新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 宿の近くのターミナルから616番のバスで出かけた先は…


 今日は隣の市の商業施設に行くことにしました。

過去のブログを検索してみたら、2014年の9月23日に工事中だったイオンモールを見かけて「モールマニアには嬉しい新店舗なのですが、また近いうちに飛んで来なければならなくなったので憂鬱です…」と正直な気持ちを吐露していましたが、交通の便が悪いので最後にしたのです。

前回はベンタイン市場前から乗りましたが、今回は宿すぐ近くのターミナルから616番のバスの始発に乗ることにしたのですが、遠距離のバスはなかなかやってこないのでイライラさせられました。これはバスを待っている間に大きな禁煙マークの前でタバコを吸うお兄さんを撮影したものですが、私も久しぶりにタバコを吸いたい気分でした。(笑)






 616番のバスには45分ほど待たされました。

前回はビンズオン市まで25000ドンでしたが、今回は手前で降りるためか20000ドンでした。バスは途中のベンタイン市場前で客を拾って川沿いを走ったのですが、対岸になにやらモダンな建築物が工事中でしたので驚かされました。かなり前の話ですが、レンタルバイクで対岸に行った時に何も無いのに格差を痛感させられたのですが、そこに現代建築物とは信じられません。






 イオンモールの前で降りたのは私だけでした。

3kmほど手前のロッテマートの近くにイオン独特の「木を植えています」といった感じの大きな看板がありましたが、前回は工事中だったので停まらなかったバスがイオンモールの目の前で私だけのために停車してくれました。2014年の開業直後には大勢がバスから降りたのでしょうが、もう珍しくなくなっているのでしょう。






 イオンモールの1階の南側は全滅状態でした。

先日のイオンモールビンタンで言えばコーナンのようなアンカーテナントが入居する大事なエリアですが、すべてシャッターが降りていました。こうやって見るとダイソーが撤退したように思われるかもですが、中央に近い良い場所に移転していましたので心配無用でした。しかしイメージが悪くなるので、このサインは早く撤去すべきですよね。






 このイオンモールでの最大の驚きはこの店でした。

吸水性が高い高品質のタオルを生産している愛媛県の今治市のタオル専門店があったのですが、久しぶりに完全に終わってしまった店を見ました。いくらベトナムが経済成長しているといっても今治タオルの出店は無謀だったのでしょう。出店を決めた責任者は給与を自主返納すべきでしょう。






 今日もランチはイオンのデリで購入した惣菜でした。

22000ドンの揚げものと米麺のセットと21000のライスコロッケ風な料理と10000ドンのビールでしたが、トータルで265円と目標のワンコインの半額くらいでした。米麺のセットは安定した味で普通でしたが、ライスコロッケ風な料理には驚かされました。中身はウズラみたいな小さな鳥のから揚げが1羽まるごと入っていたのです。つまり少しだけ見えているのは小鳥の頭でしたが、日本人からしてみたら少し抵抗がある調理法ですよね。






 無料シャトルバスの運行は土日だけでした。

そんなことは知らなかったので私のイオンモールからビンズオン市役所方面に行ってからバスで戻るという計画は音を立てて崩れ去りました。もちろん今朝の616番バスで北上することは可能でしたが、わざわざお金と時間をかけて遠回りする気にはなれませんでした。

それで3kmほどホーチミン寄りにあったロッテマートまで歩いてみることにしたのですが、ほとんど炎天下を歩くベトナム人はいないので歩道はこんな状態でした。ハンモックに寝たおじさんがバイクの客に農産物を販売していたのですが、歩きにくいので迷惑でした。車椅子のハンディキャップの人にとっては大迷惑な露天商ですが、ベトナムのハンディキャップの人はこの状況が分かり切っているので出歩かないのでしょう。






 歩いているといろんな物を見かけることになります。

デカい盆栽の店とか仏像を削り出している工場とかいろいろありましたが、この豚の置物の製造販売している店のドラえもんには笑ってしまいました。二足歩行できるドラえもんを無理矢理に四足歩行に変えているのも変なのですが、顔の凹凸がまったく合っていないのです。ひとつ試作品を作ってみたら「これはちょっと無理があるのでダメか…」とあきらめるのが普通でしょうが、それでも頑張ってしまうのがベトナム人なのかもしれません。なにせ圧倒的な武力の差があった米軍に勝利した国民ですから。(笑)






 45分ほどでロッテマートに到着できました。

今日は外気温が30度は超えていない感じで疲労度は少なかったのですが、とりあえずロッテリアで3000ドンのソフトクリームを食べて休憩することにしました。イオンモールにもロッテリアはありましたが、メニューにはチョコレートをかけた5000ドンのソフトクリームしかありませんでしたのでロッテマートまで我慢したのです。ロッテリアは徐々に3000ドンのソフトクリームをフェードアウトさせることにしたのかもしれません。






 ロッテマートの2階はかなり悲惨な状態でした。

フードコートのブースはすべてもぬけの殻状態でしたし、数軒のテナントだけがサミシク営業を続けているだけでした。近くにイオンモールがオープンする前にはフードコートもそれなりに賑わっていたのでしょうが、まさに青天の霹靂といった感じだったのでしょう。






 ロッテシネマはかろうじて生き残っていました。

週末以外はお客さんが少なそうなシネコンでしたが、バイオハザードの新作も始まっていました。ベトナムでは金曜からの週末料金は割高ですし、ラインナップがヒドいのでおそらくマレーシアでしか観ないと思います。ただ火曜日は安くなるみたいですから、ヒマを持て余したり歩き疲れたりしたらクーラーが効いた映画館で休憩することもありえます。






 ロッテマートの前の停留所でバスを待ちました。

ロッテマートの少しホーチミン寄りの所に停留所がありましたが、近所の牛さんたちが食事中でしたのでロッテマートやイオンモールが進出してくる前の様子を想像しちゃいました。ベトナム戦争が終わった頃には農作業のための草屋根の小屋くらいしか無かったのでしょうが、この数年で田舎にも高層ビルが建ちはじめて激変したのでしょう。






 ミニバスは郊外のターミナルが終点でした。

なかなか616番バスが来なかったのでフロントガラスにサイゴンと表示があった番号が無いミニバスに乗ってみたのですが、料金は30000ドンと割高でした。また宿の近くのバスターミナルより5kmほど手前でしたので、「やはり616番バスを待つべきだったか…」と後悔しちゃいました。

まあ郊外のバスターミナル初めてでしたし、ホーチミンエリアのモールチェックも終えたのでビーチに行くバスの情報を調べておくことにしました。案内所で84番でチケットが購入できると聞いて窓口に行ってみたら、15分間隔で出てるので事前購入の必要は無いとの話でした。所要時間は2時間で90000ドンでした。往復1000円以下ですので悪くない感じでした。






 タコ焼きはかなり浸透しているみたいです。

郊外のバスターミナルから宿まで市バスで5000ドンくらいで楽に行くことができるのですが、良い感じで涼しくなってきましたので初めての通りを歩いてみることにしたのです。帰宅ラッシュで道路は混雑していましたが、歩道を歩くのは私くらいでしたし。

バイクにアピールするために歩道に屋台を置かれるのは迷惑でしたが、短い距離でもバイクタクシーに乗るベトナム人にとっては歩く方がおかしいのでしょう。文化の違いですが、タコ焼きと共に健康のために歩くという概念も浸透してほしいものですが。






 安っぽい小型の商業施設ができていました。

現代風なデザインの建物の中に昔の市場みたいに小さな店を並べただけのローカルな商業施設でしたが、観光客には関係なさそうでした。ベトナムは数年後に人口が1億人を超えるということですが、その増加分だけの国内需要はあるのでしょう。しかしネット通販も急速に普及するはずですから、こういった詰め込み過ぎの商業施設短命に終わるのでは。






 旧市街のイルミネーションはキレイでした。

おそらくベトナムの旧正月のテトのイルミネーションをしばらくの間だけ残してあるのではと思いますが、恒久的なものなのかもしれません。ベトナム戦争のことを詳しく知らない私でもまばゆい光景でしたが、北ベトナムを空爆したアメリカ空軍の退役軍人が見たら涙が止まらないかもですね。






 遠くから日本語らしい歌が聞こえてきました。

数年前にオタクフェスやっていたスポーツ施設だと思いますが、あまり上手いとは思えない歌が聴こえてくる方へ行ってみたら4人組の女性ボーカルユニットでした。観客は10人くらいでしたしプロの歌声じゃないと思いましたが、なぜ彼女たちがホーチミンのステージに立っていたのかは謎です。






 今日の夕食もやはりお惣菜とビールでした。

イオンモールで購入した18000ドンの生春巻とロッテマートで購入した12000ドンの混ぜご飯風な料理でしたが、どちらも少し残念な味でした。またビールも8000ドンと最安値でしたので2缶を購入してみたですが、冷えてる時はマシでしたがぬるくなるとキビシイ感じでした。まあモール巡りも今日終わりですので明日からは屋台巡りを楽しめるはずですが。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/02/10(金) 23:59)

<<45番バスで長距離ターミナルへ行ってホーチミンから脱出した場所は… | ホーム | ホーチミンの公園のトイレに付いていて意外だったものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3987-d937df52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア