新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 友人が好きな場所を案内してくれるというので選んだ場所は…


 今日は友人がどこでも案内するとの話でした。

ご厚意に甘えて最初に行ってみようと考えたのは昔のカラン空港でしたが、かつての滑走路の部分は高速道路になっていて変な雰囲気になっていました。

このレトロモダンな感じのターミナルのビルは歴史的な価値があるので保存されているのですが、シンガポール駅と同じように建物の活用方法は決まらないみたいです。航空関係の博物館がいちばん良さそうですが、アクセスがに問題がありますので結論は先送りされているのでしょう。






 これは最近オープンしたばかりの温泉施設です。

カラン空港の南側の元滑走路にはドームスタジアムと一体化したショッピングモールが建設されていたのですが、そこに日本的なスーパー銭湯がオープンしたと耳にしましたので寄ってもらいました。

スタジアムの周辺には屋外型の運動場やサイクリングコースなども整備されていますので、運動した後に湯舟でリラックスして帰る人も少なくないのでは。元々はシャワーしか使わない国民ですが、来日経験がある人が増えていますので…






 モールの1階にはスーパーが入居していました。

シンガポールに多くの支店を持つフェアプライスでしたが、このモールはわりと新しいのでセルフレジも備えていました。試してみようかと液晶画面にタッチしてみたら、クレジットカード払いのみでしたのでガッカリでした。

友人によりますと最新の店舗ではキャッシュでも払えるとのことでしたが、人口が少ないので対応が遅れているようです。アップルウォッチのような時計型の端末が普及すれば一気に変わるのでしょうが。






 次に向かう途中でゲイラン地区を通りました。

数年前にも合法的な赤線エリアであるゲイラン地区を案内してもらったことがありますが、まだ女性たちは寝ている時間のようで静かでした。友人によりますとストリート毎に女性たちの国籍が違っているそうで50ドルでニセポリスなどに脅される心配もなくて安全度が高いということでした。

あるエリアの店が7軒くらい閉鎖されていましたが、ラブホテル風な建物が建つのかもしれません。シンガポール政府によるコントロールを嫌って非合法に営業する女性たちもいるみたいですので、短時間のホテル利用は増えているみたいですし。






 ランチにはキャロットケーキと考えていました。

マレーシアでもキャロットケーキを出す店はあるのですが、シンガポールで食べた方が美味しいですから。しかし友人が案内してくれたホーカーステーションのキャロットケーキの店は休みでした。それで初めて3,5ドルのきしめん風なスープヌードルを試してみましたが、海老や玉子も入っていてまあまあでした。






 初めてチャンギミュージアムに行ってみました。

かつて日本軍がシンガポールを占領していた時に英国人捕虜を収容していた監獄や捕虜たちが心の拠り所として作った小さな教会の資料などを収めたミュージアムでしたが、入場料が無料なので行ってみたかったのです。

ミュージアムは中央に復元した教会を配して、その外側を一周するという構造になっていました。規模が小さな博物館ですし、それほど価値がありそうな所蔵品はありませんでしたが、当時のことを記憶されている元日本軍兵士が見たら号泣されるかもしれません。






 それから空室のミュージアムに行ってみました。

広い空軍の敷地内をドライブ中に友人にシンガポール空軍の実力を尋ねてみたら、戦闘機の数は少ないけどインドネシアより強いのではと言ってました。おそらく機体が新しくて性能が良いことを根拠にしているのでしょうが、実戦はテレビゲームとは違うはずですが。

まあこのミュージアムも無料のわりにはクラシックな飛行機がたくさんあって楽しめました。2階には上がる価値はありませんでしたが。(笑)






 私のリクエストは底をついてしまいました。

今日は友人は運転があるのでビール休憩もできないので、中心部へ戻りながら面白そうな所に寄ってほしいとお願いしました。私がモールマニアであることを知っている友人が「それなら近くに新しいモールができた」と連れて行ってくれました。

それはシンガポールの北東のセラングーン島の近くの広大なプンゴウ公園を借景として利用できるウォーターポイントというユニークな商業施設でしたが、東京で言えば二子玉川のライズみたいな感じでした。ライズは多摩川を借景には利用していませんが、都心部からの距離感は似ています。多摩川を超えたら川崎ですが、ウォーターポイントも少し北の対岸はマレーシアですし。






 友人にチャイナタウンで降ろしてと頼みました。

これはその手前のインド人街の新しい公園ですが、安上がりなわりに印象的で悪くないのでは。そのうちにインド映画がここで撮影されるかもしれませんが、急に脳天気に歌いだしたり踊ったりするシーンにピッタリですよね。(笑)






 なぜか屋根がある飲食街が人気がありました。

ここは数年前にチャイナタウンに完成した美食街ですが、最初はあまりお客さんがいませんでした。しかしこの数年で食事をしに来る観光客が増えたように感じています。このエリアはWi-Fiがつながるのですが、観光客が食べているシーンをSNSにアップしてることが良いプロモーションになっているのかもですね。






 知らないうちに遊歩道が整備されていました。

かつては民家の裏道的な感じでゴミが置かれていたりしたであろう路地ですが、それがキレイに整備されて観光客を喜ばせていました。この辺りはなだらですが、先に行くとかなりの段差があります。英国植民地時代は丘の上に民家が点在してるくらいだったのでしょうが、今では周辺は高層ビルだらけになりました。






 またビジネス街に新しいビルが仲間入りしていました。

次々に新しい高層ビルが完成していますが、17パーセントの安い事業税を目的にシンガポールにオフィスを構える企業が多いので供給過剰にはなっていないのかもしれません。現在はあちこちに事務所を分散させている企業もインターネットの進化や2028年の新幹線開業などをキッカケに事務所をシンガポールに集約させるかもですし。






 これは日本人は思いつかない店名だと思います。

マリーナベイサンズに向かう途中の新しいビジネスビルの地下街で見かけたのですが、なぜこの言葉をチョイスしたのか理解できません。またローマ字やひらがなの表記はありますが、漢字が無いのも謎です。中華系の人たちには「休憩」という単語は良い感じじゃないのかもですね。






 今回もカジノで水分補給することにしました。

その前にゴンドラが浮かぶキャナルを歩いていたら、その水の上の空間にイギリス風なティールームがオープンしていましたので驚かされました。私はこんなに周辺からジロジロ見られてしまう場所でお茶なんか飲みたくないのですが、この店の常連さんは見られるのがお好きなようですから問題ないのでしょう。






 不思議な場所に一風堂が新店を出していました。

なんとスケートリンクの目の前という場所でしたが、行列に並んでいる人たちが退屈しないように配慮してのことでしょうか。一風堂の行列は隣のスターバックスの邪魔になっているみたいでしたが、集客力はあるので上の階の奥などが向いていたのでは。






 マリーナスクエアの改装工事はすべて終了していました。

シンガポールでは古株の商業施設ですが、今回の改装で雰囲気が改善していました。マリーナスクエアが建設された当時はカジノホテルはおろかマーライオンもなかったはずですが、それで海側の景観はまったく利用価値がありませんでした。しかしマリーナベイサンズが開業して、観光客がこの場所から撮影しだしたのでしょう。それに担当者が気がついて今回の海側に張り出すいうなリノベーションに繋がったのでは。






 シンガポールの友人からお土産をもらいました。

以前に熊本のドンキホーテで安売りされていた日本製のカップヌードルのシンガポール風味の画像を送ったのですが、それならこういうものもあるとフェアプライスで購入してくれたみたいです。カップヌードルは軽いのですが、パッケージが嵩張るので少し困りました。まあ胃袋に入れてしまえば良いのですが…(笑)





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/02/18(土) 23:59)

<<シンガポールで日本の新聞を読み較べをしてみて感じたことは… | ホーム | チャンギ空港で目覚めてスカイトレインに乗る前に見かけたものは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3995-5adb9a0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア