新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 バスが無料だと嬉しいけど、これは止めてと言いたくなることは…


 今日はバンコクでも中国正月の大晦日って感じです。

チャイナタウンはあるものの、華僑の人口比率が低いこともあって明日は特別な日では無いみたいです。タイ人にとって最大に祝うのはソンクラーンで、次が日本や欧米と同じ1月1日、その次が今年だと明日になる中国正月といった順番でしょうか。もちろん華僑の家庭では真逆でしょうが。

今日はチャオプラヤ川の周辺の様子を見に行ってみようとルートを調べてみたら、一度王宮方面に出かけてからの方が良さそうでした。バス停で待っていたら47番が無料になってるヤツが来たので嬉しかったのですが、助手席側のガラスに大きなステッカーが貼ってあったので景色を楽しむことができませんでした。安全面でも心配ですし、これは止めていただきたいものですね。






 カオサン側からの入口には外国人用がありました。

欧米の旅行者からしてみると日本人以上に中国正月は疎遠でしょうし、昨年のプミポン氏の死を1年間も追悼し続けるというのは信じられない生産性が低い行為だと考えていそうです。天皇が死んでも葬式気分なのは翌日までで、3日目にはすっかり喪が明けた感じになる日本とも大違いですが、もちろん他国の人間が自国の常識を押し付けるのも良くないですし、タイの皆さんには好きなだけ弔意を現してもらえば良いでしょう。






 今日もいろんな食料品をいただきました。

チョコレートマフィンみたいなのとソーセージロールはちょうどパンを切らしていたので明日の朝食にいただくことにしました。ランチ用にはおにぎり風なものとローストチキンをいただくことに。ちなみにこの後で別のテントでガパオライスをいただきましたが、食べ切れないので夕食に回しました。しかし無料飯だけで3食賄えるとはスゴイですよね。






 こんな弔意を現す方法もあるようですね。

近所の小学生がクラス毎に協力しあって描いたのではと思われるプミポン氏のイラストでしたが、右から2番目のヤツはイタリア映画のポスターみたいでした。これまで商業施設や銀行などでプミポン氏が描かれた絵画を何百枚と見てきたのですが、タイ国民が喪に服す期間はまだまだありますので増え続けるのでしょう。独裁国家以外では珍しいですよね。






 チャオプラヤ川沿いにカフェができていました。

その名はズバリのものでしたが、これくらいシンプルな方が良いと思います。ここはおそらくインドシナ3国を植民地化したフランスやイギリスによって開発されたものを最近になってリノベーションしたものだと思います。いわゆるYODPIMAN RIVER WALKの端になると思います。






 アメリカのコーヒーチェーンも出店していました。

バンコクのこの新たな観光地は王宮とチャイナタウンの中間に位置して、地下鉄が延伸することにより観光客が増えることが期待できます。そういった状況を専門家が調査しての出店なのでしょうが、将来が楽しみです。






 我慢できずにアイスに手が出てしまいました。

次のバスに乗る前にオールドサイアムプラザのディリークィーンでソフトクリームを食べる予定でしたが向こうから歩いてくる女の子たちがアイスを舐めながら歩いてくるので誘惑に負けてしまいました。ついつい女子高生たちに混じって10バーツのヤツを注文しちゃいましたが、少しの罪悪感がさらに美味しくしてくれました。もちろんこの後でディリークィーンもいただきました。甘いものは別腹ですから…(笑)






 ちょうど夕暮れに川沿いの商業施設に着きました。

「アジアンティックリバーフロント」に暗くなってから来るのは初めてでしたが、昼間に較べて観光客が多いのに驚かされました。多くの人が記念撮影してる夕暮れのチャオプラヤ川のプロムナードで王宮でいただいたガパオライスをいただきましたが、なかなか良い思い出になりました。






 中国のメイソウがバンコクにまで進出していました。

これまでもあちこちの国で路面店は見かけたのですが、この商業施設は以前は小さな個人商店ばかりでしたので意表を突かれました。まあタイ人からしてみると日本から新しい店がやってきたと誤解しちゃっていると思いますが、値段に合わない粗悪品は置かないようにお願いしたいものです。






 少し洒落た外観のセブンイレブンがありました。

行きの1番のバスから見えて気になったのでチェックしてみたら、ガソリンスタンドの敷地に新しく建設されたシルバー基調のモダンなデザインの支店でした。その入口には電動自動車用の充電設備が工事中でしたが、タイもついにそんな時代になったようですね。






 OTOPの近くで少しだけ変化がありました。

数年前に高速道路の下にタイ版の1村1品運動のOTOPの店が集まるストリートができたことをブログにアップしましたが、それが先の方までスケールアップしていました。残念ながらそのすべての店は閉店していましたが、夕方はそれなりに賑わっているのかもしれません。

しかしこんなサインを出すとパタヤ好きな欧米人旅行者はお姉さんたちを期待して間違って来てしまうかもですね。(笑)






 夜のタニヤ通り界隈を歩くのは久しぶりでした。

以前に較べるとうるさい客引きは激減していましたし、キレイなお姉さんたちも少なくなった感じでした。もちろんもっと遅い時間になると増えるのかもですし、明日は中国正月ですから売れっ子たちはホテルでの貸し切りパーティーなどに呼び出されていたのかもしれません。

世界の山ちゃんがまたしても羽根を広げていましたが、1号店よりもこちらの方が合ってるでしょう。10年前からここにあったと言っても誰も疑わないほど馴染んでいますし。






 名古屋の店はこんなことになっていました。

一昨日のブログで名古屋の「矢場とん」がラーメン屋に変わっていたことをアップしましたが、残念ながら撤退ではなくて移転だったようです。名古屋の本店でイヤな気分にさせられたことがあってから倒産を願い続けているのですが、しぶとくカウンターだけの小さな店を続けているようです。まあ以前よりかなり落ちぶれた感じですので、このままフェードアウトすることを引き続き祈りたいと思います。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/01/26(木) 23:59)

<<2017年の中国正月の朝にバンコクの宿で見かけた光景は… | ホーム | 午前中に宿の猫たちに見守られながら決めたタイ脱出方法は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3973-94ae4862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア