新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 宿の近くのターミナルから102番のバスで出かけた先は…


 今日はクレセントモールへ行くことにしました。

Googleマップによると宿の近くのバスターミナルから102番で行くことができるということでしたが、始発でしたので座れましたし簡単でした。バス代も6000ドンと安く、渋滞も無くてスムーズにクレセントモールが見える停留所まで行くことができました。最初に行った時はかなり苦労したのですが、便利な世の中になったものです。






 これはクレセントモールの対面のビルです。

以前はゴミみたいな洋服や雑貨を売るテナントビルでしたが、空きテナントが増えて悲惨な状態でした。そんな窮地を救ったのはハーレーダビッドソンでしたが、ベトナムも中間層が増えてきたので存続できている感じです。後ろに見える工事現場は単なる集合住宅なのでしょう。






 クレセントモールの隣で工事が始まっていました。

もしかしたら増床する計画ななのかもですが、クレセントモール自体がテナントが抜けている状態ですし無謀だと批判されても仕方がないでしょう。ちなみにクレセントモールの近くのパークソンが入居していたビルも悲惨な状態でした。






 池には中途半端な飾りが施されていました。

クレセントモールのネーミングは隣の三日月の形の池からの発想だと思いますが、周辺の環境が良いことが最大のセールスポイントだと思います。残念ながらベトナムには四季が無いので単調なのですが、ベトナムの正月であるテトを祝うためにランタンが工夫されたのでしょう。






 ランチは韓国料理にしようと決めていました。

クレセントモールの周辺は韓国企業の事務所は多く、韓国人も多く住んでいる感じがしました。それで韓国料理の店も多いのですが、今回の旅行でも韓国には寄らないことにしましたので食べておくことに。まだベトナム料理に飽きているわけじゃないのですが、このあたりで少し毛色が違うものをと考えたのです。

食べたいものはたくさんありましたが、クーラーの効いた店内で熱々のキムチ鍋を試すことにしました。チゲは100000ドンでビールは30000ドンと安くは無かったのですが、テーブルの上に無料の小皿が並んで豪華でしたし、デザートにスイカも付いていて悪くありませんでした。150円のビールの分だけ目標のワンコインを超えてしまいましたが、最近は安上がりでしたので問題なしでした。






 次のモールに歩いてる途中で見かけたものです。

おそらく銀行がATMの警備やトラブル対応のために雇っているのでしょうが、これほど気持ち良さそうに寝ていられては何か機械にトラブルがあっても気の毒で起こせないですよね。まあ7区はホーチミンでも静かなエリアですし利用客も少ないのでしょうが、昔のベトナムっぽくて笑えました。






 この新しいモールは昨晩に気がつきました。

Googleマップでクレセントモールへのバスを調べている時にシンガポールと同じVIVOモールの名前を見かけたので公式ウェブサイトをチェックしてみたら私が知らないモールでした。次のロッテマートに行くまでの休憩ポイントとして悪くなかったのですが、これでますますクレセントモールの収益が悪化しそうで気に毒になりました。






 40000ドンショップが並んでいました。

日本では見かけたことがないKOMONOYAという店とダイソーが並んでいましたが、ひとつのモールに両方は要らないように思えますが。どちらの店もヒマそうでしたが、どちらが売上が良いのか知りたいものです。

余談ですが、上の階のディリークィーンのソフトクリームは9000ドンとロッテリアの3倍もしました。日本円にすると45円ですから買えない値段ではありませんが、ぐっと我慢しました。ディリークィーンはタイで食べるのがいちばんのようで…






 VIVOモールには丸亀うどんも入居していました。

まだランチタイムでしたが、モール自体が来客数が少ないので忙しくはなさそうでした。ベトナムに駐在している邦人からしてみると手頃な値段で和食を味わうことができるので悪くないのでしょうが、私にはさほど魅力的な店ではありません。来月には帰国しますのでね。






 10分ほど歩いてロッテマートに到着しました。

まずエレベーターで3階のロッテシネマに直行してみたのですが、観ても良いかと思った唯一の作品は17時からとタイミングが合いませんでした。それでエレベーターで2階に降りて食料品などを物色したのですが、明日の朝食用のバゲットや今夜の夕食用の炒面、そしてコイルヒーターが壊れたので水も購入しなければなりませんでした。

ランチにビールを飲んだばかりでしたが、冷えたビールがありましたので誘惑に負けてしまいました。まあ50円以下ですから問題ありませんが、ビーチに行く予定ですからお腹まわりが気になるのです。(笑)






 ロッテマートから140番バスで宿に戻りました。

映画も観ることができなかったので景色を眺めながら歩いて帰ることも考えたのですが、ランチを食べた韓国料理店のWi-Fiで検索したら目の前のバス停から今朝のターミナルまで楽に帰ることができるとわかって乗ることに。料金は5000ドンとバーガーキングのソフトクリーム並みでしたし、荷物も重たかったですし。

宿に戻って少し休暇して近くのシネコンに行ってみることにしたのですが、その途中にスーツケースの専門店を見かけました。バイク用のヘルメット専門店は需要が大きいので理解できるのですが、LCCの急成長でベトナム人も旅行を楽しむ時代になったようですね。






 ホーチミンでも和食の店は確実に増えています。

この店は高級ブティックが建ち並ぶエリアでも見かけたことがありますが、和食ブームを追い風に店舗数を増やしているのでしょう。店名やメニュー構成から推測するとベトナム人の経営だと思いますが、日本に留学経験がある経営者がやってるのかなと思いました。味を試してみたいのですが、私には手が出ない価格帯の店でした。






 ようやく久しぶり映画を観ることができました。

宿から10分くらいのシネコンに行ったら30分後に観ようと思っていたマット・デイモン主演の「グレートウォール」という作品が始まるところでしたので65000ドン払ってしまいました。シネコンにはWi-Fiがありましたが、わざと作品名で検索しないで予告編もチェックしませんでした。

ポスターやPOPなどだけで観ることに決めたのですが、これがなかなかの拾いものでした。日本公開は4月14日なのでネタばれになることは書けませんが、ありきたりのストーリーを中国ならではのエキストラの多さと特撮で上手くまとめていました。マット・デイモンも良かったのですが、脇役のキャスティングも悪くありませんでしたし。






 映画が終わって宿の近くでビールを買いました。

今日もスーパーの10000ドンの333ビールは補充されていませんでしたので、サークルKで11000ドン払ったのですが、ロッテマートだと9000ドンくらいでしたので損した気分になりました。

しかしロッテマートで購入した炒面は15000ドンと安かったのに美味しくて満足できました。夕食代は130円程度でしたので、昼間の豪遊をカバーできました。この調子でメリハリがありながらも安くあげたいのですが、次はフレンチかロシア料理を食べたいのですけどね。







お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/02/08(水) 23:59)

<<ホーチミンの公園のトイレに付いていて意外だったものは… | ホーム | ホーチミンで日本時間でも早い時間に目覚めて出かけた先は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3985-a75bffd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア