新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 プノンペンでの熊本のチャリティイベントで見かけたゆるキャラは…


 今日は熊本のチャリティイベントの日でした。

それでランチ前にチェックしてみることにしたのですが、特に熊本に関するものは見当たりませんでした。カンボジア各地に住む邦人の皆さんがいろんな食材や雑貨などを持ち寄り、その売り上げの一部が熊本県に寄付されるということみたいでした。1日だけの小さなイベントですので売り上げは知れているのでしょうが、志が高い寄付は金額の多寡は問題ありません。

ちなみにイベント会場には熊本県のゆるキャラはポスター以外は見当たりませんでしたが、聞いたことが無い州のピンクのゆるキャラのぬいぐるみが並んでいました。カンボジアでは日本のテレビ番組を普通に見ることができますし、イオンモールができて日本文化はますます身近になっているようですので、ゆるキャラの文化も根付くかもしれませんね。






 経済成長してるので高級店もオープンしていました。

失業率は高そうなプノンペンですから誰が買うのだろうと不思議なのですが、輸入品の玩具を扱う専門店でした。壁面はすべてガラス張りで店内はすべて見えてしまいますので、冷やかしでは入りにくい感じでした。それで店内はヒマそうでしたが、私は空腹でしたのでスルーすることにしました。






 廃墟ビルがある通りで新しい店を見かけました。

世界中でアグレッシブに店舗展開しているアディダスでしたが、スポーツが盛んでは無いカンボジアでもサッカーくらいは人気があるので進出を決断したのでしょう。もちろん開店資金を回収するには数年かかるでしょうが、企業の戦略としてやるしかないのでしょう。アンダーアーマーやオニツカタイガーなども数年の内に進出しそうな予感がします。






 ランチはフリーペーパーで見かけた店を試すことに。

イオンモールの3階にあったうどん屋は消え去っていましたが、路面店で2店舗が登場したみたいでした。チェーン店で無い方を試してみることにしたのですが、お昼ちょっと前に行ってみたらお客さんはゼロでしたので不安になりました。

病み上がりにバンコクの横井うどんで84バーツの冷やしぶっかけを食べましたが、比較するためにプノンペンでも2,2ドルの冷やしぶっかけを注文しました。しかしランチタイムはプラス2,5ドルでミニ丼とサラダを追加できるということでしたのでカツ丼をオーダーしました。

横井うどんに負けないくらい腰があり、大根おろしもトッピングされていて美味しかったのですが、カツ丼は薄い鶏肉でしたので残念でした。まあ揚げた蕎麦のおつまみも付いていましたし、店員さんの教育も行き届いていてWi-Fiも使えたので文句はありませんでした。しかし総額で4,7ドルで目標のワンコインである500円を超えてしまいました。






 もうひとつのうどん専門店もチェックしてみました。

バンコクでは店舗を縮小している感じがしたトリドールのうどん専門店でしたが、カンボジア1号店は良いスタートとなっているみたいでした。さすがにもう帰国するまでうどんは食べようと思いませんが、特にカンボジアでのオリジナルメニューとかなさそうでしたので問題ありませんでした。






 なんとフランスのパン屋の路面店がありました。

イオンモールと駅前の高層ビルに入居していましたが、この路面店で3店舗目でした。かつてフランスの植民地であったカンボジアではパンはよく食べられていますが、このタイプの高級店が3店舗も受け入れられるとは不思議です。






 こんな日本的なペットショップもありました。

おそらくカンボジアの富裕層の多くはペットを飼っていると思われますが、来日経験もあったりして日本的なペット文化もすんなりと受け入れられているのでしょう。店内には足を踏み入れていませんので詳細は不明ですが、カンボジアは猫が少なくて野良犬は多い途上国ですから貧富の格差の象徴のような感じがしました。






 これは中国系の会社による開発みたいです。

この大型プロジェクトの中国名は「太子広場」というみたいですが、あまり良いネーミングとは思えません。ここは大使館街の広い道路に面していますので売れ行きも良さそうですが、大陸で何か大きな金融トラブルがあれば工事が止まるかもしれません。イオンモールも最初は韓国企業が開発に名乗りを上げていたのに金融トラブルで日本が引く受けることになったようです。このプロジェクトも最後には日本のゼネコンが引き受けることになったりして。






 この要塞みたいな建物は日本大使館です。

ペルーの大使館が反政府勢力に占領されてから各地の日本大使館の要塞化が進んでいるのですが、私は税金の無駄遣いだと思います。大使館は金を産まないのでセキュリティがしっかりした高層ビルに入居するのでも構わないと思いますので。外務省の古いタイプの人間は大使館ナンバーの高級車で通勤することが経済大国として当然だと考えているのでしょうが、借金大国に許されることではありません。

これを撮影した時に大使館の前にいた制服姿の職員に撮影するなと言われましたが、無視しました。撮影を終えてからパスポートを見せて「日本人だけど、自分たちが払った税金で建てられたビルを撮影して何か問題でも?」と尋ねたのですが、英語はまったく通じませんでした。






 週末のイオンモールは家族連れで大にぎわいでした。

駐車場や駐輪場は混雑していましたし、シネコンには行列ができていました。日本でもオープンしたばかりのショッピングセンターで似たような盛り上がりを体験したことがありますが、ここは3年目くらいですからスゴいと思います。まあ他にライバルがいないからでもあるのですが、イオン自体がライバルとなる2号店を建設中です。その結果は5年後くらいにチェックすると思います。東南アジアはほぼ毎年のように旅行しているのですが、カンボジアはビザ代が30ドルと高いですからね。






 イオンモールの裏口で見かけた移動販売車です。

ダイヤモンドアイランドとの間の川沿いに移動販売車が並んでいたのですが、これはWi-Fi完備でしたので笑えました。プノンペンではたまに移動販売のコーヒーショップでもWi-Fiがあることをアピールしているのですが、携帯電話のテザリングでしょうからスピードは遅いのでは。






 ダイヤモンドアイランドはまだ工事中でした。

この区画は凱旋門みたいなシンボルとなるビルとパリの住宅みたいにスカイラインが揃ったコンドミニアムが建設されているのですが、ほぼ建物は出来上がった段階でした。これから外装や内装工事となりますので、まちびらきは年末くらいになるのでは。現在は工事車両などしか走っていないのですが、完成後には見物客による渋滞が発生しそうです。






 これはシンガポールを意識した開発物件です。

3年前にマリーナベイサンズにそっくりな建物のイラストを見た時は「まさかこんなのは絵空事なんだろう…」と笑っていたのですが、マンションギャラリーができていましたので本気みたいです。凱旋門みたいなシンボルもそうですが、カンボジア人はパクリが恥ずかしいという概念は無いみたいです。






 川の近くに豪華なカジノ風な建物がありました。

2008年に建設された「NAGAWORLD」という大型ホテルですが、いつの間にか高級ブティックとカジノ施設を組み込んでいました。これまでカジノはタイやベトナムの国境沿いに作られていましたが、プノンペンでも許可される時代になったようです。マカオに較べると見劣りしてしまうのですが、カンボジア人には十分なのでしょう。






 帰る途中に日系のホテルを見かけました。

ランチを食べたうどん屋に開業を知らせるポスターがありましたので、店のWi-Fiで検索してみたら私が宿泊してるホテルの近くでした。新しいロッテリアの数軒先に建てられていたにですが、温泉マークがあるように日本的な風呂があることが自慢みたいです。

プノンペンの日系のホテルといえばイオンモールの近くの東急インが有名ですが、今後は不動産会社のスターツが王宮の近くで大型ホテルを開業予定みたいですし、日本人ビジネスマン向けの投資は増えそうです。







お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/02/04(土) 23:59)

<<イオンモールで定価で購入してみたバケットのクオリティーは… | ホーム | 自転車を借りるのは止めて近場をチェックすることにした理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3981-ba34f834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア