新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 今朝も午前中割引で映画を観る前にチェックしておいたことは…


 今朝も午前中割引で映画を観ることにしました。

GO-KLバスに乗る前に最近の日課になっているファザードが崩壊した店をチェックしてみたら、店の前の床に駐車禁止と書かれていました。私が最初に考えたように足場を組むためのスペースの確保なのか、単に新たな崩壊に備えたものなのか不明です。しかしこの店は営業再開してからお客さんはほとんど入店していないのでは。いつもヒマそうですが。






 これはかなり長い間、歩道を占拠していた屋台です。

まだこの対面にマクドナルドがあった頃にこの屋台で肉まんを購入したことがありましたが、その値段表記の部分がペンキで塗りつぶされていましたので驚きました。

最近は営業していないことには気がついていたのですが、ついに立ち退きが決まったのでしょう。もうすぐ新しいMRTの駅が開業しますので、歩道を占拠していちゃマネするヤツが出てくるのでマズいと取り締まりがあったのでは。






 渋滞でGO-KLバスは普段よりも遅れ気味でした。

それでペトロナスツインタワーに近いバス停で降りて、残りは早足で歩くことにしました。おそらくバスで終点まで行っても時間は変わらないのでしょうが、降りる客を待たずに乗り込んでくるインド系のヤツのせいで時間がかかったりするとイライラしちゃいますのでね。

しばらく歩いていたら着地している空中レストランを見かけたのですが、どうもマネしてマレーシアで作ったものじゃなくてベルギーからの輸入品みたいでした。もしかしたらベルギーの会社が量産して世界中の観光地に輸出しているのかも。私も熊本城の前で始めようかな…(笑)






 今日の映画はなんとロシア映画でした!

この「GUARDEANS」の予告編を見た時にはハリウッド作品と雰囲気が違うし、巨大な通信タワーを倒して運ぶシーンを見て「ロンドンのBTの電波塔だからイギリス映画か…」と勝手に思い込んでいました。他に観るものがなかったので消去法で選んだのですが、CGを他用したロシア版のXメンみたいな作品でしたので時代の変化を楽しむことができました。

それぞれ特殊能力を持つメンバーが集められて悪と戦うという「サイボーグ009」から続いている定番の流れでしたが、国内人口が多いロシアは今回のように吹き替え版を輸出することもできるので娯楽作品の製作は今後も増えそうです。次回作を作ることは最初から決まっていたようですが、もしかしたら本家を抜く長期シリーズになるかもしれません。ちなみに電波塔はモスクワのオスタンキノタワーでした。






 映画の後で最上階の紀伊國屋に行ってみました。

もうクアラルンプールでの休日も最後なのですが、新しいフリーペーパーが出ていないかとチェックしてみたらレジ前にこんなに並んでいました。もちろん内容はいつもながら薄いのですが、景色を見るのも飽きてしまったGO-KLバスでの移動には役立ちます。急な雨の場合の傘の代わりにも…(笑)






 中央の吹き抜けは資生堂に変わっていました。

サウジアラビアの王族も買物に来たりすることもありそうですから、プロモーションの場所としては悪くないのですが賃料は高そうです。それで資金力がある企業しかキャンペーンをできないのですが、この平たい顔のモデルさんはマレーシアでアピールできるのでしょうか?

日本の高度成長期に大胆な広告手法で売上を伸ばしてきた資生堂ですから、ちゃんとマレーシア人スタッフを集めてマーケティングした結果で選ばれたのなら良いでしょうが、私はどうもモデル選びが間違っているように思えてしまいます。かなり目立っていてインパクトはありましたけどね。






 スリアの中でのランチ探しはあきらめました。

地下道をパビリオン方面に半分ほど歩いてから地上に出てみたら、アストンマーチンとベントレーの大きなショールームがオープンしていましたので驚きました。私の記憶では日本より平均給与が高くなったシンガポールにも、そして人口が多いタイでも見かけたことがありませんので。まあそれだけ資源国の富裕層は桁違いだということかもですが。






 こんな屋上が繋がったビルの建設が増えています。

昔からツインビルの上部がブリッジで繋がったものはありましたが、3連のビルで屋上が庭園になってプールがあるとパクりだと断定しても良いのでしょう。私はそんな工事現場をあちこちで見かけたのですが、シンガポールにコンプレックスを持っているマレーシアで堂々とパクるとは意外でした。






 なぜか急にある方向から大勢が歩いてきました。

それも中年男性の比率が高く、女性は皆無でした。皆さん無言でバラバラの方向に散っていましたが、かなり不気味な光景でした。ガラス製のオブジェの上に月のマークが見えましたので物色中だった屋台の弁当屋に「モスクがあるの?」と尋ねたら、自慢げに大きく頷いていましたが、毎週金曜日には見ることができる珍百景なのでしょう。来年は動画を撮影して番組に応募してみようかな…(笑)






 弁当屋で6リンギのチキン定食を購入しました。

先日の午後に両替したのでリンギは十分にありましたが、シネコンがクーラーが効き過ぎていたので屋外で食べたかったのです。私が「こんな所にモスクがあるなんて、毎年来てるけど知らなかったよ」と大袈裟に驚いてみせたのが気分が良かったのか水もサービスで入っていました。

トラックの屋台でしたので期待していなかったのですが、ビリヤニ風な米料理もチキンも美味しくてスリアのフードコートで高いランチを食べなくて正確でした。ビニール袋に入ったスープは不安定で飲みにくかったのですが、150円の弁当に多くを求めちゃいけませんよね。






 食後にパビリオンの新館に行ってみました。

前回は時間が無くて落ち着いてチェックできませんでしたが、今日は夕食まで冷たいデザートを食べることくらいしか予定がありませんでしたので。前回は工事中だったHuaweiのフラッグシップショップがオープンしていましたが、店員さんたちがヒマそうでした。Huaweiユーザーとしては店内をチェックしてみたかったのですが、あまりにも雰囲気が悪かったので止めておきました。






 パビリオンの東京ストリートはまだ健在でした。

ジョホールバルやタイムズスクエアなどで日本のレストランを集めたエリアが閉まっていたのを見かけましたので本家のパビリオンでも飽きられているかと心配でしたが、今のところは大丈夫みたいでした。しかしいつかは賞味期限が切れてテナントの入れ替えが行われるのでしょう。






 これは地下道で繋がった対面の商業施設です。

ユニクロのマレーシア1号店ができる前は取り柄が無い雑居ビルでしたが、今ではパビリオンと繋がるまでになりました。このユニクロの壁画にはモスリム国ならではの服を着たモデルさんが並んでいましたが、2020年に向けて国際的な企業として正しい取り組みだと思います。資生堂もこれくらい大胆に取り組むべきでは…?






 いかにも怪しげな日本風な店がありました。

よほど厳密に秘密が守られているのか東京で見かけたことが無い店でしたが、留学経験がある華僑系のマレーシア人が経営しているのかもしれません。とろりとしたクリームの部分をアピールするために「半熟」という言葉を使っていますが、日本人経営者なら選ばないと思いますが。






 今日は少し早めにチャイナタウンに戻りました。

GO-KLバスを終点の手前で降りてマクドナルドのソフトクリームを食べ、宿で部屋代の清算をやっておきました。今回のマレーシア滞在もあっという間でしたが、いろんなことを考えながら屋上でマンゴージュース作戦を試してみました。

アルコール類が高いマレーシアで安酒をなんとか美味しく飲む方法はないかと編み出したのがウォッカを凍らせたライチジュースで割る方法でしたが、先週に試してみたプルーンジュースはダメでした。それで今回はマンゴージュースを試してみたのですが、6リンギの安ウィスキーとのマッチングは悪くはありませんでした。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/03/03(金) 23:26)

<<シャワー後に屋上に洗濯物を干しに行って考えたことは… | ホーム | わざわざLRTに残って流行っていない郊外のモールに出かけた理由は…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/4008-c9275ff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア