新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 早朝にレンタル自転車を返却しに行って見かけたものは…


 早朝にレンタルした自転車を返却しに行きました。

今朝は乗る予定が無かったので昨晩の内に返却しても良かったのですが、夜道を歩いていて強盗の被害に遭ったという話を聞きましたので明るい時間帯に返却することにしました。スニーカーを履いていれば強盗にキックをお見舞いすることや走って逃げ切ることもできると思いますが、強盗出没を予想してスニーカーに履き替えるのも面倒でしたのでね。

今朝は自転車を借りた店が見つからないので焦りましたが、店の前の歩道を掘り返しての改修工事の真っ最中でした。先日のおばさんは隣の軒下を借りて営業中でした。






 自転車屋からの帰路は川沿いの道を選んでみました。

川に面して駐車場がある中規模なファッションビルができていて、ティンバーランドがテナントだったのは驚きませんでした。しかし建物の1階の左側は高級スーツケースのリモアの専門店でしたので驚かされました。観光客相手に成功したカンボジア人がバンコクやシンガポールなどに遊びに行く時にスーツケースを買うのでしょうか。またはお土産を買い過ぎた中国人観光客が買い足すのでしょうか。どなたか理由をご存知ならコメント欄でご教授をお願いします。






 川沿いで新しい橋の図面を見かけました。

現在の橋は2車線あるのですが、渋滞解消のためか一方通行になっていて不便です。それで4車線に拡幅して対面通行にするのでしょう。そんなのは橋を架ける時に交通量の増加を予想してやっておけば良かったのにと思いますは、シュムリアップ市も当時は財政状況が厳しかったのかもしれません。






 早朝から寺院は地元民で賑わっていました。

まだ正月気分が残っているためか家族単位での初詣といった感じでしたが、クアラルンプールの寺院前と同じように参拝客から恵んでもらおうという人たちも見かけました。こちらでも新年に功徳を積めば1年を幸せに過ごすことができるという迷信が広まっているのかもしれません。






 さすがに中国銀行の支店もオープンしていました。

中国人観光客が春節に行きたい国の1位はタイで、2位は日本で3位は韓国だということでした。カンボジアに行きたい人は少ないと思いますが、それなりに関係は深まりつつあるのでしょう。中国銀行も将来を見据えてここに支店を出したのでしょうが、ズラリと並んだクーラーの室外機や非常用の自家発電装置がすべて中国製だったのが印象的でした。






 韓国勢も負けじと化粧品店を展開していました。

これはフェースショップで、数軒先にはナチュラルレパブリックの支店がありました。この美白の女性が浅黒い肌のカンボジア女性にとっては憧れらしく、頑張って貯めたドルを惜しげもなく化粧品に費やす人も少なくないとか。まあタイで見かけるナメクジ入りの化粧品より良いのかもですが、私にはまったく乙女心が理解できません。






 ランチは久しぶりにピザにすることにしました。

入口にドラフトビールが50セントと書いてあるのを確認して席に座り、最初のビールを飲みながらピザの種類を検討しました。昨晩のナスに続いて今日もトマトソースのナスをトッピングしたものを選んだのですが、最初にバターを塗ったパンが運ばれてきたので驚きました。

パンもあったのでビールは2杯では足りず、ついに禁断の領域に突入してしまいました。あまり美味しいとはいえないピザが3,5ドルでビールとの総額は5ドルでした。またしても目標のワンコインを超えてしまいましたが、なんとか許容範囲でした。夜は2杯に抑えて節約するつもりです。






 食後にパブストリートを歩いてみました。

夜遅くまで時差ボケのヨーロピアンたちで賑わっているストリートですが、昼間は彼らが寝ていることもあって静かです。屋台も少しだけ営業していますが、売上は夜の10分の1程度かもしれません。ちなみに屋台は同じようなものを扱っていてバラエティーに乏しいのが難点です。屋台マニアの私としては不満なのですが、外の世界を知らない地元民たちは私の不満を理解できないかもしれません。






 川沿いに小規模な商業施設がありました。

あちこちの国で見かけるピザ屋とアイスクリーム屋のセットを見て、「この企業のマーケティング部が出店にゴーサインを出したということは経済的にテイクオフしようとしてると認められたようだな…」と私に思わせました。どうせ中は死んだような店しかないだろうと期待せずに入ったら予想した通りでした。しかし建物にはエスカレーターがありました!






 なんと商業施設の2階には映画館がありました。

シュムリアップで2番目にできたと推測するエスカレーターで2階に上がってみたら、奥の方に無人のカウンターがありました。上映作品のラインナップはかなり古いので、バンコクあたりの路上で10バーツで販売されている違法DVDを上映してるんじゃないかと睨んでいます。






 素朴な雑貨を路上販売してる人達がいました。

生活用品がどんどん中国製のプラスチック製品に置き換わっていく中で昔からのハンドメイド品を販売し続けることは意味があると思えます。私がビリオネアであれば屋台ごと買い取って別荘で保管して、消え行くハンドメイドの商品を後世に残すと思います。






 これはシュムリアップの博物館です。

展示品が面白く無さそうでしたのでミュージアムストアだけチェックしてみたのですが、まったく退屈で死にそうでした。もちろん有料の展示物は見なかったのですが、内容をゼロベースで見直すべきだと思います。たいていはアンコールワット観光は半日で終わるので、それ以外の見所を増やすことが観光客の滞在日数を延ばすことにつながる重要なことだと思いますが。






 博物館の隣は世界的に有名な免税店でした。

トゥクトゥクの広告でシュムリアップにも支店があることを知ったのですが、店内に入ってみたらクーラーがガンガン効いていて別世界でしたので驚かされました。しかも中央の吹き抜け部分にはエスカレーターがあったので、さらにビックリでした。

私はシュムリアップにはラッキープラザにしか無いと思っていたのですが、立て続けにエスカレーターを見かけたのでシュムリアップに対するイメージが大きく変わりました。もしかすると本当にイオンモールのカンボジア3号店はシュムリアップにできるかもしれません。






 バスのチケットを購入して夕食となりました。

いつものように50セントのドラフトビールを注文したのですが、切らしているので缶ビールをということでした。なかなか愛想が良い店でしたが、料理が出てくるまで時間がかかったのがマイナスポイントでした。しかし牛肉の炒めものは2,5ドルのわりには美味しくて、ビール2缶との合計は400円以下でしたので悪くなかったと思います。






 夕食後に賑やかな夜の町をぶらぶら散歩しました。

さすがにカンボジアではくまモンはまったく見かけませんが、サンリオの猫のキャラクターなどもほとんど見かけることがありません。なぜか最近のシュムリアップではドクターフィッシュが流行っているようですが、これは最新なのか1周回って再ブームなのかは不明です。




お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/01/31(火) 23:59)

<<先日の夜に半額になっていたパンを食べてから出かけた先は… | ホーム | 正月気分が少しだけ残るシュムリアップの町で自転車を借りた理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3977-bb28ce03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア