新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 自転車を借りるのは止めて近場をチェックすることにした理由は…


 今日はレンタル自転車を借りるつもりでした。

プノンペンは観光地じゃありませんが、都会ですから何でもあるはずです。ホテルの近くに自転車屋が集まったストリートがありますので尋ねてみたら1日2ドルということでした。自転車は100ドル程度で買えるものですから1ドルで十分だと思いますが、交渉しても下がりません。別なエリアを探すべきかと、今日は借りるのをあきらめました。

それで近場のセントラルマーケット方面をチェックすることに切り替えたのですが、何度か行ったショッピングモールが大改装中でしたので工事フロアを抜けてフードコートに行ってみました。イカを食べたかったので10000リエルのシーフード炒飯を注文しました。なかなか美味しかったのですが、見本とはずいぶん違いました。料理人がイカやエビを炒飯の上に持って来るという配慮に欠けていたのです。






 フードコートの横に1ドルショップがありました。

カンボジアではダイソーも類似の店も1,90ドルなのですが、この店は1ドルと約半額で頑張っているみたいです。アメリカにも99セントはありますので、人件費が安いカンボジアで1ドルショップを経営することは可能でしょう。しかしなぜバンコクショップなのでしょうね。






 ひとつ上のシネコンのフロアにも行ってみました。

このシネコンの入場料は3ドルでしたので、面白くなさそうな「バイオハザード」の新作でも観てやろうかと思ったら3D上映なので5ドルでした。いくら日本より安いといっても観たい作品でも無いのでベトナムに期待することにしました。たしかホーチミンでも水曜は割安だったはずですし。

それじゃチケット売場の対面のディリークィーンでソフトクリームをと思ったら工事中でした。先日はシングルコーンは無いと断られましたし、どうもプノンペンでは上手く噛み合いません。先日のイオンモールとこのモールくらいしかディリークィーンの支店がありそうな商業施設は思い浮かばないのですが、やはりベトナムに期待するしか無いのでしょう。






 セントラルマーケットは小綺麗になっていました。

外壁を塗り替えたのかもですが、中央部分の吹き抜けのフロアがスッキリしていました。昔は蛍光灯の照明がチープな感じでしたが、ほとんどがLEDに変わったことが印象を大きく変えていると思います。シュムリアップの屋台でも同じことを感じたのですが、蛍光灯の前の裸電球、そしてその前はローソクだったことを想像するとスゴい変化ですよね。






 プノンペン中心部は慢性的に渋滞しています。

それで歩いた方が早い場合も多いのですが、生鮮食品や食料品などを運ぶ輸送業者はたいへんでしょう。今日のプノンペンは曇り空で暑くはなかったのですが、野菜など常温で運ぶと傷むこともありそうですし。このトラックは卵を積んだ場所の隣に荷下ろしをする青年が座っていましたが、大丈夫なのかと心配になりました。






 トゥクトゥクの広告は世の実情を反映しています。

これは昨年オープンした日本の病院の広告でしたが、それが単なる利益追求型の富裕層相手のものなのか、あるいは国際援助で貧困層まで面倒を見ようとしているものかわかりません。広告費をかけてまでとなると前者の方かもですが。






 駅前の工事は地下駐車場になるのかもしれません。

工事現場のゲートに隣のシンガポール資本の高層ビルの「VATTANAC」の名前がありましたが、地下に巨大な駐車場を整備して地上部分は都市公園として整備する計画なのでは。地下1階レベルは自然光が差し込む店舗として、地上の公園部分にカフェなどを点在させるようになるのでは。






 その高層ビルはさほど変わりがありませんでした。

相変わらずトワイニングのティールームはヒマそうでしたが、そんな状況なのに抜けたテナントはそれほど多くありませんでした。中国正月の飾りもありましたが、この自分たちで記念撮影できるブースが面白いと思いました。

自由に使うことができる小道具も置いてあり、高層ビルで働いているビジネスマンたちが撮影してSNSにアップすることを狙っているのでしょう。






 高層ビルには高級パン屋も入居していました。

イオンモールにも出店していたフランスの有名店でしたが、東京の店と大差ない品揃えと雰囲気でした。バケットなら1ドルちょいでしたので手が届いたのですが、シュムリアップで半額で購入したものを食べ終えたばかりでしたので買いませんでした。半額になっていたら購入したかもですが。






 なんとプノンペン駅が再開していました。

物流や人の移動がトラックやバスに取って代わることになり、カンボジア国内からは鉄道が無くなってしまいました。しかし短いルートですが、ここからシアヌークビルまでの鉄道が復活したらしいのです。それで駅の窓口は開いていて、ホームには数両の列車が停まっていました。遠回りですが、ホーチミンに行くのに乗ってみようかな…






 駅からの帰りにまた不思議な看板を見かけました。

シュムリアップでは謎の力士はクリーニング屋のシンボルでしたが、プノンペンではバイク屋がまったく同じ画像を使っていました。背景のブルーもまったく同じなのですが、シュムリアップとプノンペンのデザイナーが偶然にフリー素材を見ていて力士を使うことを思いついたのかも。

しかしこの力士は何者なのでしょう。本人はカンボジアで看板に使われていることを知っているのでしょうか?






 もうひとつのオルセー市場は相変わらずでした。

前々回にの8年前にこの市場の雑貨屋でコイルヒーターを購入しましたが、さすがにもう見つけることは難しそうでした。3年前にカンボジア第2の都市のバッタンバンで探しまくって最後のひとつというのを購入したのですが、2017年のプノンペンでは不可能に近いのでは。

市場をぐるっと回っておばさんの手作りらしい水餃子風な料理を購入してみたのですが、5000リエルという値段は割安感はありませんでした。まあテリーヌ風なヤツは美味しかったのですが、甘酢ソースが途中で飽きてしまうのです。






お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/02/03(金) 22:33)

<<プノンペンでの熊本のチャリティイベントで見かけたゆるキャラは… | ホーム | 3年前から工事をしているビルを横目に出かけた先は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3980-b4a9767e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア