新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 イオンモールで定価で購入してみたバケットのクオリティーは…


 朝食にバケットとミニトマトをいただきました。

これらはイオンモールで定価で買った食品ですが、小さなバケットは20セントでしたので期待はしませんでした。ところが意外に美味しくて、すべて食べ切ってしまいました。71セントのミニトマトも普通に美味しくて半分ほど食べましたが、朝食代は50円程度でしたので安上がりでした。






 宿泊してるホテルの近くは自転車街です。

大小30軒以上の自転車屋が並んでいて、数軒はレンタルの看板を出しています。しかしシュムリアップと違って観光客が少ないので1日2ドルの言い値からは下がりませんでした。自転車は100ドル程度で買えるのですので、1ドルで十分だと私は思いますけどね。交渉しても下がらないので、もう自転車を借りるのはあきらめました。






 今日は商業施設の工事現場を見に行く予定でした。

プノンペンの北側の再開発エリアに進出するイオンモールの2号店でしたが、なるだけ歩く距離を最短にするために観光客は通らない裏路地を抜けようとしたら小猫と出会いました。カンボジアは猫が少なくて、撮影しようとしても逃げてしまいます。この子はなんとか逃げる前に撮影できましたが、裏路地は人が少ないので撮影できたのでしょう。

猫が少なかったり人間を恐れていたりする国は好きになれませんが、カンボジアはビザ代も高いので再訪する気になれません。まあ工事中のダイヤモンドアイランドやイオンモールなどが完成したらチェックしたくなりますが、もしかしたら10年後とかになるかもです。シネコンのラインナップも悪いですし、ディリークィーンもタイに較べて割高ですし。






 街角でJICAが作ったポスターを見かけました。

すべて現地語ですので意味不明なのですが、上段の3つは汚職禁止を訴えているのでは。下段は武器や暴力の禁止を表現しているのかもですが、なぜJICAがこのようなポスターを作ったのか理解できません。この原資は我々の税金ですよね。






 インドのバイク会社のショップがありました。

この会社は小型から中型のバイクとリキシャを製造販売しているのですが、途上国の目線で商品開発されていて悪くないと思います。実は私は帰国後に久しぶりにバイクを購入してみようかと検討中なのですが、それもインド製なのです。しかし割安だといっても日本で新車を購入するとお世襲総理の内閣に納税してしまうことになるので気が重いのです。






 この場所にはかつては大きな池がありました。

14年ほど閉鎖されていたプノンペン駅の裏側になるのですが、東京で例えると上野駅と不忍池の関係と似ていました。もし小池が経済発展するために不忍池を埋め立てると宣言すれば大批判を浴びるでしょうが、猫を虐待するアホな国ではろくに議論もせずに決行されたのでしょう。その池の跡地には新しい建物が工事中でしたが、那覇新都心みたいに中途半端な感じになるんじゃないかと予想しています。






 ランチはポークヌードルを試してみました。

池の跡地は街路樹がゼロでしたので体力を消耗したのですが、11時過ぎでしたが休憩するために早めにランチを食べることにしました。ポークヌードルは7000レアルでビールが3000レアルでしたので300円以下で収まりました。このローカルな店でもWi-Fiがありましたが、もうそれがスタンダードになっているようですね。






 たまにこんな感じの店を見かけることがあります。

おそらく日本に留学経験がある人が日本の中古品は値段が安いわりにクオリティーが高いことに着目して輸入していたりするのではと推測していますが、もしかしたら国際援助も絡んでいるのかもしれません。こういった店はあちこちで見かけるのですが、日本の看板を掲げていても中国製の中古品もけっこうあるんじゃないかと思います。






 ようやくイオンの工事現場に近づいてきました。

ランチの時にGoogleマップで検索してみたら、こんな再開発エリアを抜ける近道が提案されました。ゲートには門番がいましたが、自動車もバイクも歩行者もフリーパスでした。ここは10年くらい前に開発されたものだと思いますが、汚いながらも川に面していて悪くありませんでした。






 再開発エリアにはこんなカフェもありました。

今日は晴れて気温も高めだったこともあって無人でしたが、この再開発エリアは住民が少ないのかもしれません。またこのエリアの住民は近くのカフェに歩いて行くよりも自動車で駐輪場がある郊外の店を選ぶのかもしれません。

ちなみにこのカフェのイスとテーブルは盗まれないように鎖で固定されていました。






 3時間ほどかけて工事現場までやってきました。

このイオンモールの2号店の周辺には広大な空地がありましたが、おそらく20年前には何もなかったのでしょう。プノンペン駅の裏の池の埋め立ての内部情報が開発業者に漏れてしまい、買い占めたれたりしたのではと推測しています。建物のコンクリート部分は打ち上がっていましたが、内装などに時間がかかるので開業は年内には無理かもしれません。






 プノンペンではこんなのをよく見かけます。

シュムリアップからのバスでトイレ休憩の時に高床式の民間のデザインの貯金箱を見かけましたが、これは神様にお供えする時の飾りだと思います。お供えものは飴だったりしましたが、タイみたいに生ものは置かないのかもしれません。






 郊外にこんなアメリカンスクールがありました。

スタンフォードとありましたが、マリーナベイサンズとそっくりのコンドミニアムを建設する国ですから勝手につけたのかもしれません。建物はそれなりに立派でしたが、カンボジア人の富裕層の虚栄心をくすぐるための戦略なのかもです。






 初めて2番目のルートのバス停を見かけました。

たしか3年前は南北に走る路線だけしかありませんでしたが、現在ではプノンペン空港に行くルートなど3路線があると聞きました。その情報がすべてのバス停に表示してあれば理解しやすいのですが、それぞれの路線毎にバラバラなのでわかりにくいのです。まあバスは本数が少なめですし、交通渋滞も多いので魅力的じゃありませんが。






 これはプノンペン駅の裏手の建設現場です。

現在はシルバーの外壁の大型の建物とその対面のビルが年内に完成しそうな感じで工事が進んでいるのですが、シルバーのビルの手前にもゲートウェイという名称の大型商業施設の基礎工事が始まっていました。ショッピングモールマニアの私としては楽しみではあるのですが、急に店舗面積が増えすぎるのは心配です。中国経済の崩壊でもあれば失業者が溢れそうですし。






 ようやくホテルの近くまで戻ってきました。

この正面はオリンピック公園に面して開発が進んでいる物件ですが、おそらくこれも年内に完成するのでしょう。この建物は都市型の住宅がメインでしょうからオーバーストアの影響は受けないとは思いますが、周辺と雰囲気が違い過ぎるので新しい住民と古くからの住民との間で格差問題が発生しそうです。

カンボジア経済が順調に成長すれば軋轢は少ないでしょうが、外的要因でつまずいたりすれば市民の不満が噴出するかもしれません。例えば工場の賃金未払いの社長が愛人と住んでいたりすると怒った工員たちがセキュリティを突破して部屋に押しかけたりするかもしれません。







こんなのありました | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/02/05(日) 23:59)

<<ランチ用に5000リエルのバインミーを購入して出かけた先は… | ホーム | プノンペンでの熊本のチャリティイベントで見かけたゆるキャラは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3982-96450589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア