新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 一昨日に続いて中心部から郊外のバスターミナルまで歩いた理由は…


 今朝のマラッカの空は久しぶりに曇っていました。

一昨日は22時過ぎで真っ暗暗でしたのでH&Mみたいに見逃していることもあるはずですので、今日もバスに乗らずターミナルまで4kmほど歩くことにしました。上手い具合に曇天でしたので、それほど暑くもありませんでしたし。

これはマラッカの中心を流れている川ですが、いつの間にか川に張り出すようにウッドデッキが整備されていました。かつては歩道は狭かったのですが、これで夕陽タイムに中国人観光客が団体バスでやってきても平気でしょう。





 マラッカにもレンタル自転車が登場してました。

この右手には観光案内所があるのですが、ほぼ平坦で頑張れば歩いて回ることができるマラッカには向いていると思います。しかし私が知る限り、ここにしかステーションがありません。パリから世界中に広まったICカードで勝手に借りることができる自転車は移動先で返せないと価値が半減しますので早くステーションを増やすべきでしょう。特にマラッカセントラルというバスターミナルを早急に!






 これはマラッカにデメリットの方が多いでしょう。

たしかこの場所には同じくらいの大きさの銀行の建物がありましたが、ハードロックカフェの対面にH&Mという組み合わせは旅情を期待してきた訪問者には悪夢です。しかもこの画像の左側には北海道タルトの店が進出していました。

マラッカは訪れる度にその良さを失っているのですが、それはマレーシアの民度が低いだけが理由じゃありません。マラッカがこんなことになったのは世界遺産に認定する時にユネスコが地元の関係者に強く釘を刺しておかなかったからでしょう。ケルンの大聖堂問題と同じように今からでも認定の剥奪を交渉材料に景観の改善を迫るべきでしょう。






 川沿いに新しい商業施設が建設中でした。

歩行者だけが渡ることができる橋の先に工事中でしたが、川沿いの樹木に適度に隠れていますので景観の邪魔にはならないので悪くないと思います。

また中心部から少し距離がありますので、静かに午後の一時を過ごしたい観光客にも向いていると思います。しかしそれもテナント次第ではありますが、中国のメイソウだったりしたら史上最悪の悪夢でしょう。(笑)






 この高層ビル群もマラッカには不要でしょう。

この建設現場は中心部とバスターミナルの中間くらいですからマシではありますが、群を抜いて高いので目障りです。これがバスターミナルの隣とかに建設されたのであれば許容範囲なのですが、中心部に近すぎるのでアウトです。観覧車とかも郊外のロードサイドがお似合いですし。






 こんなデザインの橋も恥ずかしいですよね。

川沿いに遊歩道を整備する手法はサンアントニオに似ているのですが、このヴェネチアにありそうな橋はマカオのカジノホテルからの着想なのかもしれません。これが中国やベトナムの水郷の街にあるようなデザインの橋だったら、少しは許せる気になると思いますが。






 高層ビルの前には船着き場が整備されていました。

観覧車にモノレールとなんでもアリな混沌とした状態なのですが、世界遺産を期待してマラッカまでやってきてそんなものを見せられても迷惑だと思いますが。まあクルーズ船に乗るようなタイプの観光客はそんなことに疑問を持たない鈍感な人たちではあると思いますが。






 マラッカをダメにしたのはコイツかもしれません。

街のあちこちのポスターで見かける顔なのですが、マラッカの財団の理事長なのかもしれません。世界遺産に決まって知名度が上がり、またシンガポールとクアラルンプールの中間という立地条件も味方して内外の観光客が増えていますが、それを良いことに人工島などを作って陳腐な観光地にしてしまった責任者なのかもしれません。






 これはバスターミナルの手前のイオンモールです。

今日は荷物がありましたし、早くクアラルンプールに行きたかったのでスルーしました。マレーシアにはイオンモールはたくさんありますし、大規模なリノベーションの噂でも無ければ再訪する気にはなれません。ちなみに外壁には経年劣化を補修した跡がありましたが、かなり古いので全面的に手直しをする時期かもしれません。






 イオンモールの先にはライバルのテスコがあります。

もちろん特に買うものも無かったのでスルーしましたが、右手のバスターミナルに行くスロープで面白いものを見かけました。最近のキャスター付きのスーツケースなどを使う乗客に配慮してなだらかなスロープになっているのですが、バイク禁止の標識がありました。しかしそれを無視してスロープを上がっているバイクが続出していました。






 プトラジャヤの郊外が激変していました。

マラッカセントラルではチャイナタウンの近くのプドゥラヤターミナルに行くバスは見つからなかったので、TBSという郊外のターミナルに行くバスに乗ることにしました。どこのバス会社も判で押したように10リンギでしたので、出発時間が早いバスを選びました。

定員の半分ほどの乗客を乗せたバスは2時間ほどで首都のプトラジャヤの近くまでやってきたのですが、その周辺に高層ビルが工事中でしたので驚かされました。まるで中国の郊外みたいでしたが、こちらは鬼城にならないと良いのですが。






 KTMの乗車券が新しいシステムになっていました。

昨年まで大部分の券売機が故障していて窓口で購入するのが面倒でしたが、紙に印字されるタイプからMRTと同じようなプラスチックのコイン式のシステムに変わっていました。クアラルンプールの公共交通機関は大幅な値上げがありましたが、その値上げ分で新しい機械が導入されたのかもしれません。






 いつもの宿でランチにカップヌードル食べました。

シンガポールの友人から貰った豚骨味の製品でしたが、その九州の味を熊本に持って帰るのも変ですので食べてしまうことにしました。袋麺であれば場所を取りませんが、カップヌードルは邪魔になりますしね。ちなみに味はなかなかのレベルでしたが、麺が普通でしたので残念でした。まあそんな人はラ王を食べれば良いのですけどね。






 夕方にシャワーを浴びて近所の散歩に出かけました。

少し涼しくなってからでないと歩き回る気になれなかったのですが、まずはバンコク銀行の近くの三角公園に面した酒屋でビールを3缶購入しました。夕食を物色しながら歩いていたら、昨年に長い歴史を経て閉店したぶっかけ飯の店の前を通りました。なぜか当時の看板は残してありましたが、新しい店のオーナーさんが地元の皆さんに配慮したのかもですね。






 夕食は1,2リンギのナシレマックにしました。

マレーシアの朝ご飯の定番ですが、別に夕食に食べても問題があるわけじゃありません。タイのビールと合わせると5,2リンギでしたので130円くらいでしたが、さすがにこれだけじゃ満腹にならなかったのでマラッカで購入しておいたパンを食べました。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/02/21(火) 23:59)

<<毎週水曜日の映画の日に出かけてみたシネコンがある商業施設は… | ホーム | 久しぶりのマラッカで美味しいとは言えないランチを頂いた理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/3998-aa89ea7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア