデザインのビルは完成間近みたいですが、次の機会に周辺を歩き回る予定です。ちなみになぜか浜松の春華堂のうなぎパイのデカい日本語の広告が並んでいました。不思議ですよね。






 これはマッカサン駅の東側になります。

ちょうど空港のようなターミナルを背にして撮影している感じですが、なぜかスポーツ施設の入口に似た建物を建設していました。奥のコンクリート製の建設中の建物は何を目的にどの程度まで高くするのかは不明です。次回にうなぎパイの看板と共にチェックしてみましょう。






 ここ場所にはかつて日本大使館がありました。

現在の要塞みたいな建物の10分の1くらいしか工費がかかっていないような貧相な建物が場末にあったのですが、跡地が再開発で大化けしそうですから面白いものです。この大使館跡地はシンハグループ購入して、数本の高層ビルに生まれ変わるようです。その詳細はマンションギャラリーで紹介されるのでしょうが、まだそれも工事中でした。






 少しバスに乗って適当に南下してみました。

乗り換え無しで帰ることができる方法を模索してみたのですが、それができるのは景色が見えない地下鉄だけでした。それでクロントーイ市場まで歩いて、それから先日と同じ45番バスに乗ることにしたのですが、路上で初めてサラダの葉をビニールに入れて売ってるのを見て驚きました。

バンコクで初めて屋台の寿司やタコ焼きを見かけた時もそれなりに驚きましたが、今回は屋台のオーナーが日本に行ってみたことがありそうでしたのでショックでした。おそらく成城石井辺りでビニール入りのサラダの葉を見て、「これはバンコクでもウケるに違いない!」と思われたのでは。






 これは先日の市場の前のビルのオブジェです。

ラマ4世通り側はガラスのカーテンウォールのシンプルな四角い壁でしたが、かなり変則的な敷地でオブジェがある所はミニ公園になっていました。そしてそのオブジェ側にはまたしてもDEAN&DELUCAカフェが。ニューヨークやワシントンDCの店を知る人から見たら信じられない狭さですが、これが現在のタイなんですね。






 ついにクロントーイ市場にもコンビニができます。

バスを待つ間に久しぶりにクロントーイ市場の中を歩いてみましたが、今でも市場特有の雰囲気はそのままでした。そんな食のプロたちが切磋琢磨してる所の端にコンビニが進出するのですが、私は大成功間違いないと思います。オープン日にはレジ待ちの行列ができるでしょう。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/01/25(水) 23:59)

<<バスが無料だと嬉しいけど、これは止めてと言いたくなることは… | ホーム | 丸2日間ぐっすりと休んだことで回復したのでランチに出かけた先は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3971-fe2bcc1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア