新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 無料のGO-KLバスを乗り継いでKLCC方面に出かけた理由は…


 週末は映画が高いのでシネコンは用無しでした。

それなのに午前中に無料のGO-KLバスを乗り継いでKLCCまで出かけたのはペトロナスツインタワーから徒歩5分の所にある観光案内所のMATICでイベントがあるからでした。今日もタイミングが合わず待ち時間が長かったのですが、無料ですから文句を言うつもりはありません。

次のバスを待つ間に東京もオリンピック開催前から乗用車への課税を多くして、その財源で公共交通機関を無料化すれば良いのではと考えました。観光客が増えても乗用車が減って公共交通機関の利便性が高まると渋滞による経済損失はかなり減らすことができるでしょうし、移動が無料であれば海外からの旅行者の満足度も上がるはずです。浮いた交通費で他の消費も増えると思いますが。






 これはGO-KLバスの窓越しに撮影したものです。

2015年の9月3日のブログに短い営業期間を終えて閉鎖されていた画像をアップした「KL CITYWALK」というビルとビルの隙間の細長い立地のフードコート的な施設でしたが、どうやら新たなテナントで復活するみたいです。

KLCCの周辺にはオフィスビルもコンドミニアムも増え続けていますので、テナント選びさえ間違わなければ成功するはずです。以前のテナントはあまりにも中途半端でしたが、私は大衆路線の店を集結させるべきだと思いますが。






 フォーシーズンホテルも完成間近でした。

GO-KLバスの終点で降りると工事現場が見えるのですが、マレーシアを訪問する度に空に向かってにょきにょきと延びていました。これから内装工事で年内に開業するのでしょうが、KLCCに近いのでショッピングアーケードを充実させるだろうと予想しています。日本の飲食店も進出するのでは。例えば虎屋カフェとか京都の抹茶専門店とか…






 伊勢丹に愛媛県のみきゃんが出張していました。

いろんな県が店頭でフェアを開催しているのですが、SNSで拡散されると宣伝効果が高いのでそれにご当地キャラが同行するのも当然といった感じになってきました。くまモンと同じで近くで見ると巨大で怖いくらいですが、マレーシアの女性たちにも人気でした。

皆さん記念撮影だけで愛媛県産品はスルー状態でしたが、みきゃんが撮影後に英語版の愛媛県のパンフレットでも配れば良いでしょうに。それにスクラッチ方式のカードでも添えて愛媛県内のホテルの宿泊券が高い確率で当たるようにすれば広告効果が高いでしょう。






 スリアにアシックスが進出するみたいです。

東京でのオリンピック開催が決まってから日本のスポーツブランド各社は滅多にないビジネスチャンスと盛り上がっているようですが、1年中が夏でサッカーやバトミントンくらいしか人気がなさそうなマレーシアで無名で高い日本製品が売れるかは疑問です。

まあスリアは「遠いから東京オリンピックはクーラーが効いた部屋で見るよ…」というインドや中東の観光客も多いので、ブランドを世界にアピールするだけでも十分なのかもしれませんが。ちなみに隣はビルケンシュトックみたいですが、マレーシアでは同じ会社が販売代行するのかも。






 スリアはかなり頻繁に補修工事を行っています。

ペトロナスツインタワーが世界一の高層ビルだった大昔に開業しているのですが、マメにテナントの入れ替えをやっているので古さを感じさせないのにはいつも感心しています。これまで手付かずだった中央の吹き抜け部分のエレベーターを新しくすることにしたようですが、これも正しい判断だと思います。最新の早いヤツにして、台数も増やすのでしょう。途中階に止まらないエクスプレスも導入するのかも。






 スリアのシネコンもチェックしておきました。

1ウタマのTGVシネマのアーリーバードが6リンギと最安なのですが、ダマンサラまでは交通費がかかってしまいます。スリアのTGVシネマの午前中の回は今年も8リンギのままでしたので、無料のGO-KLバスでやってきて観るのが私にとっていちばん良さそうです。

ちなみにキングコングの映画はマレーシアでは3月8日からなので残念ながら今回は無理ですが、ローガンは観ることができそうです。ただ新しい作品は午前中に上映されないかもですが。まあそれでも10リンギ前後なら観てしまうでしょう。ジャッキー・チェンの映画を8リンギで観るより満足度は高いはずですから。(笑)






 この赤いディスプレイはあちこちで見かけます。

クリスマスからニューイヤー、そして中国正月とバレンタインデーまで赤いディスプレイでカバーすることにしたのでしょうが、私はマレーシア人デザイナーのセンスは古臭いと感じています。もちろん街を盛り上げようという意気込みは評価できるのですが、若い女性がスルーしてしまうと経費がもったいないですよね。






 観光案内所の近くに新築物件がありました。

昨年までこの場所には宇宙船みたいなクラブがあり、解体工事が始まっていました。また奇抜なデザインの建物ができるのかと思っていたら、まさかの伝統的な外観のフードコートでした。しかも都心でありながら自動車を停めるスペースもありました。面白そうなので週明けにでもアーリーバードで映画を観た後に試してみることにします。






 この空中レストランも初めて見かけました。

たしか最初はベルギーで始まったシステムだと思いますが、正装した観光客を15人くらいクレーンで見晴らしが良い高い場所に吊り上げて食事を楽しんでもらうというヤツです。

観光案内所や周辺のパキスタン大使館など2階建ての伝統的な建物の横の空き地からペトロナスツインタワーの10階くらいの高さまで上がるのでしょうが、なかなか迫力がある眺めだと思います。高くて手が出ないでしょうが、医者から余命半年と告げられたら試してみたいですね。






 今日は東マレーシアのサバ州に関するイベントでした。

最初にしつこいくらいサバ州の自然やビーチなどの映像を見せられ、ようやく1時間くらいで民族衣装を着た人たちのダンスが始まりましたが、基本的な雰囲気は以前にムルデカ広場などで見たものと同じでした。もちろんサバ州だけでも30くらいの民族がいて、それぞれ個性的らしいのですが。






 途中で日本人によるトークショーもありました。

サバ州に住まれて20年以上の女性と吉本興行の芸人さんがコタキナバルや農産物などについて話され面白かったのですが、まさか海外にまで「住みます芸人」がいたとは驚きでした。まあクアラルンプールは大阪と同じくらいの都市ですし、タコ焼き屋も増えていますし暮らしやすいでしょう。しかし渡航先がヨハネスブルクとかダルエスサラームだったりしたら苦労しそうですよね。(笑)






 サバ州で捕れたサバ料理の試食もありました。

生のサバを3枚におろしたものを細切りにして酢でしめたものでしたが、ペルーのセビーチェみたいな感じでした。ちなみに今日のイベントはクアラルンプールのフリーペーパーと観光局との合同企画でしたので会場の大部分は日本人でしたが、試食コーナーに日本語の説明は皆無でした。入口やブースなどに日本人がたくさんいましたので、サッと日本語の説明を書き加えてあげれば良かったでしょうに。






 歩道に近未来的な屋根が追加されていました。

パビリオンからKLCCの間はちょっと前に世界的にも珍しいクーラー完備のペデストリアンデッキが整備されたのですが、観光案内所前の道路炎天下に歩くのは苦痛でした。しかしこの屋根が完成したことにより豪雨の日でも歩くことができるようになりました。






 かつてのKFCビルは未だに空いていました。

このトリコロールの建物にはマレーシアのKFCの本社があり、1階のレストランで食事することができました。前々回はKFCの大ファンのシンガポールの友人とここでランチを食べたのですが、昨年はどこかに引っ越ししていたのでメールで知らせておきました。

あれから1年以上が経つというのに次の入居者が決まらないのは、賃料が高過ぎるからなのかもしれませんね。ビルのオーナーは保守的やタイプで、モノレールの駅やバス停に近いので値下げする必要はないと考えているのかもです。しかし最近は都心に位置していたり公共交通機関の利用が便利なことはアピール材料として弱いのでしょう。






 大規模な再開発工事が中断されていました。

この工事現場のことはこれまで何度か触れてきましたが、重機を投入して整地したのに中断してしまうとはもったいない話ですよね。防護壁のプロジェクトの名前もすべて消え去っていましたが、その原因はマレーシア経済成長の鈍化にあるのかも。つまりマハティール時代からこれまで2020年までに先進国の仲間入りを目指して急成長してきたものの、その歪みが顕在化してきたということかもしれません。

イギリスが植民地にする前は複数のプリミティブな民族が漁村で暮らしていて3食ともナシレマックみたいなものを食べていた非文明的な地域だったでしょうから、そんな地域に高層ビルを建て過ぎてしまってミニ東京化を進めてしまったのでは。25年前の日本のバブル崩壊の後追いをしたくなければ、何でもやり過ぎないことだと思いますが。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/02/25(土) 23:59)

<<まだ空が明るくなる前に異常な爆音に驚いて外へ出て目撃したものは… | ホーム | プレミアムと無関係なマレーシアで金曜日に出かけた場所は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/4002-90882804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア