新タイトル模索中…(新・北海道田園生活)
   新宿から移り住んだ札幌近郊での様々な出来事のブログの続編だったのですが、それも2007年10月に引き上げたので4年で終わりとなりました。次の住処が決まるまでタイトルも決められない「流浪のブログ」となります。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

cityde

Author:cityde
ワケあって2007年秋まで北海道でのんびりと暮らすことになりました。客観的に見た北海道の話題と、家庭菜園や料理などの個人的な興味、さらにテレビやネットについて気になってることなどをテキトーにアップして

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 コインを使い切り作戦をKILA2の新顔を選ばなかった理由は…


 私はコインはすべて使い切ることにしています。

国によっては難しいこともありますが、コンビニなどで最後に端数まで使い切ることができるとゲームをクリアしたような達成感があります。マレーシアでは菓子パンのパッケージに値段が印刷してあるので使い切りやすいのですが、この新顔のコンビニでは購入しませんでした。場所が遠かったのと安いパンの品揃えがマレーシアのコンビニの方が良さそうでしたので。






 2階の病院の横でこんなのを見かけました。

もしかしたら千葉のアミューズメント施設に行くために偽造旅券で入国して、なぜか罪に問われなかったおじさんが運ばれたヤツかもしれません。小さなクリニックにストレッチャーは何台も無いので、その可能性は高いと思います。もしかしたらこの上で息絶えていたりして…






 邪魔になるヤツを食べてしまうことにしました。

シンガポールの友人から貰った3種類のカップヌードルの最後のひとつでしたが、さすがに日清食品ですからマレーシアのラクサの味が上手く表現されていて感心しました。しかし麺は普通でしたので、それがラクサとは落差がありました。






 さすがに自動チェックイン機はたくさんありました。

日本語も選べましたし、予約番号を入力するだけですのでタブレットやスマートフォンを使い慣れている人には簡単でしょう。預ける荷物も無いので印字されたボーディングカードが出てくるのを待つだけでしたが、以前に較べるとずいぶん楽になりました。今回の旅の最初の鹿児島空港では自動チェックイン機が無くてカウンター前で30分以上も待たされましたが、それとは印象が大違いでした。






 KILA2のトイレにはシャワーがありました。

昨日はチェックアウトする前にシャワーを浴びましたし、雨上がりで気温が高くなかったので汗はほとんどかいていませんでした。コックを捻ってみたらお湯が出なかったので悩みましたが、好奇心が勝ってしまいました。久しぶりの水シャワーは最初はショックでしたが、すぐに慣れました。






 KILA2の出国手続きはすごくスムーズでした。

1時間以上も待たされたシンガポールからの出国とは大違いでしたが、旅行者に再訪してもらいたいのであれば待たせちゃダメですよね。また鹿児島空港の職員みたいに日本人には敬語なのに外国人には命令口調の英語というのは最悪です。出国したら長い通路を歩きたくない人たちのために無料のバギーが用意されていましたが、日本の空港でもこういった配慮は必要ですよね。






 やはり出国したら何でも高くなるようです。

ウォークスルー型の免税店を抜けた所にいろんな店が並んでいましたが、先ほどまでのターミナルの値段よりかなり高めでした。出国してしまうと元に戻れないのでトラップみたいな感じですが、私はこういった悪習慣は止めるべきだと思います。特に2020年の前後に多くの観光客の来日が確実視されている日本の空港では価格差ゼロを義務付けるべきだと思います。






 ムービーラウンジは寝心地が良さそうでした。

出国した後ですから熟睡しちゃっても荷物を盗まれるリスクは低いですし、少ないけどコンセントもありました。クーラーも程よい感じでしたし、また早朝フライトを利用する時には利用させてもらうことにします。






 これがコインを使い切るために買ったパンです。

40セントを使い切るために2,4リンギのカヤパンを選んだのですが、実は同じ値段のあんパンの方が味は好みでした。しかしせっかくのマレーシアでの最後の買物なので東南アジア的なのを選びました。

テレビ番組で何度か見たことがある日本製の製パン機で作られ、日本製の包装機でパックされていると思います。おかげで気圧差で空気が漏れることも無く、しかし簡単に開封することもできました。






 6時間弱の快適なフライトで関空に到着しました。

ボーディングブリッジに向かう途中に見慣れないスカイトレインみたいな乗り物が見えたのですが、そのおかげで入国審査まであまり歩かなくて済むようになっていました。その無人の軌道式の乗り物はなぜか3列で走っていたのですが、非効率なような気がします。何か理由があるのでしょうが、関空の案内所で尋ねてみてもわかりませんでした。






 関空にはこんな日本的なディスプレイがありました。

カンボジアを出てから日本のテレビは見ていませんし、私はネットニュースでもスポーツ関連はスルーしています。日本人力士が活躍していて新しい横綱か大関が襲名したらしいことはフリーペーパーで見かけたのですが、詳しいことは知りません。次の関西場所でこの力士が期待されているのかもですが、詳しいことは不明です。






 関空にくまモンがデザインされたPOPがありました。

関西ツーリストインフォメーションセンターによる熊本県応援キャンペーンを知らせるものでしたが、遠くから見た時は怪我したくまモンが頭に絆創膏を貼ってるのかと誤解してしまいました。ちなみに熊本県で見たことがないリュックを壁にかけて売っていましたが、くまモンが首を吊ってるように見えました。






 世界的な有名キャラのショップができていました。

子供にも外国人旅行者にも大人気みたいでしたが、私には新鮮なキャラでは無いので商品をチェックする気にさえなりませんでした。まあ日本で生まれたキャラクターが外貨を稼いでくれると円高に作用しますので頑張って欲しいのですが、何も思い入れが無いのでただそれだけです。






 帰国直後の遅めのランチを何にするか悩みました。

イスラムの国から帰国したのでとんかつは魅力的でしたし、もちろん寿司なんて最高です。しかしここは関西空港ですからマレーシアの物価に慣れた身には酷な値段の店ばかりでした。それでファミマでビールと弁当を買おうかと行ってみたら、第3のビールでさえ145円もしていました。

それで松屋が150円ビールを出していたのを思い出してエアロプラザまで行ってみたら、ネットで情報だけは知っていた380円のプレミアム牛丼がありませんので注文してみました。さほどプレミアム感はありませんでしたが、店で飲む生ビールは久しぶりでしたので悪くありませんでした。






 食後は久しぶりのテレビのニュースを楽しみました。

沖合の人工島にある関空は24時間やっていますが、今年になって開業した第2ターミナルはピーチと春秋航空だけですから早い時間に終わるかもしれません。それで無料シャトルバスに乗ってチェックしに行くことにしました。

那覇のLCCターミナルと似た倉庫風な建物に最低限の設備があるだけでしたが、もう少しデザインを工夫することはできたのではと思いますが。例えばピーチは那覇~バンコク便をスタートさせましたが、タイのデザイン学校の学生さんにコラボレーションを持ちかけても良かったのでは。






 この通路の先には出国エリアなどがありました。

出入国管理や税関などをふたつのターミナルに置くことは無駄が多過ぎるように思えますが、これから2020年に向けて訪日する外国人旅行者数が上がれば問題ないとでも考えているのかもしれません。

しかしオリンピックまでにフクシマがアンダーコントロールにほど遠いという世襲議院たちにとって不都合な真実が露呈したり、関東や中部などで大地震でも発生したりすれば閑古鳥が鳴くことになるかもしれません。もちろん地震の被害が局地的で円安に推移すれば、逆にこの殺風景な空港が大にぎわいとなるかもですが。






 エアロプラザに戻って再び松屋に行きました。

やはり150円のビールが目的でしたが、期間限定でご飯の大盛り無料の親子丼を試してみたかったのです。松屋で親子丼というのもどうかなと思いましたが、まあまあでした。途中で飽きてきたので、カウンターのポン酢をかけて最後まで美味しくいただきました。ちなみに親子丼だけだと490円でギリギリワンコインで収まりました。





お出かけ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/03/05(日) 23:12)

<<自販機で朝食の食券を購入した後に自販機で購入したものは… | ホーム | シャワー後に屋上に洗濯物を干しに行って考えたことは…>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://cityde.blog66.fc2.com/tb.php/4010-17522201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 新タイトル模索中…(新・北海道田園生活) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア