新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 シンガポールで日本の新聞を読み較べをしてみて感じたことは…


 なぜか宿に日本の新聞が置いてありました。

衛星版ではありませんでしたので、誰かが日本を飛び立つ前に成田空港の売店で購入してきたものだと思いますが、マレーシアの空港での暗殺事件が起きた直後のものでしたので興味を持たれて読み較べされたのかもしれません。

私も朝食を食べながら7誌を読み較べしてみたのですが、最近はタブレットでスマートニュースの見出しばかり読んでいるためか疲れてしまいました。新聞は久しぶりなので何かメリットを感じるかと思ったら、何も無かったので少し驚きました。やはりオワコンで近い将来に現在の有料の新聞は消え去る運命なのでしょう。






 日曜日なので街はわりと静かでした。

最初の目的地のジュロンイーストまではMRTで行けば早いのですが、シンガポールの中心部は地下を走るので景色を楽しめません。それで197番のバスに乗ることにしたのですが、残念ながらやってきたのは2階建ての車両じゃありませんでした。

セントアンドリュース大聖堂の前の芝生では大勢のイスラム系のメイドさんが、そして対面のミャンマー系の人たちが拠点としているビルの前にはミャンマーのメイドさんたちが楽しそうに談笑していました。

これはロイヤルパークホテルの横の歴史ある公園ですが、セントアンドリュース大聖堂の芝生の庭とは対称的に無人でした。たしかこの公園はロンドンをマネたスピーカーズコーナーがあったはずですが、与党が日本以上に強いシンガポールでは政府に公共の場で異論を唱える人はいないのでしょう。






 バスは終点のジュロンイーストまで乗りました。

新しいものができていたら手前で降りて歩こうと考えていたのですが、新顔は日曜日は無人状態のオフィスビルだけみたいでしたので。終点で降りて駅前モールの変化をチェックしようとしたのですが、日本後の看板のカレー屋のプロモーションに惹かれてしまいました。安かったのですが、最後にキャロットケーキを食べたかったのでスルーしました。






 シンガポールでも香港の有名店が人気でした。

プノンペンのイオンでは別棟を建設中でしたが、このウエストゲートでは1階の入口の良い場所に進出していました。台湾の有名小籠包屋みたいに世界中の主要都市に進出しそうな勢いですが、隣の北海道のロイスはヒマそうででしたので時代の変化が早いことを痛感させられました。






 1階には東急ハンズも出店していました。

オーチャードの支店よりも小さな感じでしたが、場所が良いので賑わっていました。この東急ハンズには先週号のフリーペーパーが置いてありましたが、バス移動の最中に読むのに最適なのでありがたくいただきました。






 ジェムを抜けて隣のビッグボックスに行きました。

2015年の8月30日に友人と初めて訪れた時には2階にコンラングループの大衆ブランドのハビタの店がありましたが、予想していた通りに消え去っていました。その場所には中国製などの安い家具の売り場になっていましたが、ジュロンイースト周辺の住民はそれで十分なのでしょう。






 最後にコインを使い切る方法を模索しました。

次がシンガポールより物価が安いマレーシアですので、スーパーで何か商品を買う気にはなれませんでした。ビールでさえアジアで日本を抜いて平均給与がいちばんになったシンガポールの方が高いので。

それでイミグレ時間がかかることを想定して少し早めのランチを食べておくことに。フードコートなど数軒の店をチェックして回ってコインを使い切る2,6ドルの3種類の肉を使わない惣菜を盛る弁当を選んだのですが、料金を差し出したら3ドルと言われました。

私は店員に食材を指差して「テンペか?」と尋ねてご飯の上に盛ってもらったものが肉だったのですが、店員はテンペのことを知らなかったのでしょう。「それじゃ要らねぇよ」と言おうかと思いましたが、若い女性店員をいじめる傲慢な日本人と思われたくないので我慢して払いました。コインは1枚も減りませんでしたが、無知な店員のせいでシンガポールの印象が悪くなりました。






 今日の目的はこの人工島の様子を見ることでした。

ネットでも話題になっていたジョホールバルのイスカンダル計画に続くビッグプロジェクトであるフォレストシティ計画でしたが、進行方向の左側に座れば国境の橋から見下ろすことができると思われました。

しかし人工島は意外に遠くて工事の様子をハッキリと確認することはできませんでした。今のところバスが走っていないのでタクシーで行くしかなさそうですが、次回は折りたたみ自転車で旅行するかもですので先送りにすることに。






 マレーシアに再入国した後に次のバスに乗りました。

通常はマラッカに行く場合はラーキンターミナルに行って高速バスに乗るのですが、そのコースはもう飽き飽きです。それでマレー半島の西海岸の町をローカルバスで北上することにしたのですが、やはり時間はかかりました。景色は楽しむことができましたが。

ちなみにこのモダンな建物はGelang Patahのバスターミナルで、ここまではジュロンイーストからのチケットが適応しました。ここから次のPontianまでは4,2リンギでしたが、ドライバーは4,5リンギ出したのに当然のようにお釣りはくれませんでした。






 海を眺めながらアイスクリームを食べました。

ベトナムからジョホールバルに到着して何度かバスに乗りましたが、ドライバーがお釣りをくれないのでコインを確保するためにセブンイレブンで10リンギ札で1,2リンギのアイスクリームを購入しました。これでしばらくの間はキッチリと払えます。しかし次のバトゥーパハト行きのバスは窓口でチケットを買うシステムでしたが。






 夕暮れ時にバトゥーパハトに到着しました。

私の昨晩の予定では10時にシンガポールの宿を出発して、お昼過ぎにマレーシアに再入国してからランチ。そしてバスを乗り継いで夕陽が沈む頃にマラッカというものでしたが、午前中に日本人旅行者と雑談して出発が遅れ、シンガポールの入国審査で1時間以上も待たされたのが響きました。

大幅に遅れて到着してみたら、次のマラッカ行きは20時だというのでガッカリでした。予定ではその頃は夕食を食べ終えてコーヒーを飲んでいるはずでしたので…






 久しぶりにハンバーガーを食べることにしました。

バスターミナルの周辺には旅行者向きの安食堂がいくつかありましたが、値段表示がまったく無くて外国人も少なそうでしたので今日の昼間みたいな不快な思いをさせられるリスクもありました。

ブラブラしていたら値段表示がしっかりしてるハンバーガー屋がありましたので、5,5リンギのスペシャルビーフバーガーを注文してみました。店主が「日本人?」と聞いたので、大きく頷いて「日本の冬は寒いからマレーシアに毎年逃げて来てる」と言ったらウケました。

店主はドラえもんなどを見て覚えたのかいくつか日本語の単語を知っていましたが、日本文化で育った親日家なのかハンバーガーに厚みがありました。この屋台ではこいれがスタンダードなのかもですが、私が親マレーシア家と知ってオマケしてくれたのかもしれません。






 ドライバーはマラッカ到着直前に給油しました。

海外ではよくある話ですが、ドライバーは乗客をバスターミナルで降ろしてから給油しに行くのは面倒なので到着前に給油することが少なくありません。今日はランチやシンガポール出国でイヤな思いをさせられましたが、最後に追い撃ちを喰らってイライラしました。さらに中心部までのバスに乗ろうとしたら22時前に終了とのことでした。

仕方がないので4kmほど歩くことにしましたが、高層ビルがランドマークになるので簡単でした。もちろん世界遺産の街にこんな高層ビルは不要だと考えていますけどね。






 さすがに夜の遊園地は静寂に包まれていました。

シンガポールフライヤーの10分の1くらいの観覧車は止まっていて、照明だけが等間隔で変化していました。これが錆びた年代物なら旅情を感じるのですが、まだ完成してから3年くらいでしょうから何も感じませんでした。






 旧市街の入口あたりで派手に転んでしまいました。

薄暗くて歩道の段差に気がつかなかったのですが、タブレットをかばって右肘を擦りむいてしまいました。周辺には誰もいなかったので痛みが和らぐまで道路はに寝ていたのですが、視線を感じて振り向いたら猫が私を凝視していました。

おそらく私が立ち上がろうとしたら逃げようと考えていたのでしょう。私が動かないので猫も固まっていましたが、寝転んだまま手元のタブレットで撮影したら逃げてしまいました。これは逃亡直前の様子です。






 ようやく世界遺産の表示までたどり着きけました。

これを過ぎるとシンボリックな教会などがあり、マラッカに帰ってきたと実感できます。今晩の宿はその少し先ですが、半日ほどメールチェックしていませんし遅れるとも伝えていないので少し心配でした。これを撮影してから15分後に無事にチェックインできましたが、シャワーは明日にして寝ることにしました。今日は何もしていないのですが、移動疲れというヤツです。






 これが世界遺産の乗り物っておかしいですよね。

宣教師たちが数ヶ月の船旅でマレー半島にやってきてジャングルを切り開いて苦心して建てた教会の前で6台ほどが客待ちをしていましたが、こんなのに乗りたがる観光客がいたから電飾などがエスカレートしたのでしょう。もちろんサンリオにも藤子プロにも許諾は得ていないのでしょうが、カナシイ気分になりました。車夫をロープで縛り上げて、川に突き落としてやりたい願望を抑えて宿へ急ぎました。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/02/19(日) 23:59)

<<久しぶりのマラッカで美味しいとは言えないランチを頂いた理由は… | ホーム | 友人が好きな場所を案内してくれるというので選んだ場所は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3996-0797cf9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア